ハーレー乗りのブーツの選び方【種類・タイプ・製法・ソール・素材・カラー】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SWL ブーツ APPAREL-GEAR
この記事は約3分で読めます。

ハーレーに乗るようになって、ブーツが欲しくなったのだが、いざ、ブーツを買おうと思うと、けっこう迷う。

 

ブーツについて、いろいろ調べてみて、迷う理由が分かった。

それは、ブーツには、どのような種類や違いがあるのか、ということが、ぜんぜん分かっていなかったからだ。

 

今回は、ハーレー乗りのブーツの選び方について。

最後に、私なりのブーツ初心者向けの、ブーツ選びの3ステップを紹介しようと思う。

   

エンジニアとレースアップ

ブーツにもいろいろあるが、ハーレー乗りにとってのブーツ選びは、大きく分けて、次の2つだと思う。

レースアップブーツ

レースアップブーツは、布や革製のシューレース(靴紐)で編み上がるタイプのブーツ。

エンジニアブーツ

エンジニアブーツは、筒状のシャフトに足を差し込んで履く形状のブーツ。

製法

ブーツの製法には、次のような製法がある。

 

・グッドイヤー製法
・マッケイ製法
・ステッチダウン製法
・ハンドソーン製法
・ノルウェージャン製法
・セメント製法

など、いろいろあるが、私はあまり詳しくないし、こだわりも少ない。

 

製法については、こだわりがある人は、こだわってほしいのだが、見た目に影響するのは、ソールの種類だ。

   

ソール

ソールの種類にもいろいろあり、履き心地に大きく影響するわけだが、見た目的に影響するのは、次の2種類だと思う。

トラクションソール

トラクションソールは、軽くてクッション性に優れているソールで、見た目は白い。

ラグソール

ラグーンソールは、無骨で重さがあり、見た目は茶色や黒い。

ブーツ選びで大きく迷うのは、色だ。

具体的には、ブラック(黒)とブラウン(茶)、もしくはレッド(赤)などで迷う。

 

実際には、後々、複数の色のブーツを買うことになると思うが、まず1足を買うととなると、大いに迷ってしまうが、ここは好みだ。

   

素材(レザー)

新品状態では、あまり違いが分からないかもしれないが、長年履き込んだときの経年変化に、大きく違いが出るのが、使う素材(レザー)の違いだ。

プルアップオイルドレザー

履き込むことで、履き皺やキズ、擦れなどが刻まれるが、クロムエクセルレザーとは異なり、擦れた部分も同じカラーなので、メンテナンス次第で状態をキープできる。

経年変化後でも、発色の良さはほとんど変わらない。

クロムエクセルレザー

履き込んで出来た擦れやキズの部分には、表面が削れることで茶芯(革の芯には染料が染み込んでいない状態)が現れる。

プルアップオイルドレザーの経年変化とは異なり、新品の時とはまた違った表情になり、クロムエクセルレザー(茶芯レザー)特有のエイジングを楽しむことができる。

まとめ(3ステップ)

ブーツには、タイプ、素材、製法、ソール、カラーなど、たくさんある。

そして、それらを組み合わせると、何通りにもなる。

 

調べてみて気がついた、個人的なブーツ初心者のブーツ選びの方法(3ステップ)としては、

 

① タイプを決める(レースアップブーツ or エンジニアブーツ

② ソールの種類を決める(トラクションソールソール or ラグーンソール

③ カラーを決める(ブラック or ブラウン or レッド

 

という感じだと思う。

 

さらに余裕がある人は、素材(レザーの種類)製法に拘るといいと思うが、素材やソール、製法によって、価格がけっこう変わってくる。

 

そこまで拘りがない人や予算がない人、まだ、そこまで分からない人は、上記の3ステップで決めれば、ある程度、好みに近いブーツ選びができると思う。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました