ハーレーのセキュリティ設定!キーフォブとセキュリティの確認方法

キーフォブ HERITAGE CLASSIC
この記事は約3分で読めます。

私のハーレー(2018年モデル・ソフテイル)は、 ハンドルロック用のキーはあるが、エンジン始動には、差し込むキーや、イグニッションスイッチは必要ない。

キーフォブを持っていれば、エンジンがかかってしまう。

いわゆる、キーレスエントリーシステムだ。

 

しかし、少し前から、あることが気になっていた。

それは、部屋にキーフォブを忘れてきたにもかかわらず、エンジンがかかってしまったのだ。

 

「そんなに遠くまで、電波が届くものなのだろうか?」

と、気になっていた。

 

今回は、純正スマートセキュリティシステムの設定について。

   

キーフォブ

私のハーレーのキーフォブは、たぶんこんなやつ。

 

 

キーフォブは、日本の関係法規に適合させるため、微弱電波を使用しており、その作動範囲は電池の消耗度合、周囲の環境や地理的条件により変化します。

特に下記における場所・条件におきましては、作動範囲が極端に狭くなり、場合によっては全く作動せず、セキュリティの設定及び解除ができないことがあります。

・電池が消耗している場合。
・テレビ塔の近く等、強い電波を受信している場所。
・高層ビルに近い場所。
・キーフォブと車両の間に障害物がある場合。
・その他、電波を反射・吸収できる物が近くにある場合。

出典:https://rakuten.co.jp

 

これを読む限り、それほど遠くまで電波が届くことはなさそうだ。

 

どうやら、セキュリティシステムは、後付もできるようだ。

 

セキュリティ設定

詳しい設定方法はわからないが、キーフォブとハーレー本体のセキュリティ設定をする必要がある。

この設定は、ハーレーダビッドソンの正規ディーラーでやってもらえる。

 

セキュリティ設定の際には、ある数字を含まない、○桁の暗証番号を設定する。

セキュリティ上、ある数字と桁数は書かないことにする。

 

そして、この5桁の暗証番号は、エンジン始動にも関係しているのだが、そのことも、セキュリティ上、書くことは控えることにする。

 

セキュリティ設定がきちんと行われていると、メーター内の赤いランプや、ウィンカーランプの点滅で、きちんと、セキュリティが作動していることが確認できる。

 

セキュリティ設定がきちんとできている場合、当然だが、近くにキーフォブがなければ、エンジンを始動することはできない。

おわりに

キーフォブとハーレー本体は、セキュリティ設定をする必要がある。

この設定は、ディーラーでやってもらう。

 

そのことを今日、知った。

そして、もちろん、セキュリティ設定がされていなかった。

 

そのため、キーフォブがなくても、エンジンがかかってしまったのだ。

これまでは、盗もうと思えば盗めた状態だったのだ。

 

もしも、エンジンを切ったときに、ウィンカーランプや、メーター内の赤いランプが点滅しない場合は、早急にディーラーで設定してもらったほうがいい。

その際は、バッテリートラブル改善のアップデートについても確認しよう。

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました