2020年5月のツーリング記録 5【ブルターレのパンクとハーレーの立ちゴケ】

   
TOURING
この記事は約6分で読めます。

MVアグスタのブルターレ800が納車になってから、ハーレーに乗る機会が少なくなってしまったが、ブルターレのほうが面白いので、仕方がない。

 

絶好のツーリング日和となった5月の中旬、師匠のトムクル氏と、野反湖方面を目指してツーリングに出かける予定だった。

 

ただ野反湖を目指すのではなく、峠をつないで走るルートだ。

 

ブルターレにも少しずつ慣れてきていたので、ブルターレでワインディングを走るのが、ほんとうに楽しみだったのだが…

   

まさかのパンク⁉

いつものうように、トムクル氏とパーキングで待ち合わせをし、高速道路を降りてからは、基本的に、国道や市街地がNGという、ワインディング三昧の楽しみなルートだった。

 

これは、間違いなくブルターレの出番だ。

 

ハーレーだと苦労するワインディングロードも、ブルターレならスイスイと走れて楽しい。

 

待ち合わせの時間には、まだまだ、余裕で間に合うくらいの時間に出発しようとしたのだが、ブルターレが動かなかった。

 

前日までには、気が付かなかったのだが、ブルターレのリアタイヤがパンクしていたのだ。

   

急遽ハーレーで

待ち合わせの時間に遅れないように、ハーレーを用意して、慌てて出かけた。

 

HARLEY DAVIDSON

 

待ち合わせには、間に合ったのだが、ブルターレのことが気がかりだった。

 

トムクル氏と合流すると、バイクのことなら、大抵のことは知っているトムクル氏に、パンクについて教えてもらいながら、とりあえず補修に必要なものをアマゾンで注文した。

 

具体的には、パンク修理キットと、空気入れ、エアーゲージの3点を注文した。

 

 

 

 

とりあえず、ブルターレのリアタイヤは、あとで修理するしかないので、ハーレーでツーリングに出発した。

ブルターレだったら…

ツーリングは、思った通り、ハーレーでは、ちょっと手こずる場面が多かった。

 

トムクル氏の今日のバイクは、トライアンフのボバーTFCで、こちらも、どちらかというとワインディング向きのバイクではないのだが、トムクル氏が操るボバーTFCは、峠でも速い。

 

トライアンフ ボバーTFC

 

弘法筆を選ばず」というが、やはり、経験とテクニックが違う。

 

ただ、私もブルターレだったら、おそらく、後をついていけたと思う。

 

それを思うと、ブルターレのリアタイヤのパンクが、ほんとうに残念でならない。

 

また、距離が離れすぎると、インカムが切断されてしまい、復旧に苦労する。

   

まさかの立ちゴケ⁉

今回のツーリングは、急遽、ハーレーで行くことになったのだが、トラブルは重なるものである。

 

ちょっとした油断から、Uターン時に、まさかの立ちゴケをしてしまった。

 

派手に転んだので、ヘルメットにもキズがついたり、倒れたときに打ちつけたところが、しばらく痛かった。

 

HARLEY DAVIDSON

 

いま思えば、もっと外側に重心を移すか、もしくは、もっとアクセルを開けなければいけなかったのだと思う。

 

ブルターレばかり乗っていたので、久しぶりのハーレーだったのだが、ハーレーでのUターンは、ほんとうに気をつけなくては危険なのだ。

 

これで、ハーレーのUターン時の立ちゴケは、トータルで2回目だ。

証拠写真が…

いつも、立ちゴケをしたら、証拠写真を撮っておけばよかったと思うのだが、いざ、実際に立ちゴケすると、反射的に起こしてしまう。

 

今回も、証拠写真を撮ることは出来なかった。

 

立ちゴケをしたことよりも、むしろ、そのことのほうが心残りでならない。

 

しかも、今回は、トムクル氏もいたので、倒れている私も含めて、写真に収められたはずだ。

 

ビッグチャンスを逃してしまったようだ。

 

しかし、今回は、トムクル氏もいてくれたおかげで、重たいハーレーも、簡単に起こすことができた。

 

ひとりだと、330Kgのハーレーを起こすのは、ほんとうに大変なのだ。

   

おわりに

やはり、今回の野反湖ツーリングは、ブルターレで行けたら最高のコースだったと思う。

 

野反湖

 

飲食店がほぼ自粛中で、なかなか昼食にありつけず、コンビニもないようなルートだったので、ひたすら峠を走ることになった。

 

外出自粛中は、道が空いていて走りやすかったが、飲食店や道の駅、ガソリンスタンドなども自粛してしまっていたという、良い面と悪い面の両方があったが、どちらかというと、良い面の恩恵を多く受けたと思う。

 

あれから、だいぶ日が経ってしまっているので、この日のことは、ブルターレがパンクしていたことや、ハーレーで立ちゴケしてしまったことが、強く印象に残っている。

 

やはり、トラブルは記憶に残りやすい。

 

しかし、トムクル氏とブログを読み返すと、この日は、暑くもなく、寒くもなく、渋滞もなく、最高のツーリング日和だったことは間違いない。

 

詳しくは、トムクル氏のブログをご覧いただきたい。

 

トライアンフで行く絶景野反湖

トライアンフで行く絶景野反湖 
コロナ真っ只中の5月24日、あのヒーロ氏と野反湖に行って来た。 この日はツーリングには最強のコンデション、最早…

 

このコース、今度は、ぜひ、ブルターレで行きたいものだ。

 

この辺りなら、夏でも、だいぶ涼しいはずだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました