荷掛けボルト4本をソフテイル・ヘリテイジクラッシック(FLHC)のフェンダーレールに取り付けてみたのだが…

荷掛けボルト PARTS-GEAR
この記事は約7分で読めます。

荷掛けボルトをヘリテイジクラッシックに取り付けてみた。

 

ボルト自体は、ホームセンターで1本100円くらいで買えそうなものだが、ハーレー用となると、2本セットで1,300円(税別)だ。

 

荷掛けボルトは、4本あったほうがよさそうだったので、2本で2,600円(税別)。

1本あたり700円ほどになる。

 

 

ハーレー用のパーツは高いが、そういうものだと思って諦めるしかない。

   

ドッキングハードウェアキット

もともと、ヘリテイジクラッシックには、両側にサドルバッグ(パニアケース)が付いていた。

 

しかし、納車後、しばらくして、外してしまった。

 

サドルバッグを外した後のネジ山には、ドッキングハードウェアキットが付いている。

 

付けようと思えば、そこにキャリア(荷台)やCCバーなども付けられるのだが、現状では、何も付いていない。(CCバーは、付けるとしてもリジットがいいかも)

 

4つのドッキングハードウェアキットに、ネットを掛けることもできるのだが、試してみたら、幅が狭すぎる気がした。

 

やはり、その外側のフェンダーレールを固定しているボルトに、掛けボルトを付ける必要がありそうだ。

T型トルクス(T-45)

フェンダーレールを固定している左右4本のボルトは、T型トルクス(T-45)で外すことができる。

 

 

けっこうなトルクで締めてあるので、緩み止めが塗ってあったこともあり、コンパクトなスタビーラチェットハンドルでは、緩めることができなかった。

 

もう少し、力が入れられる、しっかりとしたラチェットハンドルが必要だ。

 

 

くれぐれも、強引に回してネジ山を潰さないように注意が必要だ。

また、安い工具は、あまり使わないほうがいい。

 

4つのボルトを外してみると、ワッシャーが付いているのだが、一体型になっていて外れない。

 

大きめのホームセンターへ行ってみたのだが、サイズが合うワッシャーは売ってなかった。

   

ねじロック(緩み止め)

ワッシャーが手に入らなかったので、ワッシャーを入れるのは諦めた。

 

そのかわりというわけではないが、ボルトの緩み止めを買って塗ることにした。

 

ボルトの緩み止めは、低強度タイプ・中強度タイプ・高強度タイプと3種類あったが、中間の中強度を選んだ。(なんとなく)

 

 

 

 

ちなみに、どれを使っても、ボルトが外せなくなるということはないようだ。

ボルトの長さ

フェンダーレールのボルトの経は、3/8インチだ。

つまり、3/8インチのボルトであれば、工夫すれば代用可能だ。

 

今回購入したKijima製の荷掛けボルトに比べ、外したボルトが短くて心配になった。

 

しかし、実際に、荷掛けボルトを取り付けてみたら、フェンダーより若干、飛び出してしまうが、タイヤと干渉するほどではないので、問題ないだろう。

 

短かすぎるよりもいいかもしれない。

 

長さ選びが不安だったので、わざわざディーラーで注文してもらったのだが、届いた商品は以下の商品と一緒だった。

 

2003年モデル以降のソフテールは、この長さでいいのだろう。

 

荷掛けボルトの取り付け

荷掛けボルトの取り付けには、14mmのめがねレンチを使う。(インチではなくミリ

 

しかし、買うなら、コンビネーションレンチの方がいいかもしれない。

 

 

なぜなら、サドルバッグステーがついている場合、めがねレンチだと、入らない場合があるからだ。

 

私の場合は、めがねレンチが入らないだけでなく、サドルバッグステーのボルトを緩めてからでないと、荷掛けボルトを穴に差し込むことすらできなかった。

締め付け

締め付けは、ほどほどにしておいたほうがいい。

 

締めすぎると、うまく説明できないが、フェンダーの裏に付いている、ネジ山が切ってあるステーのようなものが曲がってしまう。(実際に曲げてしまった…)

 

締めすぎには、要注意だ。

「ねじロック」のようなものを塗っておけば、それほど緩む心配はないだろう。

 

ついでだったので、ドッキングハードウェアキットやサドルバッグステーのボルトも外して、「ねじロック 243 中強度タイプ」を塗っておいた。

   

おわりに

クラッチレバー側は、もともとフェンダーレールを止めていたボルトを外して、そこに荷掛けボルトを付けるだけで良かった。

 

しかし、ブレーキレバー側は、サドルバッグステーが干渉してしまい、それを緩めてからでないと、荷掛けボルトの取り付けができなかった。

 

それでも、工具さえあれば、自分でも簡単に取り付けることは可能だ。

注意点としては、安い工具を使わないことと、締め付け過ぎないことくらいだ。

 

実際に、取り付けが終わったあとに、荷物を積んで、ネットをかけてみたのだが…

 

荷掛けボルト

 

もしかしたら、後ろの2本は不要だったかもしれない。

なぜなら、後方の荷掛けボルトにネットを掛けると、ネットとフェンダーが干渉する

 

ネットとフェンダーが干渉しても、別に問題ないが、ネットが擦れるとフェンダーにキズが付く恐れがある

 

そんなこと気にしなければ、後方の荷掛けボルトも使えるが、私は、なんとなく嫌なので、後方の荷掛けボルトは、使わないことにした。(今のところ付けた意味なし…)

 

ドッキングハードウェアキットにも、十分にネットは引っ掛けられるので、そちらを使うことにした。

 

そうなると、

前方の荷掛けボルトも要らなかったのでは…

と思えなくもないが、買ってしまったので、とりあえず付けておこうと思う。

 

また、クラッチレバー側には、サドルバッグステーが付いているので、ドッキングハードウェアキットに直接ネットをかけることができない。

 

そのため、前方は荷掛けボルトを使用し、後方には、ネットに付属していたフックを利用するしかない。(前方の荷掛けボルトは、唯一使える感じだ)

 

荷掛けボルト

 

今回の荷掛けボルトについては、時間とお金をかけた割には、なかなか上手くいかなかった。

 

キャリアをつけたときには、4本の荷掛けボルトが役に立つのかもしれないが、そもそもキャリアにフックが付いていることも考えられる。

 

なかなか上手くいかないが、いろいろ試してみて、いい積載方法を見つけたいと思う。

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました