絶滅危惧種のマニュアル車に乗る意味【マニュアル車のシフト操作は楽しい⁉】

NDロードスターCAR
この記事は約4分で読めます。

パドルシフトは常に付いていたけど、NBロードスター以降は、ずっとAT車にしか乗ってこなかった。

 

そんな私が、およそ15年ぶりくらいに、MT(マニュアルトランスミッション)のNDロードスターに乗り換えた。

 

とくに理由はないけど、なんとなく乗りたくなったのだ。

 

久しぶりにMT車に乗るようになった、率直な感想としては…

  

マニュアルトランスミッションは面倒⁉

「やっぱり、面倒なことも多いかな…」

 

久しぶりにMT車に乗るにあたって、けっこう面倒なことも多いかな…と、少しは覚悟していたのだけど、実際には、まったくの杞憂に終わった。

 

というか、

 

やっぱりMTは面白い!

 

という感じで、MT車を選んだことに、後悔はない。

 

もちろん、これまで、いちどもMT車に乗ってこなかった人が、いきなりMT車に乗って、どう感じるのかは分からない。

 

しかし、かつてMT車に乗って楽しかったという人は、いまでも楽しめると思う。

 

しかも、最近のMT車は6速トランスミッションだ。

 

久しぶりにMT車に乗って、なんとなく違和感を感じたのだが、その正体はこれだった。

 

なにしろ、私がMT車に乗っていたころは、5速ミッションが普通だったのだから。

 

そして…

 

「6速はいいけど…それで、リバースはどこ???」

 

となったが、NDロードスターのリバースは、イギリス車に多く見られる方式で、シフトノブを押し込んでから1速の方向へ動かすと、リバースギアに入るようになっている。(始めはかなり入りづらい)

 

こういうことは、知らないと、ちょっと悩んでしまう。

マニュアルトランスミッションは楽しい⁉

MT車に乗る醍醐味は、やはりシフト操作だ。

 

MT車は、搭載されているエンジンが回る範囲内ではあるけど、好きなだけエンジンを回して(引っ張って)、好きなときに、好きなギヤに入れて、走ることができる。

 

コーナーを、シフトアップせずに、ホールドで走るのも楽しい。

 

燃費なんて知ったことではない。

 

もちろん、AT車のマニュアルモードや、パドルシフトでも、ギアの選択できるけど、やっぱりシフトレバーを、クラッチとシンクロさせながら、

 

コク、コク、…

 

と操作する感覚、

 

ブゥォーン〜

 

と回転数を自分で合わせてシフトチェンジする感覚は、パドルシフトでは味わえない。(最近では、オートブリッピングという機構もあるけど…)

  

日本市場での新車販売の98%がAT車⁉

一般的には、「面倒」と思われるシフト操作も、じつは「面白い」もので、ときに、意味もなくシフト操作をしてしまうほど。

 

もちろん、これは、すべての人に当てはまるわけではなく、運転を移動手段として捉えている人にとって、シフト操作など、まったくもって不要なものかもしれない。

 

高級車ともなると、もはやシフトレバーすらない。

 

おそらく、日本の95%くらいの人にとって、マニュアルトランスミッションなんてものは、不要になっている気がする。

 

実際に、

 

近年の日本市場での新車販売の98%がAT車

 

というデータもあり、私のような、2%の変人を除いて、普通の人は、MT車になんて乗らないのだろう。

 

ちなみに、AT車の普及率は、アメリカと日本が高く、欧州は比較的、MT車の比率が高いといわれている。

 

バイクも車も、欧州車が魅力的な理由は、このあたりも関係していそうだ。

 

快適な移動手段として開発するのか、楽しむための乗り物として開発するのかでは、出来上がるプロダクトは大きく異って当然だ。

おわりに

絶滅危惧種のMT車に、いま乗らなかったら、この先、乗れる機会は永遠に訪れないかもしれない。

 

世の中は、EV化や自動運転化へ向けて、まっしぐらに進んでいる。

 

この流れは、不可逆的で、もはや止まるどころか、ギヤをシフトアップすして、加速していくだろう。

 

あれば楽しいけど、なくてもまったく困らないというもの

 

というものが、この世にはたくさん存在するが、マニュアル車も、間違いなく、そのひとつだ。

 

しかし、バイクなどもそうだけど、そういう、無駄を楽しむことが、人生の満足度を引き上げてくれるのかもしれない。

 

2022年3月には、あのホンダのS660が生産を終了することになった。

 

ホンダ S660 生産終了は22年3月【マツダロードスターかホンダS660か⁉】

 

乗れるチャンスがある人は、買えるマニュアル車があるうちに、ぜひ、マニュアル車に乗ってみてはいかがだろうか。

  

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました