チューブレスタイヤのパンク修理方法【パンク修理キット ミスティックタイプ】

   
パンク修理 PARTS-GEAR
この記事は約4分で読めます。

納車1,000kmという早さで、ブルターレ800ロッソのリアタイヤがパンクした。

 

とりあえず、空気入れとエアゲージ、パンク修理キットをAmazonで注文した。

 

パンク修理に必要なものが全て揃ったので、自分でもやろうと思えば出来るのだが、やったことのない作業は不安なので、ショップにお願いすることにした。

 

私は、バイクの免許を取って1年以内、しかも文系人間なので、これは仕方がない^^;

 

目一杯(3kgf/cm2ほど)空気を入れて、自宅から13kmほど離れたショップまで、60〜70km/hほどで、ゆっくりと恐る恐るに走って行った。

   

プロにお願い

今回も、ハーレーでいつもお世話になっている、個人のバイクショップでパンク修理をしてもらった。

 

オイル交換や、ちょっとした作業は、すべてこのショップでお願いしている。

 

なんでも自分でできたほうがいいのだが、ガレージも無ければ、知識や経験もない私は、プロにお願いしたほうが、時間の節約になるし、安全だ。

 

工賃も、ディーラーのように高額を請求されたりしない。

 

「じゃあ、1,000円で」

とか、

「じゃあ、500円で」

といった感じだ。

 

任せてしまえば安心なので、とても助かっている。

無事にショップへ到着

ショップに到着して、エアゲージでリヤタイヤの空気圧を測定してみると、3kgf/cm2ほど入っていた。

 

おそらく熱での膨張もあるのだろうが、20〜30分走っても、ほとんど抜けていなかったので、安心した。

 

タイヤは消耗品だが、ホイールを痛めてしまうのは困る。

 

無事にショップまで到着できて、本当によかった。

 

早速、持ち込んだパンク修理キットで、作業を開始した。

 

 

ブルターレは、ひとりが車体を傾けて、もうひとりがタイヤを回せるほど軽いバイクだ。

   

バイクタイヤのパンク修理

チューブレスタイヤ修理方法

まずは、パンクの原因となっている釘などを、ラジオペンチなどで引き抜く。

 

釘

 

次に、リーマーという千枚通しみたいな器具の針先にセメントをつけて、3回以上、グリグリと根本まで押し込む。

 

パンク修理

 

この時、エアーが抜けてくるので、その風でセメントが飛ばされてしまう。

 

そのため、ある程度、エアーを抜いてから作業したほうがいいだろう。

 

次に、ミスティックというゴムのキャップみたいなパーツにセメントをつけて、リーマーで、パンクした箇所に押しこみ、密着させる。

 

パンク修理

 

しばらくしたら、

 

パンク修理

 

リーマーを抜いて、

 

パンク修理

 

ミスティックをカットすれば、パンク修理は完了。

 

あとはエアーを入れるだけだ。

チューブレスタイヤ修理方法(説明書)

パンク修理

おわりに

今回のパンク箇所は、タイヤのセンターで、溝の中だった。

 

タイヤのセンターなので、サイドよりは減りが早そうだが、溝の中なので、ある程度は大丈夫なように思う。

 

タイヤ交換も覚悟していたが、とりあえず、エアーチェックを欠かさずに、この状態で走ってみようと思う。

 

ミスティックというパーツは、全部で3つ入っていたので、あと2回分、残っているということだ。

 

またパンクなんて困るが、やり方は覚えたので、もう、自分でできそうだ。

 

こうやってひとつずつ、覚えていくと、人生は経験の積み重ねなんだと、改めて思う。

 

バイクひとつを例にとっても、まったく何のトラブルも無ければ、それはそれで幸せなのかもしれないが、何も覚えないし、知らないままだろう。

 

人生も、いろいろなことが起こるから経験が積めるし、面白いのだろう。

 

【関連記事】

MVアグスタ ブルターレ800 ロッソ がパンク⁉【とりあえず空気入れとパンク修理キットを注文!】

バイク用タイヤの空気入れとエアゲージ【パンクしなくても持っておくべし!】

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました