Introduce

この記事は約3分で読めます。

40年以上、生きてきて、バイクというものに興味を持ったことは、これまで一度もなかった。

 

しかし、

あるとき、よく通っている国道脇の店先に置いてある、1台の赤いバイクに目がとまった。

 

お〜、なんだかカッコいいな!あんなバイクなら乗ってみたい!

 

その道を通るたびに、そんなことを思って、その赤いバイクを眺めていた。

 

そして、

「ちょっと見に行ってみようかな?」

という気持ちになったのだが、なかなか見には行かなかった。

 

「自分がバイクに乗る」というのが、なかなか想像できなかったのだ。

 

それからも、その国道を通るたびに、その赤いバイクを眺め続けた。

 

* * *

 

そして、

とうとう、ある休みの日に思い切って、その赤いバイクを見に行ってみることにした。

 

そこで初めて、その赤いバイクは、

 

Harley-Davidson SOFTAIL®BREAKOUT®FXBRS

 

の18年モデルだということを知った。

 

そして、

それは試乗車だった。

 

Harley-Davidson SOFTAIL®BREAKOUT®FXBR

 

もちろん、私には、二輪の免許がないので、試乗することなどできない。

いや、乗り方すら分からない。

眺めたり、跨ったりするのが精一杯だった。

 

* * *

 

結局、その日は、カタログとカレンダーをもらって帰った。

 

それから、いろいろ調べて分かったことだけど、ハーレーには、さまざまな種類がある。

 

しかし、ほかのモデルをみても、とくに乗りたいとは思わない。

 

ただ、「SOFTAIL」というシリーズの、ハーレー・ダビッドソンにだけ、興味が湧いたようである。

 

もちろん、それまで、「ハーレー・ダビッドソン」という名前だけは知っていたが、「SOFTAIL」だとか「BREAKOUT」とかという名称は、その日に始めて知ることになった。

そんな名前が、あることさえ知らなかった。

「ハーレー」は、「ハーレー」だと思っていた。

 

こうして、これまでバイクとはまったく無縁だった私が、「ハーレー・ダビッドソン(ソフテイル・ファミリー)」の魅力に取り憑かれていくのだった。

 

続きは、

Episode で綴っていく。

タイトルとURLをコピーしました