2020年5月のツーリング記録 2【ブルターレWツーリング 1回目】

BRUTALE 800 ROSSO 2020 TOURING
この記事は約5分で読めます。

2020年5月のツーリング記録がまったく残せていなかったのが、ずっと気がかりのまま、6月になってしまった。

 

もうじき梅雨入りだ。

 

基本的には、雨が降れば、まずバイクには乗らないし、降らなかったとしても、この季節は蒸し暑い。

 

そして、梅雨が明ければ、猛暑や残暑が待っているので、次のベストシーズンは、夏の終りから秋になる。

 

とにかく、カラっとしていると、気持ちがいい。

 

冬も寒さ対策さえすれば、天気が安定しているので、雨に降られる心配はないし、安全装備も身に着けやすいので、雪でも降らないかぎりは、シーズンオフと捉えるてしまうのはもったいない。

 

3月〜4月になると、徐々に暖かくなってくるが、バイクに乗るうえでは、まだ、少し寒い。

 

そう考えると、やはり5月はツーリングには最適な季節だ。

   

ネイキッドは速い

MVアグスタの「ブルターレ800ロッソ」が納車になったのは、2020年の4月29日だった。

 

コロナ禍にもかかわらず、よくゴールデンウィークに間に合ったものだ。

 

BRUTALE 800 ROSSO 2020

納車当日のブルターレ800ロッソ

 

納車当日は、ディーラーから家までの街乗りがほとんどだった。

 

両足だと、つま先しか地面につかないが、なにしろ車重が軽いので、怖さはなかった。

 

試しに、直線の国道でアクセルを開けてみたら、2速〜3速でも余裕で制限速度を超えてしまい、それ以降は書けないくらいの速度まで、一気に加速した。

 

しかも、ハーレーとは違って、それだけの速度が出ている感覚が少なく、エンジンが頑張ってる感もない。

 

とにかく、スピードの出し過ぎには、十分に注意しなければならない。

無事に納車完了

ハーレーのときは、納車初日に、家に帰ってから、見事に立ちゴケしたが、ブルターレは無事に納車を終えることができた。

 

とにかく、サイドスタンドの確認は重要だ。

 

これを怠ると、立ちゴケの要因になる。

 

納車翌日は、さっそく、師匠のトムクル氏とツーリングに出かけた。

 

もちろん、トムクル氏も、この日はブルターレ(1090)をチョイスしたので、記念すべき、第1回目のブルターレWツーリングとなった。

 

MVアグスタ自体が、日本国内では、それほど多く走ってはいないので、ブルターレWツーリングは、かなり珍しい。

 

数ヶ月前に、トムクル氏から、

ハーレーもいいけど、峠を楽しく走れるバイクを買おう!

と言われたときは、まさか、自分もブルターレに乗ることになるとは思わなかった。

 

人生というのは、つくづく、わからないものだ。

 

タイトルでは5月のツーリング記録となっているが、実際には4月30日だった。

 

しかし、1日くらいなら、5月にカウントしてもいいだろう。

   

ブルターレ W ツーリング

ということで、納車翌日は、初めてのブルターレでのツーリングに出かけた。

 

しかも、初のワインディングだ。

 

もう、1ヶ月以上も前のことなので、詳しいことは覚えていないので、詳細は、トムクル氏のログを使わせてもらうことにした。

 

当日の詳細は、こちらをご覧いただきたい。

 

MVAGUSTAブルターレW ツーリンング

https://tomkuru.com/2020/05/07/mvagusta%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%acw%e3%80%80%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%b3%e3%82%b0/

 

写真もふんだんに使われていて、時系列に従って、とてもよくまとまっていて、関心させられる。

おわりに

この日は、ブルターレでの初ワインディングだった。

 

ブルターレは、前日に納車したばかりの、初ネイキッドなので、ワインディングの乗り方がまったくもって分からなかった。

 

納車翌日ということで、当然、慣らし運転中だったが、回転数を気にする余裕もなかった。

 

トムクル氏のログのなかでは、ブルターレを手に入れた私が、「生き生きと走っていた」と書かれているが、実際には、荷重移動や曲げ方もよく分かっておらず、コーナーでは、けっこう怖かったというのが正直なところだった。

 

いまでも、まだまだだなのだが、このときは、ほんとうにブルターレの曲げ方がよく分かっていなかった。

 

セルフステアを阻害しないように、上半身の力を抜くことだけは意識したのだが、なかなか力を抜くことができなかった。

 

いま思えば、ニーグリップがぜんぜん、足りていなかった。

 

それでも、前を走ってくれる人がいると、コース、ライン取り、ペースなどについては、トレースできる。

 

そのため、ひとりで走ることに比べると、バイク操作に集中することができるので、かなりラクに走ることができる。

 

初心者のうちは、絶対に、うまい人の後ろについて走るべきだ。

 

そのほうが、絶対に上達が早い。

 

最後に、トムクル氏が撮影してくれた、この日の動画を、恥ずかしいが載せてみる。

 

なぜかウィンカーが出ているし、かなり下手なライディングではあるが、これもきっと、いい思い出となることだろう。

 

 

【関連記事】

2020年5月のツーリング記録 1【自分で書くのは諦めることに…】

2020年5月のツーリング記録 1【自分で書くのは諦めることに…】
コロナ禍まっ只中の4月下旬、MVアグスタのブルターレ800ロッソが納車になった。 なんとか、ゴールデンウィークに間に合った。 納車がゴールデンウィーク前なのか後なのかでは、大違いだ。 しかも、202...

 

2020年5月のツーリング記録 3【ハーレーとボバーTFCツーリング1回目】

2020年5月のツーリング記録 3【ハーレーとボバーTFCツーリング1回目】
MVアグスタの ブルターレ800ロッソ が2020年の4月29日に納車になり、翌30日は、師匠のトムクル氏と、アグスタWツーリングに出かけた。 ⇒ 2020年5月のツーリング記録 2【ブルターレWツーリング 1回目】 ...
   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました