Rakuten UN-LIMIT を使うために iphoneX を売って Galaxy A20 を購入!【Rakuten Link アプリのアクティベーション完了】

Galaxy A20 SMARTPHONE
この記事は約6分で読めます。

コロナ自粛で、街がかなり閑散としているなか、近所の家電量販店へ行ってきた。

 

今週末から、デパートやショッピングモールの営業が、食料品フロアや薬局などを除いて、営業自粛になったので、本当に人がいない。

 

いつも、これくらい空いていたら動きやすいのになぁ、などと思いながら、雨のなか、本日のミッションを遂行してきた。

 

本日のミッションは、楽天モバイルのRakuten UN-LIMITを利用できるようにし、6,300円分のポイント還元の設定を完了することだ。

 
 

iphoneX を売る

先日、楽天モバイルから、新規契約のSIMカードが届いた。

 

申込みから2日で届いた。

 

別の記事でも書いたとおり、「iphoneX」では、Rakuten UN-LIMIT は利用できない

 

⇒ Rakuten UNLIMIT をiphoneXで使いたい!【先着300万を対象に1年間無料キャンペーンを実施中】

 

Rakuten UN-LIMIT は、「iphoneXR」以上でなら利用できるが、それでも、「Rakuten Link」というアプリをインストールして、利用登録、ならびに、SMS認証をしないと、キャンペーンによるポイント還元を受けることができない

 

そこで、「iphoneX」に見切りをつけ、売却することにした。

 

そして、まずは、ネットで買取価格の相場を調べてみた。

 

「iphoneX」は、最低容量の64GBだが、意外と高く買い取って貰えそうなことが分かった。

 

携帯キャリアでも、オンラインで下取りしてくれるのだが、その場合は、現金ではなく、ポイントや電子マネーでの支払いとなり、しかも、数ヶ月先にならないと、付与されない。

iphoneX の売却先

携帯キャリアによるオンラインの買い取りはやめることにして、店舗に持ち込んでの直接買い取りについても調べてみたのだが、こちらも、悪くない価格で買い取って貰えそうだ。

 

しかも、持ち込みの場合は、その場で、現金が支払われる。

 

さらには、ちょうど、10%買取アップキャンペーンを行っている店舗もあった。

 

その店舗では、最も状態の良い最高買取価格が、なんと45,000円前後だった。

 

「その価格なら、ぜひ売りたい!」

 

ということで、「iphoneX」本体のほかに、箱や充電ケーブル、イヤホンなどを一式揃えて、近所のその店舗(家電量販店)に向かった。

 

「iphoneX」は、1年しか使用していないので、かなりの美品だと思っていたのだが、1年間利用していたのは、私ではなく子供だったということもあり、カバーを外してみたら、縁の部分が意外とキズだらけだった。

 

若者は、カッコよさを追求するあまり、往々にして、iphoneを裸で使いたがる

 

その気持も分からないでもないが、そういうことは、自分自身でお金を払うようになってから、やってもらいたいものだ。

 
 

iphoneX 売却

査定の結果、64GBの「iphoneX」は、36,000円ほどで買い取ってもらった。

 

縁の部分にキズがあったため、状態のランクを下げられてしまったが、それでも36,000円ならば、悪くはない。

 

なぜなら、この「iphoneX」は、1年前に、0円で契約した端末なのだ。

 

契約時の事務手数料3,000円と、1年で解約したので、違約金が10,000円くらい発生しているので、13,000円で購入したとしても、差し引きで、23,000円のプラスになった。

アンドロイド端末

「iphoneX」を、36,000円で買い取ってもらったあとは、格安のアンドロイド端末を探すことにした。

 

本来であれば、楽天で動作確認済みの端末を購入すれば、いちばん良いのだとは思うが、それだと、今回の36,000円が、ほぼ飛んでしまう。

 

アンドロイド端末に、そんなにお金を使いたくない。

 

もしも、高価なアンドロイド端末を買うなら、オンライのほうがポイントなどの還元があるので、諦めて帰ろうとしたのだが、ふと、あるキャリアの人が声をかけてきた。

 

格安のアンドロイド端末を探していることを伝えると、新規契約で1円の「Galaxy A20」の存在を教えてくれた。

 

もちろん、契約するからには、事務手数料3,300円と、月額料金が発生する。

 

それでも、すぐに解約してしまえば、それほど高くはならない。

 

ただし、契約して間もない解約は、あまりよろしくないということだ。


新規契約で1円の Galaxy A20

短期使用の解約は、あまり推奨されないということだが、それでも、3ヶ月程度、使えば問題ないようだ。

 

毎月の支払いも、最低の契約にすれば、月額2,000円くらいだ。

 

初月は日割りなので半額として、3ヶ月支払っても5,000円程度、事務手数料3,300円とあわせても、8,000円ほどだ。

 

そこで解約すれば、高価な端末を買うことに比べれば、それほど高い金額にはならない。

 

ということで、新規契約で1円の「Galaxy A20」を契約することにした。


おわりに

なんだかんだで、この2週間に、子供のiphoneと合わせて、2台の機種変更(iphone11☓2台)と、2台の新規契約(楽天モバイル・Galaxy A20)、合計4台の契約をしたことになる。

 

事務手数料だけでも、ばかにならない金額だ。

 

今回、なんとか手に入れたアンドロイド端末(Galaxy A20)は、1円の一括購入なので、すぐに、SIMロック解除ができ、無事に、Rakuten UN-LIMITのSIMカードが、使えるようになった。

 

Galaxy A20

 

「Galaxy A20」は、楽天モバイルによる、動作確認が取れていない機種であるが、まったく問題なく使えている。

 

また、さっそく、「Rakuten Link」アプリをインストールして、利用登録、ならびに、SMS認証を済ませることができた。

 

Rakuten UN-LIMIT2.0

 

これで、合計6,300円分のポイント還元を受けることができる。

 

アンドロイド端末の操作には慣れないが、「Galaxy A20」は、「iphoneX」と同じようなサイズ感で、薄くて軽いので、けっこう気に入った。

 

そして、箱を空けてびっくりしたのだが、なんと、スマホケース(カバー)が同梱されていた

 

ガラスフィルムと一緒に、早まって、買わなくて良かった。

 

あとは、2ヶ月後くらいの月末に、解約するのを忘れないようにするだけだ。

 

「Galaxy A20」は、バイク用のナビとしての使い方が、主な使い道になるだろうが、これで、Rakuten UN-LIMITを1年間、無料で試してみることができる。

 

場合によっては、ゆくゆくは、楽天モバイルに、完全に乗り換えることになるかもしれない。

 
 

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました