ワークマンのエアロストレッチ アルティメット フーデッドパーカーに物申す!【ユーロアルティメット デュアルフーディー との比較も!】

   
エアロストレッチ アルティメット フーデッドパーカー APPAREL-GEAR
この記事は約6分で読めます。

ワークマンのAERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット)フーデッドパーカー は、2018年の秋冬モデルから登場した、大人気のアウターだ。

 

AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット)フーデッドパーカーのオレンジを買ってみた!

 

今回は、ワークマンの人気商品 AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット)フーデッドパーカー を実際に着てみた感想と、

ここが改善されたら、もっといいのに!

という点を書いてみよと思う。

 

また、同じくワークマンの

ユーロアルティメット デュアルフーディー と比較して、どちらが温かいのか?

についても、個人的な見解を書いてみようと思う。

   

フーデッドパーカー vs デュアルフーディー

まず、

ユーロアルティメット デュアルフーディー と比較して、どちらが温かいのか?

についてだが、

個人的には、ユーロアルティメット デュアルフーディー の方が若干、温かいような気がする。

 



AERO STRETCH ULTIMATE フーデッドパーカー

 


ユーロアルティメット デュアルフーディー

 

実際には、まったく同じ条件で比較したわけではないのだが、それぞれを着て、12月の寒い日にハーレーに乗った感じとしては、ユーロアルティメット デュアルフーディー の方が、温かかったように思う。

 

ワークマン EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディーは真冬のバイクツーリングに耐えられるのか?

 

なぜ、ユーロアルティメット デュアルフーディー の方が、温かかったように思うのかについては、エアロストレッチアルティメット フーデッドパーカーの「ここが改善されたら、もっといいのに!」という、いくつかの点が関係していると思う。

   

ここが改善されたらいいのに!

エアロストレッチアルティメット フーデッドパーカー を着てみて、また、ユーロアルティメット デュアルフーディー と比較して、エアロストレッチアルティメット フーデッドパーカーの「ここが改善された、もっとらいいのに!」という点が、いくつかある。

 

ざっと挙げるとすれば、個人的には、以下のような感じだ。

 

・裾が緩めで絞れないので、下からの冷気の流入が防げない。

・やはり、裾のロゴは要らないのでは?

・首とフードは、裏アルミでなくても良いのでは?

・べストにあるダークイエローも追加して欲しい。

・そこまで大容量の内ポケットは必要ないのでは?

 

この5点を分類すると、重複する点もあるが、「デザインに関すること」と「温かさに関すること」とに分けられる。

デザインに関すること

・やはり、裾のロゴは要らないのでは?

・首とフードは、裏アルミでなくても良いのでは?

・べストにあるダークイエローも追加して欲しい。

・そこまで大容量の内ポケットは必要ないのでは?

 

の4点については、デザインに関することなので、温かさとは関係ないことだが、改良版がでたら、ぜひ、新しく買いたいと思う。

温かさに関すること

・裾が緩めで絞れないので、下からの外気流入が防げない。

・やはり、裾のロゴは要らないのでは?

・首とフードは、裏アルミでなくても良いのでは?

 

の3点は、温かさと関係していることだ。

 

私が、ユーロアルティメット デュアルフーディー の方が温かく感じたのかは、

エアロストレッチアルティメット フーデッドパーカー は、裾が緩いので、そこから冷たい風が入りやすいから

ではないかと思う。

 

普通に着ているぶんには、差がないかもしれないが、バイクに乗る場合は、風の侵入を防げるかどうかが、温かさに大きく関係する。

 

「FieldCore」のロゴは、パンツのウエスト部分だけにして、フーデットパーカーのほうは、ユーロアルティメット デュアルフーディー のように、裾が絞られていると、下から風が入ってこないので、より温かくなると思う。

 

また、首周りは、ユーロアルティメット デュアルフーディー のような、裏ボアのほうが、温かいし、肌触りもよく、着心地がいい

 

また、デザイン的にも、見える部分にアルミを使うのは、どうかと思う

   

おわりに

エアロストレッチアルティメット フーデッドパーカー は、バイク用のアウターではないので、このような仕様になっているのかもしれないが、裾が絞られているか、または、調節可能のほうが、絶対に冷気の侵入を防げるので、より温かくなると思う。

 

裏アルミだろうがなんだろうが、冷気が中に入ってきてしまっては意味がない。

 

少し、辛口な意見を書いてしまうと、

 

「FieldCore」のロゴといい、首とフード部分の裏アルミといい、大人気なのをいいことに、最近のワークマンは、少しブランドを主張しすぎなのではないだろうか?

 

ワークマンは、高額なブランド品ではないので、ユーザーにとっては、

これはワークマンだぜ!

みたいな、あからさまな主張は要らないと思う。

 

高機能で、低価格で、デザイン的にも悪くないよね!

というのが、最近のワークマンのいいところなので、これ以上、ワークマンであることを主張しすぎないデザインであってほしいと思う。

 

最後に、バイクに乗るなら、ユーロアルティメット デュアルフーディー を着ればいいではないかと思うかもしれないが、実際にその通りだと思う。

 

しかし、ユーロアルティメット デュアルフーディー は、袖が取れる仕様なので、脇の部分に、けっこうな隙間がある

 

そのため、そこから風の侵入がゼロとは言えない。

 

それでは、

胴体部分がシームレスでも、意味がないのでは?

と思ってしまう。

 

ユーロアルティメット デュアルフーディー は、それでも十分に温かいのだが、できれば、袖が取れない完全防寒タイプで発売してくれると嬉しい。

 

なんなら、エアロストレッチアルティメット フーデッドパーカー のように、袖付きと袖なしを作ればいいと思う。

 

袖が取れないユーロアルティメット デュアルフーディー は、バイク乗りにとっては、かなりおすすめだと思う。

 

ただし、「デュアル」という名前は使えなくなるかもしれないが…

 

以上、ワークマンの人気のアウター

・AERO STRETCH ULTIMATE(エアロストレッチアルティメット)フーデッドパーカー

・EURO ULTIMATE(ユーロアルティメット)デュアルフーディー

に対する個人的な改良希望を書いてみた。

 

ワークマンの関係者がみていたら、ユーザーの生の声として取り入れてもらえたら嬉しいし、速攻で新作も買ってしまうと思う。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました