車両保険は使うべきか否か⁉【修理は当分先になりそう…盆暮れ正月の事故には要注意!】

アクセラスポーツ CAR
この記事は約3分で読めます。

車をぶつけてしまった!

 

という、落ち込みながら書いた短い記事が、意外と読まれていて驚いく。

 

すごく時間をかけて書いた記事の何倍も読まれている。

 

やはり、人というのは、他人の失敗談が好きなのだ。

 

前回は書かなかったが、梅雨が明けて、本当に久しぶりに、汗を書きながら洗車をした矢先だったというのも、なんだかやるせない。

   

立ちゴケの写真がない⁉

ハーレーとブルターレをあわせて、過去1年間で4回あった、立ちゴケ時の写真が1枚もないことが悔やまれる。

 

あれば、きっと、みんな喜んでみてくれることだろう。

 

車の場合は、あとからゆっくり写真が撮れるが、バイクの場合は、いろいろと漏れ出してくる場合もあるので、写真を取る前に、慌てて車体を起こしてしまう。

 

次こそは、写真に収めようと思っていても、いざ、立ちゴケをすると、やはり、とっさに起こしてしまうものなのだ。

 

そこから家まで自走して帰ることができるのか?

 

ということも気になるので、とりあえず、起こして、自走できることを確認したいという気持ちも働くのかもしれない。

 

実際は、立ちゴケしたくらいで、自走できなくなることは少ないのでないかと思う。

 

ブルターレで立ちゴケしたときは、左(ミッション)側のステップが折れてしまったのが、なんとか根本に足をかけて、普通に乗って帰ることができた。

意地でも保険を使ってやる!

今回の自損事故で、フロントバンパーが大きくエグれてしまった。

 

改めてみると、かなり酷い。

 

長年、車に乗っているが、自分の車をぶつけてしまって、修理に出したという経験がほとんどなくて、どうすればいいのか考えてしまった。

 

とりあえず、自損事故も車両保険の補償に含まれているようなので、「保険を使って直せばいいか」と思ったが、みな口々に、

 

保険を使うと、翌年からの保険料が上がるから、よく考えたほうがいい

 

という。

 

実際に、そうなのかもしれないが、

 

それでは、いったい何のための保険なのだろうか⁉

 

と思わずにいられない。

 

なんとなく、

 

意地でも保険を使って直してやる!

 

という気持ちになってきた。

 

これまで、車の保険料だけで、軽く100万円以上を掛け捨てにしてきたのかと思うと、

 

たまには使わせてくれてもいいんじゃない⁉

 

という気分にもなる。

   

おわりに

いろいろ考えた末に、いつも新車を買うときに、ガラスコーティングでお世話になるショップのことを思い出し、電話してみることにした。

 

もちろん、ガラスコーティングだけではなく、板金塗装などにも定評があるショップなので、そこで修理をお願いすることにした。

 

しかし、である。

 

タイミングが悪かったようで、8月8日〜8月16日は、長めのお盆休みに入ってしまうということだった。

 

そのため、入庫は8月17日以降となりそうだ。

 

そこから、修理が終わるまでに1〜2週間かかるということなので、かれこれ1ヶ月くらいは、凹んだままで乗らなくてはならない。

 

車の修理状況については、また進展があったら、書こうと思うが、いまのところは、そんな状況だ。

 

ちなみに、保険料を安くしたいなら…

保険の窓口インズウェブ

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました