ハーレーで初めての高速道路走行に挑戦!(半ヘル・サングラス・Tシャツ)

   
TOURING
この記事は約4分で読めます。

ハーレーが納車されて、1ヶ月半、ようやくいい季節になってきた。

これまでは、梅雨猛暑など、バイクに乗るには、ツラい環境だった。

 

それが、最近では、最高気温こそ30度前後と高いが、徐々に湿度が下がってきて、これまでの「じとっ」とする嫌な空気から、秋を思わせる気持ちのいい空気に変わってきた。

 

絶好のバイクシーズンが、近づきつつあるのを肌で感じる。

そんなある休日、ツーリングに出かけた。

 

そして、今回は、ハーレーでの初めての「高速道路」走行に挑戦したことについて。

   

初の高速道路

今回のツーリングは、先輩のハーレー乗りと一緒だった。

 

ツーリング前半は、ほどよい山道を気持ちよく走って行ったが、帰り道は、半ば強制的に、高速道路を使うことになった。

 

高速道路には、いつかは乗ってみようと思っていたのだが、なかなか乗れずにいた。

 

その理由は、

もう少し慣れてからにしようという思いと、もう少し涼しくなって、半ヘルではなく、ジェットをかぶるようになってからにしようと考えていたからだ。

 

しかし、先輩のハーレー乗りのスパルタ指導に従う形で、突然、高速道路に初挑戦することになった。

 

たしかに、何ごとも経験なので、やってみないと、いつまでもできるようにならないのだ。

 

しかし、問題は、半ヘルにサングラスにTシャツ1枚という超軽装だったことだ。

とはいえ、後についていくしか道はない。

乗ってみれば快適

実際に、高速道路に乗ってみると、かなり快適だった。

 

幸いこの日は、風もなく、高速道路上の混雑もなかったので、3車線の高速道路を、けっこう楽しく走ることができた。

 

流石にスピードを上げると、風圧がすごかったが、それすらも慣れるものだ。

 

高速道路は、ハーレーのエンジン性能や、カスタマイズ(チューニング)の成果を試すのに、信号が多い一般道を走るよりも、断然、よさそうだ。

 

また、ちょっとアクセルを開けたいときなどには、1区間だけでも乗ってみる、という使い方もいいかもしれない。

   

半ヘルにサングラスにTシャツ1枚

半ヘルにサングラスにTシャツ1枚という超軽装で、高速道路を走ることについては、決して推奨することはできない。

 

しかし、それほどスピードを出さなければ、危険性は一般道と同じか、むしろ周囲に余裕がある分、事故に巻き込まれる危険性は、低いくらいかもしれない。

 

とはいえ、不安な人は、完全装備で乗ったほうがいいと思う。

 

私の考えでは、

事故に遭わないことを前提とするなら、格好や装備は、なんでも一緒だ。

逆に、

事故に遭うことを前提とするなら、どんなに重装備にしたところで、それなりの被害は免れないと思う。

 

当然、私は、事故に遭わないことを前提として生きている

 

だから、必要以上に守りを固めることには、意味がないように思う。

そのあたりは、人それぞれ、独自の死生観というか、考えがあっていいと思う。

おわりに

遠くにツーリングに行くときにも、当然、高速道路は使うことになるだろうから、半ば強制的ではあったが、今回、初体験できてよかった。

 

そして、つけけたのはいいが、いちども利用していなかった「ETC」も、試すことができたので、それもよかった。

 

高速道路も、いちど乗ってしまえば、なんてことはなく、次からは、もう大丈夫だ。

 

ただし、高速道路で半ヘルは、さすがに心もとないとも言えなくもない。

 

もう少し涼しくなってきたら、半ヘルではなく、ジェットヘルメットか、SHOEI「EX-ZERO」に切り替えようと思うので、もう少し、アクセルを開けてみようとも思っている。

 

また、私のハーレーは、「ヘリテージクラッシック」なので、純正のウインドスクリーン(風防)を取りつければ、ぜんぜん風圧も違って、かなりラクに乗れそうだ。

それに関しては、冬場にでも試してみようと思う。

   

コメント

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました