ホンダ S660 生産終了は22年3月【マツダロードスターかホンダS660か⁉】

HONDA S660CAR
この記事は約4分で読めます。

ホンダのS660が、22年3月で生産が終了するという発表された。

 

それにあわせて、最後の特別仕様車『S660モデューロX バージョンZ』が登場した。

 

ホンダのS660には、いちど乗ってみたいと思っていたのだが、これで、この車を新車で買うことは、もうなさそうだ。

 

私は、2021年1月に、NDロードスターの6速マニュアル車を購入しているからだ。

 

マツダNDロードスター購入!【脱炭素化・脱ガソリン車が進む中で私が選んだ車】

 

今回は、購入するときに、ちょっとだけ迷う、ホンダS660とマツダロードスター(ともに2シーターオープン)について。

  

車に合ったボディカラー

もしも、私がホンダのS660を買うなら、ボディカラーがホワイトで幌(ロールトップ)がレッドの組み合わせがいい。

 

しかし、マツダのロードスターとなると、話は変わってくる。

 

ND ロードスター 100周年記念

マツダ100周年特別記念車

 

マツダの100周年特別記念モデルで、同じようなカラーリングが選べた。(2021年3月まで)

 

しかし、私は、ソウルレッドプレミアムメタリック(赤)か、マシーングレープレミアムメタリック(シルバー)のどちらかで迷い、最終的には、ソウルレッドプレミアムメタリック(赤)を選んだ。

 

車種によって、いいと思うボディカラーが違うというのも面白い。

 

ホンダのS660の値段は、軽自動車にあるまじき価格で、双方のグレードによっては、ロードスターと同等か、それ以上の価格となる。

 

つまり、2022年3月までであれば、近い金額で、ホンダのS660かマツダのロードスターを選ぶことができるのだ。(マツダロードスターは、2022年にモデルチェンの可能性あり。)

日常での使いやすさ

私も少しだけ迷ったのだが、日常での使いやすさと、全体的なお洒落さで、マツダのNDロードスターを選んだ。

 

S660は、ちょっとスパルタンすぎる。

 

それに、幌(ロールトップ)の付け外しも、ちょっとだけ面倒くさそうだ。

 

ともに2シーターオープンだが、ロードスターの手軽に開け閉めができるオープン機構と、そこそこの収納・荷室は、ホンダのS660にはない。

 

S660は、個人的には、完全なセカンドカーといった感じだが、マツダのロードスターであれば、常に、大人数での乗車や、大きな荷物を運ぶなどの制約がなければ、日常生活でも十分に使える。

 

しかも、乗ってこれほど楽しい車も珍しい。

 

楽しさという点では、S660のほうが上かもしれないが…

  

SUVやクルーザーは快適だけど…

ロードスターやS660と同じような金額を出せば、かなり快適な国産のSUVも買える。

 

ときどき代車でCX-30などに乗ると、ほんとに快適だ。

 

日常での使い勝手も、絶対にSUVのほうが上だ。

 

だけど…

 

楽しくない。

 

いちどロードスターみたいな車に乗ってしまうと、楽しさの基準が変わってしまうので、どんなに優秀な国産SUVでも、ほんとうに楽しくない。

 

また、このことは、バイクでも同じだ。

 

私の中では、SUVとハーレー(ツアラー・クルーザー)は、同じような位置づけで、たしかに快適だけど、つまらないのだ。

おわりに

2シーター、オープンカー、マニュアルトランスミッション、FR、フロントミッドシップ、ガソリンエンジン…

 

これらは、近年では、なかなか珍しく、この先、さらに珍しくなることが確実だ。

 

そんな貴重なS660やロードスターだが、いま(2021年〜2022年)ならともに、まだ新車で購入することができる。

 

快適さと楽しさは、トレードオフの関係だ。

 

少なくとも国産車では。

 

欧州の高級車であれば、楽しさと快適さを、高い次元で兼ね備えた車もあるが、それでも快適さの分だけは、楽しさを犠牲にしているはずだし、なにより価格が高すぎて手が届かない。

 

マツダのロードスターに乗ってみると、この価格帯で、こんなに楽しい車はないことが、よくわかる。

 

さらに、快適性が犠牲にできる人や、セカンドカー、サードカーとして買える人なら、S660は、とても魅力的な車だ。

 

まだ、少しだけ時間は残っている。

 

S660は、価格的にも、高級欧州車のオプション代金くらいのものなので、お金に余裕がある人は、1台、買っておいても損はないと思う。

 

【関連記事】

マツダNDロードスター購入!【脱炭素化・脱ガソリン車が進む中で私が選んだ車】

  

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました