ハーレー乗りの寒さ対策【冬服はどこで買うべきか?】

   
ハーレー ジャケット APPAREL-GEAR
この記事は約6分で読めます。

安全性云々を抜きにすれば、夏は、ジーンズにTシャツ、スニーカーという軽装でもハーレーに乗れてしまう。

しかし、寒くなると、そうはいかない。

 

そこで、寒さに負けない装備が必要になるのだが、それには、いくつかの選択肢がある。

 

今回は、冬の寒い季節にハーレーに乗るときに着るウェアは、どこで買ったらいいのかについて。

   

バイク用品店

バイク用品店へ行けば、バイク用の防寒ウェアやグッズを買うことができる。

 

素材は、レザーやナイロンで、風を通しにくい。

また、肘や背中などには、プロテクターがしっかしと入っている。

 

プロテクターは脱着可能でも、バイク用品店にあるウェアは、バイク用のライディングジャケットなので、基本的には、バイクに乗るときの専用ウェアだ。

 

ファッション性を最優先にしないない人は、とりあえずバイク用品店へ行ってみるといい。

機能性については、問題ないと思う。

 

そして、バイク用品店へ行けば、基本的に、バイクに乗るために必要なもので、揃わないものはない。

アウトドア用品店

バイク用品店にある商品は、どちらかというと、ネイキッドやSS(スーパースポーツ)のライダー向けという感じだ。

そのため、あまり、ハーレー乗りの好みではないかもしれない。

 

コテコテのバイク用のライディングジャケットが、デザイン的に好きでない場合は、他のウェアを探すことになる。

 

そのひとつが、アウトドアウェアだ。

 

登山やキャンプなどで着用するアウトドアウェアは、厳しい自然環境に負けないタフな作りになっていることが多い。

 

また、保温性、防水性、防風性、そして動きやすさなど、バイクウェアとして使える要素も多い。

 

そして、アウトドアウェアのいいところは、今や、着る場所を選ばない万能ウェアだということだ。

 

最近では、タウンユースにも使えるアウトドアウェアが、各ブランドから数多く販売されている。

 

そのため、アウトドアシーンで役立つ機能性と、タウンユースで着こなしやすいファッション性を兼ね備えた製品が種類多くある。

 

つまり、いまや、アウトドアウェアは、高機能なお洒落アイテムでもある。

 

バイク用のライディングジャケットの普段使いは、難しいかもしれないけど、アウトドアブランドのウェアなら、普段使いもできる。

   

ワークマン・ユニクロ

じつは、意外と侮れないのが、ワークマンユニクロだ。

 

とくに、インナーなど、内側に着るものであれば、外からは見えないので、抵抗も少ないかもしれない。

 

ユニクロのウルトラダウンジャケットなどは、利用しているバイク乗りも多いのではないだろうか?

 

また、ワークマンは、もともと、過酷な環境で働く人のためのウェアを、開発して販売している企業だ。

 

最近では、売上も好調で、様々なヒット商品も手掛けている。

 

ワークマンには、当然として、防水防寒ジャケットのようなアウターもある。

 

また、雨を弾く防寒撥水ジーンズ防風ウォームパンツヒーター付き電熱ベストなど、ユニークな商品も数多くあり、人気となっている。

 

しかも、ワークマンの価格は、驚くべき安さだ。

 

もちろん、使えるものと使えないものが、はっきりとしているので、見極めは必要になるが、ワークマンやユニクロは、価格が安いので、いいものを見つけたときのコスパは抜群だ。

 

デザイン的には、ハーレー乗りが気に入るとは言い難いかもしれないが、最近では、意外と侮れない。

 

【関連記事】

ワークマン 4D 防風 ウォームパンツ STRETCH は真冬のバイクツーリングに耐えられるのか?

ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディーは真冬のバイクツーリングに耐えられるのか?

ミリタリーウェア取扱店

個人的には、これが好きなのだが、ミルスペックのミリタリーウェアも、バイクウェアとして使える。

 

そして、ミリタリーウェアは、デザイン的にも、ハーレーに似合うと思う。

 

ミリタリーウェアといえば、ALPHA INDUSTRIES(アルファ・インダストリーズ)が老舗のブランドだ。

 

ミリタリーウェアのなかでも、

・MA-1
・N-3B
・N-2B
・M-65

などが有名だ。

 

これらの素材は、ナイロン生地だ。

もともと、軍隊では革製のジャケットが主流だったが、汗や水分によって、生地が凍ってしまうのを防ぐために、ナイロン生地が使われるようになったようだ。

 

映画『トップガン』で、トム・クルーズ氏が着用して大ブームとなった、革製のフライトジャケット『コックピットUSA(G-1)』というモデルもあるが、ミリタリージャケットの多くは、ナイロン素材や厚手のコットン素材だ。

 

個人的には、ハーレーとミリタリーウェアは、相性がいいと思う。

   

ハーレーディーラー

ハーレーダビッドソンの正規ディーラーでも、一通りのウェアやギアが揃う。

品質も悪くないと思うが、価格もそれなりに高い。

 

そして、ハーレーダビッドソンのディーラーにある多くの製品には、「HARLEY DAVIDSON」のロゴが、しっかりと主張している。

 

それが嫌でない人は、ディーラーで、一式揃えてもいいかもしれないが、ロゴ入りの製品が、好きではない人も多いかもしれない。

 

個人的には、メンズよりもレディースのほうが、デザインやシルエットがいいように思う。

ハーレー向けセレクトショップ

ハーレー専門というわけでもないと思うが、ハーレー乗りが好みそうなものだけを、取り揃えているブランドやセレクトショップもある。

基本的にはアメカジが多いが、そのようなショップは、いいものだけを取り揃えているので、価格は高い。

 

また、ショップのオーナーやスタッフが、バイク(ハーレー)乗りであることも多く、バイク(ハーレー)に乗ること知り尽くした、かゆいところに手が届く商品が多いのも特徴だ。

 

たとえば、

・IRON HEART(アイアンハート)
・WESTRIDE(ウエストライド)
・GLADHAND (グラッドハンド)
・Dry Bones(ドライボーンズ)
・FREE RIDE(フリーライド)

などといったショップがある。

おわりに

ハーレー乗りとしては、できれば、お洒落で高機能なセレクトショップのウェアでキメたいところだ。

しかし、金銭的な制限もあるだろう。

 

そこで、機能性とファッション性でいえば、個人的には、アウトドアウェアや、ミリタリーウェアもオススメだと思う。

 

また、本来は、見えないところまで手を抜かないのが、本当のお洒落なのだが、使えるお金に制限がある場合は、見えないところでは、ユニクロやワークマンなども、上手く使いたいところだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました