ハーフヘルメットとベースボールキャップ【ハーレー乗りのヘルメット選び】

   
HELMET
この記事は約5分で読めます。

先日、TT&CO. の「USA イーグル ハーフヘルメット」を買ったのだが、数日後、サイトをチェックしてみたら、私が買ったブラックの M/Lサイズは、在庫切れになっていた。

 

やはり、あのとき買っておいて良かった。

TT&CO.のUSA イーグル ブラックも買ってみた!【ハーレー乗りのヘルメット選び】

 

TT&CO. の「USA イーグル ハーフヘルメット」はAmazonにも出品されているが、いまは、どうだろうか?(発送元が一緒なので、どこで調べても在庫は共通)

 

 

今回は、半ヘル(ハーフヘルメット)とベースボールキャップについて、あることに気がついたので、それについて書いてみる。

   

USA ジョッキー ハーフヘルメット

TT&CO.の「USA ジョッキー ハーフヘルメット」は、小さなツバがついている。

 

 

このツバは、わりと便利だ。

バイザーとしての役目を、しっかりと果たしてくれる。

 

しかし、ベースボールキャップの上から、さらにツバのあるヘルメットをかぶるのも、少し違和感がある。

 

かぶってかぶれないこともないが、やはり、ベースボールキャップをかぶるなら、ツバはないほうがいいと思う。

 

TT&CO.USA ジョッキー ブラックが届いた!【ハーレー乗りのヘルメット選び】

USA イーグル ハーフヘルメット

そこで、ツバのないハーフヘルメットといえば、TT&CO. では、「USA イーグル」だ。

 

 

「USA イーグル」をかぶった感じとしては、頭の後ろの部分が、ダックテールのように少し開くのが、個人的に少し気になる。

 

私は、クールマックスの「ヘルメットインナーキャップ」などを、好んでヘルメットの下にかぶっているのだが、「USA イーグル」だと、「ヘルメットインナーキャップ」が、けっこう見えてしまい、見た目的に、あまりよろしくない。

 

やはり、「USA イーグル」は、ベースボールキャップをかぶって、その上からかぶるのに適しているように思う。

 

そもしくは、何もかぶらずに、「USA イーグル」だけでかぶるか。

しかし、「USA イーグル」の内装は洗えないので、衛生的には、あまりおすすめではない。

 

ベースボールキャップをかぶり、その上から「USA イーグル」をかぶって、お気に入りのサングラスをすれば、「いかにも」な、ハーレー乗りの出来上がりだ。

 

出典:https://www.ttandco.com/

ベースボールキャップとヘルメットの相性

「USA イーグル」の下に、ベースボールキャップをかぶるのはおすすめだが、気をつけたいこともある。

 

それは、

かぶるベースボールキャップの正面のパネル(レンゲ)が、しっかりとしているものは適さない。

ということだ。

 

ベースボールキャップの正面のパネル(レンゲ)とは、よくロゴやエンブレムなどがついている部分のことだ。

 

その部分が、高校球児のようにカチッとしているものは、ヘルメットとなじまず、ハーレーに乗っていると、風圧で浮いてきてしまう。

 

また、バイザー(ツバ)が真っすぐのタイプも、ヘルメットとなじまないと思うので、ある程度は、ツバがセンターで折れ曲がるタイプのほうがいい。

おわりに

「USA イーグル」が届いてから、何種類かのベースボールキャップをかぶってみたが、やはり、キャップの正面のパネル(レンゲ)がしっかりとしているものは、ハーレーに乗っていると風圧で浮いてくる。

 

おそらく、頭とキャップの間、キャップとヘルメットの間に、それぞれ隙間ができていて、そこに風が入ってくるからだと思う。

 

パネル(レンゲ)の柔らかいタイプのキャップで、ヘルメットとの馴染みがいいキャップの場合は、あご紐をしっかりと締めてさえいれば、ヘルメットが浮いてくるようなことはない。

 

(事故に遭ったときの)安全性を考えると、半ヘル(ハーフヘルメット)は、決して人に勧められるものではないが、個人的には、おそらく、これからも暑い時期には、半ヘル(ハーフヘルメット)を使い続けると思う。

 

ということで、半ヘル(ハーフヘルメット)がおすすめとは言えないが、もしもベースボールキャップの上に、半ヘル(ハーフヘルメット)をかぶるのであれば、なるべくキャップとヘルメットとの間に、隙間ができないような組み合わせを見つけることをおすすめする。

 

走っていて、ヘルメットが浮いてくるなんて危険、というよりも、ハーレー乗っていても楽しめない。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました