TERNUA(テルヌア)のポーラテック製フリースはインナー(中間着)にオススメ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
POLARTEC APPAREL-GEAR
この記事は約6分で読めます。

私が、「あのとき、買っておいてよかった!」と思ったもののひとつに、「TERNUA(テルヌア)」のポーラテック製フリースがある。

 

私は、フリースがけっこう好きなのだが、「TERNUA(テルヌア)」のポーラテック製フリースは、かなりオススメだ。

 

いや、実際には、「TERNUA(テルヌア)」でなくてもいいかもしれない。

私が言いたいのは、少しくらい高くても、アウトドアブランドの、インナー用フリースは、オススメということだ。

   

アウトドア

寒い季節にハーレー(バイク)に乗ると、止まっているときとは比較にならないくらい寒い。

 

「寒いから、早く家に帰えろう」と思って、アクセルを多めに開けると、余計に寒い(笑)。

車と違って、暖房などないので、防寒対策は、しっかりとしなくてはならない。

 

防寒対策というと、いちばん上に着るアウターを想像する人が多いと思うが、アウトドア(バイクも外で自然と対峙するので、一種のアウトドアアクティビティだと思う。)での基本は、重ね着(レイヤリング)だ。

 

山に登る人は、みな知っているのだが、一番上のアウターだけで、どうにかしようというのは、無理がある。

アウターの大事な役割は、防風や防水だ。

レイヤリング

ハーレー(バイク)に乗って、どこかへツーリングに行く場合、朝晩は冷えるが、日中は暑いということもある。

 

また、家の近くは暖かくても、標高が高いツーリング先などは、冷え込んでいることもある。

 

そのような場合は、レイヤリング(重ね着)の知識が役に立つ。

 

とくにインナーは大事で、インナーで手を抜くと、その上にいくらいいものを着ても、台無しになってしまう。

 

そして、温度調整は、インナーとアウターの間に着るもの(インサレーション)で行うのが望ましい。

 

インサレーション(中間着)には、ダウンやフリースが、軽くて暖かい。

 

インナーの上に、フリースを着て、その上にダウンを着て、最後に、防風・防水用のアウターを着れば、温度調整がしやすい。

途中で、暑くなれば、アウターではなく、ダウンを脱ぐ。

 

逆に、はじめは、それほど寒くなくて、フリースの上にアウターを着て出かけた場合は、寒くなったら、アウターの中に、持っていったダウンを着る。

   

インサレーション(中間着)

最近では、フリースやダウンが、軽くて暖かいので、防寒対策にはオススメだ。

しかし、フリースやダウンにも、「インナー用」と「アウター用」とがある。

 

「アウター用」のフリースは生地が厚い。

そして、「アウター用」のダウンは、中身(羽毛)が多い。

 

それらを中に重ね着しようと思うと、モコモコになってしまい、大変なことになってしまう。

インサレーション(中間着)として、重ね着するためには、「インナー用」のフリースやダウンを選ばなくてはならない。

 

ダウンに関しては、もちろん、アウトドアブランドのものもいいが、ユニクロの「ウルトラライトダウン」も、昔ほど毛が抜けなくなっているので、こっこう使える。

インナーダウン

インナーダウンに関しては、ユニクロの「ウルトラライトダウン」などでも、十分、役に立つ。

 

ユニクロの「ウルトラライトダウン」は、丸めると500mlのペットボトルくらいの大きさになるので、サドルバッグに入れておくと、寒くなったときに安心だ。

 

また、アウトドアブランドの高価なインナーダウンを、丸めてサドルバッグに入れっぱなしというのも、もったいない気がするが、ユニクロの「ウルトラライトダウン」なら、たとえ着なくても許せる。

   

フリース

フリースに関しては、やはりアウトドアブランドのものがいい。

「インナー用」のフリースは、アウトドアショップなどで買える。

 

ブランドにこだわりがない人は、「mont-bell(モンベル)」が、コスパが極めて高いので、オススメだ。

 

また、「ワークマン」も、最近、人気のようだ。(ワークマンは、アタリとハズレが激しいので注意!)

 

ちなみに、フリースを、アウトドアで活躍するウェアにしたのは「Patagonia(パタゴニア)」だといわれている。

 

また、フリースといえば、「POLARTEC(ポーラテック)社」が最も知られていてるので、POLARTEC(ポーラテック)社製のフリースなら、まず安心だ。

フリースの長所と短所

フリースの最大の長所は、薄くて、軽くて、ストレッチ性があり、暖かいことだ。

 

一方、

フリースの最大の短所は、防風・防水性がないことだ。

 

そのため、フリースは、アウターとしては適さない。

アウトドアにおいて、フリースは、インナーとして活躍する。

 

安いフリースで暖かさを得るためには、生地を厚くする必要がある。

それらは、モコモコで、とてもインナーとしては使えない。

部屋着などになら、それでもいいかもしれない。

 

一方、薄くても暖かいフリースがある。

アウトドアブランドのフリースは、高価だが、薄くても暖かい。

   

TERNUA(テルヌア)

私が、「TERNUA(テルヌア)」のポーラテック製フリースを買ったのは、ハーレーに乗るなんて思ってもみなかったころだ。

 

それがいまでは、秋以降の、ハーレーツーリングに役立っている。

 

「TERNUA(テルヌア)」は、クジラの尾びれのロゴマークがトレードマークの、アウトドアブランドだ。

 

「TERNUA(テルヌア)」のポーラテック製フリース価格は、1万円くらいだったと思うが、ポーラテックの「Micro Series」なので、薄くて、軽くて、暖かい。

 

じつは、フリースの短所は、他にもある。

 

フリースは、重ね着をすると静電気が発生しやすいということだ。

 

しかし、私が買った「TERNUA(テルヌア)」のポーラテック製フリースは、ほとんど静電気が発生しない

 

2万円くらいする「Haglöfs(ホグロフス)」のフリースでも、静電気が発生したので、これはすごいことだと、感動したのを覚えている。

おわりに

ものによっては、ユニクロやワークマンなどの商品のなかにも、使えるものはあるが、少しくらい高くても、よいものを買ったほうがいいものもある。

 

今回、紹介したフリースの他にも、靴やブーツなどは、ブランドや価格によって、作りがまるで違う。

 

本来なら、すべてにおいて、最高のものを買いたいところだが、なかなかそうもいかない事情もあることだろう。

 

ただ、長く使えれるものであれば、安物を使い捨てにするよりも、トータルでは安上がりになることもあるので、「これだ!」と思ったものは、迷わず買ってしまった方がいいと思う。

 

ということで、いつ買ったのか忘れてしまったが、「TERNUA(テルヌア)」のポーラテック製フリースは、買っておいてよかった。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました