ヒカキンと志村けんと新型コロナウイルス【東京オリンピック2020の開催時期が2021年7月23日に決定されたが…】

   
志村けん CURRENT EVENTS
この記事は約5分で読めます。

新型コロナウイルス感染症の影響で1年程度の延期が決まっていた「東京オリンピック2020」が、来年2021年7月23日から8月8日(17日間)の開催日程で、合意がなされたようだ。

 

今回の合意は、「国際オリンピック委員会(IOC)」、「東京五輪・パラリンピック組織委員会(TOCOG)」、「東京都」、「日本政府」との4者間でなされたものだという。

 

しかし、いまから1年後に、新型コロナウイルスのパンデミックが収束している保証はない。

 

そうなった場合は、さらに1年程度の延期…ということは考えずらい。

 

そうなると、いよいよ中止という選択肢も見えてくるかもしれない。

   

新型コロナウイルスの感染症の収束

オリンピックの開催よりも、いまは、新型コロナウイルス感染症の収束が、世界的な最優先課題だ。

 

一刻も早く、新型コロナウイルス感染症が収束しなければ、全世界の金融や経済が、壊滅的なダメージを受け、多くの人々の生活も、さらなる甚大なダメージを受けることになるだろう。

 

最近では、総理大臣が表に出てくると、記者たちから「森友問題」などを追求される。

 

そのためか、「首都東京を守る」ということで、東京都知事が両サイドに専門家を従えて、都民や国民に、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための呼びかけを行っている印象が強い。

 

しかし、総理大臣や東京都知事は言うに及ばず、親や祖父母、家族などがなにを言おうと、若者は聞く耳をもたない。

 

それが「若者」という生き物なのだろう。

 

残念ながら、そんな若者たちが、媒体となって、新型コロナウイルスの感染を拡散してしまう可能性も高い。

若いみんなへ、ヒカキンより。

しかし、こんな人の声なら、若者も、興味をもって聞いてくれるのではないだろうか。

 

若者に絶大な人気を誇る、ユーチューバーのヒカキンだ。

 

若いみんなへ、ヒカキンより。

若いみんなへ、ヒカキンより。

#新型コロナウイルス #うちで過ごそう

 

若者に絶大な影響力があるユーチューバーのヒカキンが、このような動画を上げてくれたことで、確実に、若者の危機意識が変わったと思われる。

 

実際に観てみるとわかるが、総理大臣や東京都知事が呼びかけるよりも、よほど分かりやすく、説得力がある。

 

さすがはプロだ。

 

若者だけでなく、高齢者なども、何を言っているのか分からない総理大臣の呼びかけよりも、ヒカキンのような有名ユーチューバーや、知名度があり高感度が高い芸能人、一流のアスリートアーティストなどが、発信するメッセージを聞いたほうが、人々の心に届くような気がする。

 

それも、彼らに与えられた仕事のひとつだろう。

 

そして、ヒカキンが「若いみんなへ、ヒカキンより。」をアップしたときには、あの人は、まだ存命だったのだが…

   

志村けん

ヒカキンが「若いみんなへ、ヒカキンより。」で、若者たちに外出や買いだめの自粛などを呼びかけた2日後、日本では知らない人がいないと思われる、お笑い界のあの人が、新型コロナウイルスに負けた。

 

そう、ヒカキンも大好きだった志村けんだ。

 

このニュースには、私もかなりのショックを受けた。

 

おそらく、私の家族は、私を含めた4世代が、志村けんのテレビ番組で笑わせてもらったと思う。

 

本当に残念でならない。

 

新型コロナウイルスに感染して、入院して治療中であることは知っていたが、まさか、助からないとは思っていなかった。

 

この新型コロナウイルス感染症は、ナメてかかると、想像以上にヤバいようだ。

おわりに

ヒカキンの動画「若いみんなへ、ヒカキンより。」も、若者を中心に、非常に効果的だったと思うが、志村けんの訃報は、誰のどんな言葉よりも、新型コロナウイルスへの危機感を、すべての日本国民の心に訴えてくれた。

 

こういう立派な死に方ができる人は、そうそういるものではない。

 

これは、完全に私見だが、彼の魂は、あえて、今回の死に方を買って出たのだろう。

 

どこかの老人施設や病院で、なもなき高齢者が、新型コロナウイルスが原因で亡くなったしても、残念ながら、それが国民に与えるインパクトは、それほど大きくはない。

 

しかし、志村けんという人物が、新型コロナウイルスが原因で命を落とすことが、日本国民に大きなインパクトを与え、意識を変えることができることを、彼(の魂)は分かっていたのだと思う。

 

ときどき、本人も気が付かない魂のレベルで、そのような決定が下されることがある。(と私は思っている)

 

そして、魂レベルでは、ヒカキンと、綿密な打ち合わせしていたのかもしれない。

 

と、最後は怪しい話になってしまったが、志村けんの悲報というメッセージは、間違いなく、世代を超えて、多くの日本人に届いたはずだ。

 

彼の死を無駄にしてはならない。

 

だいじょぶだ〜

 

きっと、いまごろ、雲の上で笑いながら、そう言っていることだろう。

 

そして、長さんと楽しくコントでもやっていることだろう。

 

【注意】

この記事は、2020年3月30日現在の情報に基づいて書かれたものです。

状況は絶えず変化しますので、必ず、最新情報をチェックするようお願いします。

また、当サイトで公開している記事は、あくまで、管理人一個人の考えとしてお読み頂き、最終的には、ご自身の考えや判断に基づいて行動して下さい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました