自粛警察・自粛ポリスとは⁉【振りかざされる正義の鉄槌】

   
POLICE CURRENT EVENTS
この記事は約3分で読めます。

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言や、それに伴う、自粛要請が長期化している。

 

そんななか、あることとが、問題となっている。

 

緊急事態が人々の心を蝕み、「ポリス化」しているというのだ。

 

自粛警察」、「自粛ポリス」などという言葉が、最近、話題となっているが、いったいどんな意味なのだろうか。

   

自粛警察・自粛ポリスとは

感染した人を非難したり、繁華街などを訪れた人を非難したりする書き込みが、ネット上で相次いでいる。

 

このような行為をする人のことを、ネット上では、「自粛警察」、または、「自粛ポリス」などと呼んでいる。

 

具体的には、

 

・有名人がSNSに投稿した写真の粗探し

・営業を続けている店舗への批難、DM

・自粛せずに、外で遊んでいる人への非難

・県外ナンバーの車を監視

 

…などの行為を行う人たちのことだ。

 

個人的な「正義」に基づいて、「正義の鉄槌」を振りかざしているのが、「自粛警察」、または、「自粛ポリス」と呼ばれる人たちの特徴だ。

自粛警察・自粛ポリスの考え方

人は、生活への不安や欲求不満によって、攻撃性が高まる生き物らしい。

 

みんな、家の中に閉じ込められ、イライラをぶつける相手を探しているのだ。

 

多くの人は、自分は正しいと思っているので、自分の気に食わない行動については、つい、非難したくなる。

 

そして、「正義の鉄槌」を下さずにはいられない。

 

「自粛警察」や「自粛ポリス」の考え方とは、こういうものなのだ。

 

そういえば、緊急事態宣言を延長する会見で、総理大臣も、

 

ウイルスよりも、もっと大きな悪影響を、私たちの社会に与えかねない

 

と、コロナに関する差別や偏見について、危機感を募らせるような発言をしていた。(この場合は医療従事者に対する差別や偏見)

 

心理学者は、このようなコロナ絡みの差別や偏見を、

 

背景には、未知の病気に対する不安や行動を、抑制されていることへの不満があり、他の人を非難することでそれを解消している

 

と指摘している。

おわりに

私は、「自粛ポリス」ポリスになろうかと考えている(笑)

 

もちろん冗談だ。

 

不安にかられ、必要以上にコロナを恐れるあまり、自粛していない人を批難している「自粛警察」や、「自粛ポリス」を取り締まっても仕方がない。

 

そんなことをしたら、自分も同じく「ポリス化」してしまう。

 

私にできることといえば、自分自身が、自粛も感染もしない生活を目指すことや、そういう生き方を提案することくらいだ。

 

遅かれ早かれ、みな、そのような生活に移行せざる負えない。

 

コロナの時代の『新たな日常』

 

というやつだ。

   

コメント

  1. トムクル より:

    自粛ポリス、マトを得てますね。どの国でも同様な傾向というのが、不思議です。洗脳されちゃってまともな判断が出来ないのかな? でも何と言ったって私の場合はミニスカポリスの方が良いいな。

    • HIRO CRUISE HIRO CRUISE より:

      トムクルさん
      根底に恐れがあるかないかで、洗脳されるかされないかが、決まるのではないかと思います。
      世の中の多くの人は、恐れに支配されているのだと思います。
      バイク乗りでも、走り方をみれば、だいたいのことは分かりますね。
      例えば、ラインの色を守る走り方をする人は、外出を自粛している傾向が強いです。
      逆に、気にしない人は、外出自粛なんてしませんw
      一事が万事というような気がします。

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました