新型コロナウイルス感染拡大と外出自粛要請!【今後の生き方について考える良い時期に!】

   
桜 Cherry Blossoms CURRENT EVENTS
この記事は約4分で読めます。

関東地方でも、季節外れの雪が桜に積もった。

 

こんな日は、もちろんバイクには乗れない。

 

いまの日本では、基本的人権の観点から、国民の行動について、罰則などを伴う強い行動規制を行うことは出来ないよう。

 

しかし、新型コロナウイルスの影響で、今後、しばらくは、外出自粛の要請は続くだろう。

   

外出自粛要請と若者

国や自治体による、不要不急の外出自粛の要請は、広がりをみせる一方だが、一部の愚かな若者たちのように、あえて要請に逆行するような行動は、やはり控えるべきだろう。

 

こんなことになるくらいなら、学校を休校にしない方が、まだマシではないだろうか。

 

ヨーロッパなどの医療現場で命を落としている、医療従事者などの代わりに、そんな愚かな生産性のない若者たちが、新型コロナウイルスの犠牲者になればいいと思ってしまう。

 

イタリアやスペイン、フランスなどの、ヨーロッパの惨状には、ほんとうに心が痛む。

 

今後、日本がヨーロッパのような状況にならないことを、願わずにはいられない。

今後の生き方

強制力がないことをいいことに、国や自治体の要請に従わない愚かな若者たちは、どうせ働いていないので、危機感がないのだろうが、彼らを養っている大人たちは、これからが大変だ。

 

職種によっては、仕事がなくなる。

 

けれども、すべての仕事が、すぐになくなるわけではない。

 

必要な仕事は残り、とくになくても困らない仕事は、淘汰されてしまう。

 

また、新型コロナウイルスの流行などがなかったとしても、AIやロボットの発達によって代替されてしまう仕事も多くある。

 

今回の新型コロナウイルスのパンデミックは、多くの人にとって、半強制的に、今後の生き方を考え直す、転換点になるだろう。

   

ベーシックインカム

今回の新型コロナウイルスの影響で、多少は導入が早まるかもしれないが、それでも、ベーシックインカムが導入されるまでには、もう少し時間がかかるだろう。

 

人間が働かなくてもいい世界になるまでは、もう少し時間が必要だ。

 

そして、それまでは、やはり人間が働く必要がある。

 

しかし、今回の新型コロナウイルスによって、これまでの仕事が、壊滅的な被害を受けてしまったとしたら、その仕事にしがみつくよりも、ここはひとつ、いい機会だと思って、将来性のある仕事に、思い切ってチャレンジしてみてはいかがだろうか。

 

これからは、多くの分野で、ITなどのテクノロジーを利用して、オンラインリモートによる仕事が拡大していくと思われる。

 

今回の、新型コロナウイルスの感染拡大で、オンラインやリモートの可能性に気がついた人も多いはずだ。

おわりに

個人的な願望としては、曜日や時間に関係なく、天気が悪い日や夜間などを中心として、在宅やカフェなどでリモートワークを行い、天気のいい日は、バイクに乗って、いろいろなところを走りたい。

 

または、季節のいい時期には、Macbookを背負って旅をしながら、仕事をするなんていうのも楽しそうだ。

 

これまでは不可能だった働き方が、これからは可能になっていく。

 

昔から言われているように、ピンチはチャンスでもあるのだ。

 

#コロナに負けるな!

 

【注意】

この記事は、2020年3月29日現在の情報に基づいて書かれたものです。

状況は絶えず変化しますので、必ず、最新情報をチェックするようお願いします。

また、当サイトで公開している記事は、あくまで、管理人一個人の考えとしてお読み頂き、最終的には、ご自身の考えや判断に基づいて行動して下さい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました