感染爆発重大局面!ロックダウン(東京封鎖)が予定通り始まるのか⁉【都知事会見3月25日】

   
tokyo CURRENT EVENTS
この記事は約4分で読めます。

あまりにも、シナリオどおりなので、笑ってしまう。

 

日本の主要大都市(東京・大阪・名古屋)のロックダウンは2020年3月25日前後が要注意【Xデーに備えよ!】

 

「東京オリンピック2020」の聖火リレーのグランドスタートの直前(3月24日)に、1年程度のオリンピック開催の延期が発表され、その翌日(3月25日)には、東京都内での感染者が、一日で40人以上(41人)と急増。

 

実際は、そんなものでは済まないだろう。

 

それを受けて、東京都知事が、現在、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の「感染爆発重大局面」にあるとして、週末より「不要不急の外出自粛を要請」するとする会見を開いた。

 

いよいよ、ロックダウン(東京封鎖)が行われる気配だ。

   

呪われたオリンピック

Please stay home!

 

これが、いま現在、全世界の状況だ。

 

にもかかわらず、なぜだか日本だけが、神風によって持ちこたえている」という状況を演じてきた。

 

検査数が桁違いに少ないことは、国会で取り上げられるほど明白な事実なので、これは明らかに計画的犯行だ。

 

日本国民の生命や経済よりも、オリンピックに関わる莫大な利権が優先されたのだ。

 

そして、経済的にも日本が最も損をすることは明らかだ。

 

それらを考えると、先般の「呪われたオリンピック」発言も、理解できるだろう。

 

いつの時代も、すべてにおいて、割を食うのは、日本国民なのだ。

小池都知事「感染爆発の重大局面」で会見

小池都知事の「感染爆発の重大局面」を受けての会見は、2020年3月25日の20時過ぎより、少し遅れて行われた。

 

東京都として、都民に協力を求めるとしながらも、テレビでは、NHKも含めて、相変わらずの、バラエティ番組しか放映されていなかった。

 

テレ東NEWS」のユーチューブチャンネルで、ライブ配信されていたので、観ようと思えば観れたのだが、もっとも危険な高齢者などは、おそらく観られなかった人のほうが、圧倒的に多かっただろう。

 

多くの人は、21時のテレビニュースで部分的に観たことだろう。

 

小池都知事「感染爆発の重大局面」東京で41人が新たに感染【ノーカット】

 

ニュース番組のほうが、情報操作がしやすいのだろう。

おわりに

「東京オリンピック2020」の延期が決定したことで、3月25日の日経平均株価は、歴代5位の上げ幅 を記録し、前日の終値より8%も上昇した。

 

しかし、日本で、本格的なパンデミックが始まるのは、これからだろう。

 

状況が深刻になるのは、これからだ。

 

実際には、爆発的に

感染が拡大する

のではなく、

感染が確認される

のだ。

 

しかし、これらもシナリオ通りなのだろう。

 

ただ、こうもシナリオ通りに事が運ぶ状況を知ると、

「いったいどこからがシナリオ通りなのか?」

と考えずにはいられない。

 

ただ、それを考え出すと、ビッグバンまで遡ってしまいそうなので、あまり考えないようにしている。

 

とにかく、「総理の対応が遅すぎる!」、「都知事の対応が遅すぎる!」等の、白々しい発言には呆れてしまう。

 

予定通り、

オリンピック延期 → 感染拡大 → オーバーシュート → ロックダウン → 収束 → 大恐慌 → 新しい世界へ移行

という、シナリオが進行しているだけなのだ。

 

そして、政治家たちは、そのシナリオに沿って、粛々と職務を全うしているだけのだから、批判しても仕方がないではないか。

 

【注意】

この記事は、2020年3月25日現在の情報に基づいて書かれたものです。

状況は絶えず変化しますので、必ず、最新情報をチェックするようお願いします。

また、当サイトで公開している記事は、あくまで、管理人一個人の考えとしてお読み頂き、最終的には、ご自身の考えや判断に基づいて行動して下さい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました