そうだ、ハーレーに乗ろう!思考は現実化するのか?

   
Harley-Davidson HARLEY'S LIFE
この記事は約6分で読めます。

じつは、「そうだ、ハーレーに乗ろう!」と、まるで京都へ行く(「そうだ、京都行こう。」by JR東海)かのように思ったのは、2019年の年始だった。

 

毎年、年の始めには、それなりの「抱負」のようなものを抱くものだが、これまでに、その「抱負」が実現した記憶はない。

 

その理由は、おそらく、「行動」しないからだと思う。

 

いくら「思考は現実化する」とはいっても、何も行動しなければ、夢は実現しないのだ。

   

思考は現実化する?

昔から言われているように、ほんとうに、「思考は現実化する」のだろうか?

 

はっきりしているのは、

〇〇したい

〇〇が欲しい

といった「思考」や「願い方」では、その夢は叶わない。

 

そのような「願い方」によって叶うのは、

〇〇したい現実」(つまり、できない)や、

〇〇が欲しい現実」(つまり、欲しがり続けている)

なのだ。

 

つまり、しっかりと「思考は現実化する」のだ。

人生は勘違い合戦

人生とは、

勘違い合戦

らしい。

 

いかに、現状に左右されることなく、

なりたいものになれる

欲しいものを手にいれることができる

と、信じきることができるかが重要だ。

 

現状なんて関係ない。

現状を冷静に分析して、一生懸命に頭で考えたところで、導き出される答えは、

たぶん・・・ムリだな。

というものだ。

 

できそうなことなら、とっくにやっているはずだ。

答えは、現状の延長線上にない可能性のほうが高い。

 

現状の延長線上であれば、たいていのことは見通せるので、「ムリなものはムリ」だという答えに辿り着いてしまう。

   

夢を叶えるプロセス

なりたい自分になる

欲しいものを手に入れる

などといった、夢が叶うプロセスは、以下の手順によって現実化する。

 

思考 → 言葉 → 行動

 

けっこう、単純だ。

 

思考:「そうだ、ハーレーに乗ろう!」と「思考」する

言葉:それを誰かに話したり、文章にしたりして「言葉」にする

行動:実際に、誰かに話したり、雑誌を買ったり、ネットで調べたり、ディーラーへ行くなどの「行動」をする

 

当たり前だが、最後の「行動」が最も重要だ。

 

しかし、そもそも、その「思考」がなかったら、「行動」することはない。

だから、やはり「思考」が現実化するのだ。

行動で叶う

思考」するだけなら、誰にでもできる。

しかし、「思考」するだけでは、目の前にハーレーは出現しない。

 

思考」は「言葉」にする必要があるのだ。

運が良ければ、それだけで、ハーレーが手に入るかもしれない。

 

その「言葉」を聞いた誰が、

「乗ってないハーレー、邪魔だから、乗るならあげるよ!」

ということだって、ないわけでもない。

 

「ハーレーに乗ろう!」と、SNS上で呟いても、同様のことが起こるかもしれない。

 

しかし、「思考」を「言葉」にしなかったら、そのようなことは、まず起こらない。

 

普通の人は超能力者ではないので、「そうだ、ハーレーに乗ろう!」という「思考」を、読み取ってはくれない。

 

「思考」は、「言葉」にしてこそ、意味があるのだ。

 

また、誰かに、

「これから、ハーレーに乗ろうと思ってるんだけど・・・」

というのは、

「言葉」であると同時に、誰かに話しをするという「行動」でもある。

 

 

「そうだ、ハーレーに乗ろう!」と「思考」をして、それを、誰もいないところで、それを呟いても、ハーレーは出現しない。

 

一方、ディーラーへ出向いていって、

すみません、これが欲しいです!」と言って、欲しいハーレーを指させば、長期ローンの組み方とか、いろいろ相談に乗ってくれると思うので、

気がついたら買ってしまった!

というようなことがになるかもしれない。

   

支払いは別の問題

「ハーレーに乗ること」と、「支払いをどうするのか」ということは、じつは別の問題だ。

 

人によっては、節約したり、副業したり、バイトしたり、保険を解約したり、株を売ったり、仮想通貨(暗号資産)を売ったり・・・何かしら方法は、あるはずだ。

 

また、たとえば、

ハーレーを買うために副業をする

のと、

ハーレーを買ってしまったから副業をする

のは、同じようで同じではない。

 

前者は、困難にぶつかると、簡単に諦めてしまうが、後者は、そう簡単に諦めるわけにはいかない。

そのため、上手くいくまでやり続け、結果、稼げるようになったりする。

 

とりあえず、

払えないかもしれない

払えるわけない

というような「思考」が、「手に入らない現実」を作り出してしまうので、全力で、「手に入る」と勘違いすることが重要だ。

おわりに

欲しいものを手に入れるのは、案外、簡単なのだ。

 

手に入らない最大の理由は、

「欲しいけど買えない」という「思考」だ

 

まずは、「思考」を「買えない!」から「買える!」に変えてみる。

 

そして、それを「言葉」にして、誰かに伝えてみる。

 

さらに、それを手に入れるために、できる限りの「行動」をする。

 

しかし、

「買える!」

と思っているつもりでも、じつは、本心(深層意識・潜在意識)では、

「いやいや、そんなこと言っても、ムリなものはムリでしょ!」

と思ってしまっては、もちろん叶うのは、「ムリ」のほうだ。

 

人生は、勘違い合戦だ。

 

ただ、

ムリなことは何もない

と勘違いすればいいのだ。

 

買えるか、買えないか」という問題ではなく、

「ハーレーに乗る」ことを前提として「思考」し、それを「言葉」にして、実際に「行動」すればいいのだ。

 

余の辞書に不可能という文字はない

と、声に出して言ってみよう(笑)

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました