なぜ相場は逆に動くのか?【シナリオとエントリーポイントと損切りの重要性】

   
投資 INVESTMENT
この記事は約4分で読めます。

株でも、為替でも、暗号資産(仮想通貨)でも、なんでもそうだが、なんで、買うと値下がりし、売ると値上がりするのだろう。

 

これは、誰しもが、必ずと言っていいいほど、経験することだと思う。

 

ほんとうに面白いくらい、思惑と逆に動く。

 

どこかで誰かに、監視されているのではないか?

 

と疑いたくなるほどだ。

 

ほぼ失敗談しかないのだが、これからは、投資(投機)についても、少し書いてみようと思う。

 

【関連記事】

日銀のETF買い入れ(日銀砲)があるから前場で下落したら押し目買い⁉【洗脳されてイナゴになるな!】

   

長期積立投資

つみたてNISAiDecoのような、長期積立であれば、値下がりはほとんど気にならない。

 

ずっと右肩上がりよりも、一時的に下げてくれたほうが資産が増えるので、軽い下落は、むしろウェルカムだ。

 

そのため、長期投資が目的であれば、日々の株価や為替相場などは、さほど気にならない。

 

うっかりすると、インデックスファンドを買っていることすら忘れてしまう。

 

これは、精神的には、非常に良いことだ。

短期投資(投機)

一方、キャピタルゲインを狙った、短期の投資(投機)に手を出してしまうと、日々の値動きに一喜一憂することになる。

 

これは、精神的には、あまりよろしくない。

 

基本的に、相場の天井や底は、あとになってみないとわからないものだし、毎回、相場で勝つことはプロでも難しい。

 

素人が、そう簡単に勝てるほど、市場は甘くはない。

 

むしろ、大抵の素人は、養分にされて、相場から退場させられてしまうのがオチだ。

   

シナリオと損切り

短期投資の場合は、エントリーポイントが何よりも重要だ。

 

長期投資とは違って、誤ったところでエントリーしてしまうと、ほぼ、損をするしか道はない。

 

シナリオのない、安易なエントリーは、厳に慎むべきであり、レバレッジがかかっていれば尚更だ。

 

そして、思惑が外れた場合は、速やかに損切りするべきだ。

 

待っていれば、いつかは、戻るかもしれないが、それが何年先になるのかわからないので、塩漬けは資金効率が悪い

 

それならば、さっさと損切りをして、次のエントリーポイントを見つけたほうがいい。

 

想定内の動きであれば、計画的にナンピンをおこなうのもいいのだが、苦し紛れのナンピンは、傷口を大きくしてしまう可能性が高いので、おすすめできない。

おわりに

ある程度、まとまった資金があれば、ギャンブル的な、短期の投機など行わずに、きちんとポートフォリオを組んで、長期投資を行うのがいいだろう。

 

しかし、まとまった資金ない場合は、チマチマと積み立てたところで、たかがが知れている。

 

最近では、1回100円から積立投資ができるが、それでは、子どもの小遣いにもならない。

 

ということで、どうしても、人は、一攫千金を狙いに行きたくなる。

 

そして、少ない資産で一攫千金を狙うためには、レバレッジをかける必要がある。

 

昔よりは規制が厳しくなったが、株でも為替(FX)でも、暗号資産(仮想通貨FX)でも、レバレッジ取り引きができる。

 

金融市場には、デリバティブ商品もたくさんある。

 

ただ、これらは、ギャンブル性が高く、うかつに手を出すと、お金を失う可能性高い。

 

とはいえ、実際にエントリーしてみないことには、いつになっても、相場についての理解は深まらない。

 

きっと、お金を失うことになるが、それは授業料だと思うしかない。

 

人は、痛い思いをしないと、わからないこともあるのだ。

 

【関連記事】

日銀のETF買い入れ(日銀砲)があるから前場で下落したら押し目買い⁉【洗脳されてイナゴになるな!】

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました