ロックダウン・パラドックスに備えよ!【新型コロナウイルス感染よりも恐ろしいこと】

   
Italy CURRENT EVENTS
この記事は約5分で読めます。

私もそうだが、バイク乗りは、新型コロナウイルスなんて、気にしていない人が多いかもしれない。

 

というか、症状が出ていないだけで、すでに感染している可能性も高い。

 

バイクに乗れるくらいの若さと健康状態であれば、よほどの持病でも抱えていないかぎり、新型コロナウイルスなどで命を落とすことはないので、大騒ぎするまでもない。

 

しかし、これからは、そうも言っていられないかもしれない。

 

日本でも、「ロックダウン・パラドックス」が、いよいよ現実味を帯びてきた。

 

中国のみならず、ヨーロッパ中心として、各国で「ロックダウン」が起こっているからだ。

 

「ロックダウン」により、民間企業が出勤停止や稼働停止になると、経済活動が止まる。

 

私がオーダーした、MVアグスタ(イタリア)のブルターレ800ロッソも、こうなると、いつ生産されるのか分からない状態だが、いまは、そんなことを言っている場合ではない。

   

ロックダウンとは

中国本土以外でも、すでにイタリア、フランス、スペインなどの、ヨーロッパ諸国を中心として、「ロックダウン」が起こっている。

 

アジアでも、フィリピン政府が、マニラ首都圏を1カ月間「ロックダウン」することを発表している。

 

「ロックダウン」は、もともとは、IT用語だ。

 

「ロックダウン」とは、セキュリティを強化するために、OSやアプリケーションの機能を制限する仕組みのことで、「厳重な封鎖」を意味する。

 

政治的に「ロックダウン」が行われると、権限者の権限により、市民活動や経済活動など、多くのことが制限されることになる。

 

今回のコロナ騒動でいえば、新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるために、各国政府は、自由な移動や渡航を制限し、学校や公共施設を閉鎖し、外出や企業活動を制限するなどの、緊急措置を実施することになるが、これが「ロックダウン」だ。

ロックダウン・パラドックスとは

新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるため」という目的のための行動としては、「ロックダウン」も、必要な判断のようにも思えるが、結果的には、「ロックダウン」によって、経済や社会活動がストップしてしまい、必要以上に国民がダメージをおってしまうというのが、「ロックダウン・パラドックス」だ。

 

つまり、長い目で見れば、「ロックダウン・パラドックス」によって、新型コロナウイルス感染の被害そのものよりも、経済的な要因で追い詰められる人のほうが、遥かに増えてしまう可能性が高い。

 

もっというと、新型コロナウイルスでは死にはしないが、経済的に追い詰められて命を落とすことも、あり得るということだ。

 

しかしながら、このままいくと、近いうちに、日本でも「ロックダウン」は、避けることができない可能性が高い。

今後の見通しと備え

日本は、東京オリンピック開催を断念するまでは、検査数を増やさないという単純な方法で、なんとか感染者数を、桁違いに少なく見積もっているが、オリンピック開催を断念した途端に、その必要がなくなる。

 

すると、検査によって、実際の感染状況が、一気に明るみに出ることになる。

 

そして、安倍首相は、直ちに、緊急事態宣言を発動する。

 

これが、「ロックダウン」の合図だ。

 

そうなると、もう、マスクやトイレットペーパーが買えないところの騒ぎでは収まらない。

 

ほとんどの経済活動はストップするので、深刻な経済的な打撃は避けられない。

 

株式市場をはじめとした、金融市場も大荒れとなる。

 

実際には、市場のほうが先に反応するので、ダウが過去最高の下げ幅(3,000ドル弱!)を記録するなど、すでに大荒れとなっているが、今後、さらに荒れるだことろう。

 

リーマン・ショックなど比べ物にならないほどの、大きな金融恐慌が襲ってくるかもしれない。

 

さらには、一定期間、食料品などの、日々の生活に必要な買い物もすらも制限され、自由にできなくなる可能性すらある。

 

必要以上の買い占めは望ましくないが、当面の生活に困らないくらいの生活必要物資は、ストックしておくと安心かもしれない。

 

また、職種によっては、仕事がなくなり、収入が激減してしまうことも考えられる。

 

新型コロナウイルス感染よりも恐ろしいことが、これから、日本をはじめ、世界的に起こるかもしれない。

 

もしかしたら、これまでの生き方を、一変させざるおえないような事態になる可能性もある。

 

実際には、もう、すでに始まっているのだが、「ロックダウン」と、その先に待っている「ロックダウン・パラドックス」に備えて、私たちにできることは、なんだろうか?

 

【注意】

この記事は、2020年3月17日現在の情報に基づいて書かれたものです。

状況は絶えず変化しますので、必ず、最新情報をチェックするようお願いします。

また、当サイトで公開している記事は、あくまで、管理人一個人の考えとしてお読み頂き、最終的には、ご自身の考えや判断に基づいて行動して下さい。

   

コメント

  1. トムクル より:

    こんにちは なんか大変ですよね。先月までは騒ぎすぎだと思ってましたが、 こう世界が騒ぎすぎると、なんだが自分が変わりものに思えて来ます。仕事上、私の周りはイタリア フランス スペイン ドイツ アメリカ 韓国 台湾 中国 と国際的ですが、毎日のメール等のやり取りでは、コロナのこの字もないから不思議で、マーケットが適正価格まで下げ一方以外は、ほぼ生活は変わらないだけに、実感が今のところないです。今回のことでいくらテクノロジーが進んでも、一つの新しい細菌にめっぽう弱いですね。映画やドラマ、ゲームででこれより10000倍位強力な細菌による汚染を題材にしたものがありますが、全く生かされてないですね。本当のバイオハザードならもう人工20%位減ってるかもしれません。特定先進国で唯一日本は島国だからコントロールし易く、一番復帰が早い筈なのに、先がいまいち見えません。政治家、役人が使えなさすぎで、困ったものです。
    イベント中止しても、首都圏は、まだまだ満員電車で通勤してますから、ある一定の割合で広がるかもしれませんね。 

    • HIRO CRUISE HIRO CRUISE より:

      トムクルさん、いつもコメントありがとうございます。

      私も、別段、気にしてはいなかったのですが、取引先で感染者が出たり、ブルターレをオーダーしたと思ったら、イタリアがロックダウンしてしまったりと、突然、他人事ではなくなってしまいました。

      ヨーロッパだけでも、早めに収束してもらわないと、ブルターレの納車が、いつになることやら…
      BobberTFCは、それほど遅れないといいですね。

      マーケットは、底が見えませんが、私は資産家ではないので、むしろありがたいです。
      日本は、これから、相変わらずのドタバタ劇を演じそうですね。

      こういうときに、冷静にいられる人は、自分の人生を生きている人なのかな、と思います。

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました