2020年5月のツーリング記録 3【ハーレーとボバーTFCツーリング1回目】

   
TOURING
この記事は約5分で読めます。

MVアグスタの ブルターレ800ロッソ が2020年の4月29日に納車になり、翌30日は、師匠のトムクル氏と、アグスタWツーリングに出かけた。

 

2020年5月のツーリング記録 2【ブルターレWツーリング 1回目】

2020年5月のツーリング記録 2【ブルターレWツーリング 1回目】
2020年5月のツーリング記録がまったく残せていなかったのが、ずっと気がかりのまま、6月になってしまった。 もうじき梅雨入りだ。 基本的には、雨が降れば、まずバイクには乗らないし、降らなかったとしても、この季節は...

 

5月1日は仕事だったが、2日からはゴールデンウィークで仕事は休みだった。

 

2020年のゴールデンウィークは、気候もよく、コロナ自粛で道路も空いていて、ツーリングにはもってこいの日が多かった。

 

そして、連休初日の5月2日は、早速、ツーリングに出かけたのだが、今回は、ハーレーで行くことにした。

 

その理由は…

   

トライアンフの限定車 ボバーTFC

MVアグスタのブルターレ800ロッソを納車したばかりだったので、ブルターレにも乗りたかったが、今回は、ハーレーを選んだ。

 

その日は、トムクル氏のトライアンフの限定車「ボバーTFC」の納車日だった。

 

Bobber TFC

 

「ボバーTFC」には、ハーレーのほうが相性がいいような気がする。

 

「ボバーTFC」の納車も、なんとかゴールデンウィークに間に合ってよかった。

 

このバイクは、私も欲しいと思っていて、お金もないのに、もう少しでオーダーしそうになったバイクだ(笑)

 

しかし、ハーレーと「ボバーTFC」の2台持ちというのも、あまり意味がなさそうだと思い、かろうじて思いとどまったという経緯がある。

 

たしか、2020年の正月くらいだったと思う。

   

ハーレーは楽ちん

今回は、集合場所が少し遠く、高速に乗って行く必要があったが、そういうときに、ハーレーは楽ちんだ。

 

 

ブルターレに乗るようになって、ハーレーの快適さが余計にわかるようになった。

 

ハーレーには、クルーズコントロールもついているので、高速走行中は、アクセル操作も最低限ですむ。

 

風防(ウインドスクリーン)をつければ、もっと快適なのだが、それがあまり好きではないことには、実際に、ハーレーに乗るようになってから気がついた。

 

納車時についていた純正のウインドスクリーンもパニアケースも、早々に外してしまったので、なんだかもったいないのだが、私は、やはり、ボバースタイルが好きなので仕方がない。

 

HARLEY DAVIDSON

 

ということで、待ち合わせのパーキングに着いて休んでいると、「ボバーTFC」に乗ったトムクル氏がやってきた。

アメリカンというよりは SS ⁉

「ボバーTFC」のデザインは、高級感があり、かなりかっこいい。

 

Bobber TFC

 

また、ハーレーと比べれば、ほとんどのバイクがそうなのだが、なかなかコンパクトにまとまっている。

 

「ボバーTFC」は、一応、アメリカンにカテゴライズされるのだと思うが、セパハンということもあり、実際には、SSのほうに近い感じだ。

 

ただし、バンク角の少ないSSだ。

 

ハーレーもそうだが、気持ちよく倒していこうとすると、いとも簡単に「ガリガリ」とステップを擦ってしまう。

 

ハーレーとBobber TFCで、ステップを擦りながら峠を走ることとなった。

   

おわりに

ツーリングの途中で、私も、少しだけ「ボバーTFC」に乗らせてもらったのだが、乗り心地は、かなり硬かった。

 

ハーレーは言うに及ばず、ブルターレよりも硬い。

 

そのあたりを含め、トムクル氏のブログには、その日のツーリングの様子が、写真とともにまとめれれている。

 

詳しくは、そちらをご覧いただきたい。

 

ボバーTFCで初ツーリング

ボバーTFCで初ツーリング
5月2日コロナ真っ盛りの中、朝一番で車でディーラーに向かって無事納車。今日はこの足で山梨方面にヒーロー氏とツー…

 

「ボバーTFC」の乗り心地は、日本のワインディングを走るには、ちょっと厳しいが、エンジンフィールやパルス感、パワーやトルク、エキゾーストサウンドなどは、なかなかいい感じだ。

 

なかなか試乗できるような種類のバイクではないので、乗ることができてラッキーだった。

 

「ボバーTFC」について、ひとつだけ言えることは、ハーレーのようなアメリカンタイプのバイクだと思って買うと、多分、後悔することになるだろうということだ。

 

最後に、今回も、トムクルにビデオ撮影してもらったので、一応、載せておくことにする。

 

 

決してうまくはないが、ブルターレより乗りなれている分だけ、少しはマシなように思える。

 

ただ、ブルターレ用に買ったダイネーゼのジャケットは、クラシカルなハーレーには、ちょっと似合っていいないな。

   

コメント

  1. トムクル より:

    いいねー

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました