2020年5月のツーリング記録 6【絶景の1都6県 ブルターレWツーリング】

   
ブルターレ TOURING
この記事は約6分で読めます。

世の中がコロナ禍のまっ只中の2020年5月は、MVアグスタのブルターレ800ロッソが納車になったこともあり、また、天候にも恵まれて、ほんとうによく走った。

 

ブルターレ800は、納車後の1ヶ月で2,000km走ってしまった。

 

ハーレーも含めると、1ヶ月で3,000kmは走ったことになる。

 

5月も終わろうという最後の週末、予報ではいい天気だったので、師匠のトムクル氏と5月最後のツーリングに出かけた。

   

2台のブルターレ

フルターレのパンク修理は終わっていたので、私は、もちろん、ブルターレ800で行くことにした。

 

師匠のトムクル氏は、今回は、どのバイクで来るのだろうか?

 

今回のルートも、峠三昧ということもあり、トムクル氏も、やはりブルターレ1090で現れた。

 

ブルターレ

 

やはり、峠では、バンク角を気にせずに走れるネイキッドが楽しい。

 

そういえば、まだ、一度もブルターレとボバーTFCで走ったことがない。

 

2台とも、数日違いの納車だったので、

 

納車になったら、2台で慣らしツーリングも面白そう

 

などと話していたが、ブルターレのリアタイヤパンクというアクシデントもあり、結局、いちども実現していないまま、2台とも、慣らし運転など終わってしまった感じだ。

 

それでも、いつかは、ブルターレ800ロッソボバーTFCという、コロナ渦に納車になった2台で走ってみたい。

   

ブルターレ1090

今回のツーリングでは、途中で乗り換えて、ブルターレ1090にも乗らせてもらった。

 

BRUTALE 1090

 

同じブルターレでも、ぜんぜん違うことに驚かされた。

 

ブルターレ1090は、とてもトルクフルで、パワーがあり余っている感じだ。

 

慣れないバイクということもあって、少し、怖いくらいだった。

 

ただし、バックステップとタンク形状の違いが原因だと思うが、ニーグリップが非常にしやすい。

 

足の間に、ぴったりタンクが収まり、ホールド感が素晴らしい。

 

やはり、私のブルターレ800も、ステップをバックステップに替えようと思った。

 

しかし、タンク下部の形状が若干、違うような気がする。

 

ブルターレ800のほうが、なんとなくゴツゴツしていて、収まりが悪い。

 

それでも、ブルターレ800のステップは低すぎるように思うので、いずれ、バックステップに替えようと思う。

   

クイックシフター

ブルターレ1090と比較して、ひとつだけ、ブルターレ800が勝っていると思ったのは、クイックシフター(アップ・ダウン)が装備されていることだ。

 

いちどクイックシフターに慣れてしまうと、クラッチ操作が下手になるので、クイックシフターなしのバイクに乗ると、シフトチェンジがうまくできなくなる。

 

クイックシフターがついているバイクに乗る前は、

 

「クラッチを使わなかったら、操っている感が薄れてしまい、車でいうところのオートマ車みたいになり、マニュアル車のように楽しく走れないのではないか?」

 

と思ったものだが、いざ、クイックシフターを使ってみると、まったくそんなことはない。

 

むしろ、余計な操作が減って、より走ることに集中できるので、使おうと思えば、いつでも使えるクラッチレバーを、敢えて使おうとは思わなくなる。

 

ただし、街乗りでは、1速から2速をクイックシフターでシフトアップしようとすると、ニュートラルに入ってしまったり、ショックが大きくなるので、クラッチを使うほうがいいようだ。

   

1都6県ツーリング

今回のツーリングでは、いつものごとく、ひたすら峠を走った。

 

BRUTALE 800 ROSSO 2020

BRUTALE 1090

 

途中、通行止め、突然の豪雨による雨宿り、あらたなルートの発見、野生の鹿との遭遇など、盛りだくさんだった。

 

BRUTALE 800 ROSSO 2020

雨宿り

 

晴れても、雨でも、曇でも、自然は美しい。

 

談合坂

信州

 

群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野という、1都6県を走り抜けた。

 

ブルターレ

 

今回も、たくさんの素晴らしい景色に出会えた。

 

神津牧場

 

時間は、家を出てから帰るまで、およそ12時間、距離にして500km程度のツーリングだったと思う。

 

首や手首、腰などが痛くなった。

 

もっと、上半身の力を抜いて走る必要がある。

 

また、その日は、暑さを覚悟していたのだが、雨に降られたこともあり、予想よりも寒かった。

 

冬とは違い、これからの季節は、突然の雨に気をつけなくてはならない。

 

詳しくは、例のごとく、トムクル氏のブログで。

 

⇒ ツインブルターレで行くクリスタル

ツインブルターレで行くクリスタル
何が緊急だか判らない緊急事態宣言も解除され、2台のブルターレでクリスタルツーリングしてきた。 何と言ってもこの…

おわりに

やはり、ブルターレ800(ネイキッド)を買ってよかった。

 

ハーレーだと、峠が楽しいというよりも、怖かったり手こずることのほうが多く、まったくもって楽しめない。

 

とくに、速い人や速いバイクと一緒に走るときは、ハーレーに乗っているのが、ほんとに嫌になる。

 

仮に、無理してついていったところで、怖い思いをするだけだし、危険だ。

 

ブルターレを買うまでは、そんな状態だった。

 

速いか速くないのかは、経験や練習量によって変わってくるとは思うが、峠を気持ちよく走るためには、ハーレー以外のバイクも、絶対に必要だ。

 

公道では、タイムを競うよりも、いかに気持ちよくコーナーを抜けられるのかが重要なのだ。

 

タイムアタックは、サーキットでやればいい。

 

もちろん、私も、これから装備を揃えて、サーキットも走ってみたい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました