MV AGUSTA(MVアグスタ)BRUTALE 1090 RRとのツーリング【イタリアの走る宝石 】

   
MVアグスタ BRUTALE 1090 RR TOURING
この記事は約4分で読めます。

イタリアの「走る宝石」と讃えられる MV AGUSTA(MVアグスタ)

 

私の住む街では、フェラーリよりも見かけることは少ない。

 

というか、これまでに、見かけた記憶はない。

 

調べてみると、私の住む地域にも、国産車と一緒に MV AGUSTA(MVアグスタ)を取り扱っているバイクショップがあることが分かった。

 

少し遠いが、今度、行ってみようと思う。

 

しかし、今回、そんな、MV AGUSTA(MVアグスタ)を、間近でみる機会を得ることができた。

   

MV AGUSTA(MVアグスタ)

MV AGUSTA(MVアグスタ)は、なんというか、セクシーで美しいバイクだ。

 

今回、縁あって、そんな MVアグスタの「BRUTALE 1090 RR」と一緒に走ることができた。

 

MVアグスタ BRUTALE 1090 RR

 

はっきり言って、ハーレーで、ついていけるはずもないのだが、後ろについて走っていると、気持ちよくコーナーを抜けていく姿は、「これぞバイクの醍醐味」といった感じで、見ているだけで気持ちがいい。

 

それに対して、重たいハーレーは、とにかくコーナリング中は、我慢の連続だ。

 

必死でリアブレーキを使って、膨らみを押さえながら、出口までパーシャルで我慢して走るのだが、この我慢は、けっこうなストレスだ。

 

まぁ、私に、もう少しライディングの腕があれば、ハーレーでも、気持ちよくコーナーを駆け抜けることができるのかもしれないが…

 

もちろん、乗り手の上手さもあっただろうが、MVアグスタ「BRUTALE 1090 RR」は、「水を得た魚」という言葉がぴったりなくらい、スイスイとコーナーを曲がっていった。

 

やはり、バイクという乗り物は、コーナリングが楽しくなければいけないと、しみじみ思う。

   

ハーレー

私のハーレー(FLHC)は、やたらホイルベースが長い

 

以前は、それがカッコよくも思えたものだが、いまでは、「なんで、こんなに長いんだ⁉」と思う。

 

高性能なスポーツバイクは、どれもホイルベースは短く、コンパクトにつくられている。

 

そして、車重も軽い。

 

それらは、同じ2輪車でありながら、まるで違う。

 

ないものねだりかもしれないが、やはり、ハーレーとは間逆な、コーナーを軽快に走るために作られた、スポーツバイクが欲しくなる。

 

というか、乗ってみて分かったのだが、私の好みのバイクは、ハーレーではなかったのかもしれない。

 

しかし、そもそも、ハーレーに乗りたいと思わなければ、大型自動二輪の免許を取ることもなかったと思うので、ハーレーに乗ったことは無駄ではなかっただろう。

 

また、乗らなけれなば乗らないで、乗ってみたくなったことだろう。

 

人生、何がどう転ぶか、わからないものだ。

おわりに

ハーレーに乗っておきながら、なんなのであるが、私は、アメリカンよりも、ヨーロピアンのほうが、好みなのかもしれない。

 

車にしても、シェルビー・アメリカンなどのアメリカ車もいいとは思うが、基本的には欧州車のほうが、圧倒的に魅力的だ。

 

そして、やはり、バイクも欧州車に魅力的なものが多い。

 

しかし、ひとくちに欧州車といっても、それぞれのお国柄の違いから、車やバイクのデザインも、様々だ。

 

ドイツ車らしいBMW、イギリス車らしいトライアンフ…などもいいが、なんと言ってもイタリア車は魅力的だ。

 

乗りこなせるかは別として、イタリア車は、とにかく美しく、そのデザインだけで欲しくなる。

 

「カッコいい」という若干、幼稚な形容詞は、イタリア車には似合わない。

 

車もそうだが、イタリア車は、「カッコいい」というよりは、「美しい」とか「セクシー」と言ったほうがしっくり来る。

 

調べてみると、イタリアには、日本とは比べ物にならないほど多くのバイクメーカーがある。

 

そのなかでも、モビータ、MVアグスタ、ドゥカティ、アプリリアなどは、日本でもわりと有名だ。

 

MVアグスタ、ドゥカティ、アプリリアあたりは、モデルにもよるが、決して手が届かない価格帯ではないので、なんとか所有できないものかと企んでいる。

 

最後に、今回、一緒に走ってくれた MVアグスタ「BRUTALE 1090RR」のオーナーは、このサイトを訪れてくれている読者の方で、人生やバイク乗りとしての大先輩だ。

 

読んでくれているだけでもありがたいのだが、今回、わざわざツーリングに誘っていただき、ほんとうに、ありがたいかぎりだ。

   

コメント

  1. トムクル より:

    お疲れ様でした。 いつも楽しく拝見しています。
    『乗ってみて分かったのだが、私の好みのバイクは、ハーレーではなかったのかもしれない。』この下りは、まさに私もそう思いました。走りはハーレーのそれではなくて、コーナーを気持ちよく抜けるタイプで、峠向きと思いました。免許とって1年未満とは思えないです。 
    でもハーレーに出会って免許とって、新しい楽しみが出来るって、良いですよね。バイクの楽しさ無限大♪です。。 私も逆にレトロなブリテッシュバイクが楽しみです。 又よろしくお願いします。

    • HIRO CRUISE HIRO CRUISE より:

      トムクルさん、昨日は大変お世話になり、ありがとうございました!
      次回も、楽しみにしています!
      速い人と走ると、いつも、楽しさが半分、もどかしさが半分です。

      走りのスタイルの好みは、どのように決まるのか不思議です。
      生まれもっての性格なのか、あるいは憧れなのか。。

      BRUTALE 3気筒のエントリーモデル「BRUTALE 800 ROSSO」が、もうすぐ発売になりますね。
      アグスタの3気筒、すごく気になってます!

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました