ハーレーに乗っていたら 頭に石が飛んできた!【やはりヘルメットとアイウェアは大切!】

   
biker HELMET
この記事は約3分で読めます。

映画やドラマのなかでは、主人公がノーヘルでバイクに乗っていたりする。

 

なんとなく、

ノーヘルでハーレーに乗れたら気持ちいいだろうなぁ?

なんて思ったこともあるのだが、実際には、ノーヘル&アイウェアなしでは、怖くてバイクには乗れないと思う。

 

転倒したときに…

などということは、ほとんど考えないが、それ以外にも、ヘルメットの役割はある。

 

今回は、バイクとは切っても切れない関係にある、ヘルメットについて。

   

いろいろ飛んでくる!

車を運転していると、いろいろなものがフロントガラスに飛んでくる。

 

ときには、飛び石で、ガラスに傷がついたり、ガラスにヒビが入ったりすることもある。

 

また、虫(昆虫)なども侮れない。

 

大きな風防(ウィンドスクリーン)や、カウルがついているハーレーなどは別だが、何もついていないバイクの場合、それらの飛来物が、直接、顔や頭、上半身などを直撃する。

 

スピードが出ていると、小さな石ころや虫、その他なんでも、ぶつかれば、けっこう痛いものだ。

 

それが、頭や顔、目などにぶつかったら、かなり危ない。

飛び石の恐怖

先日、国道を普通に走っていたら、突然、なにかが頭にぶつかった。

 

おそらく飛び石だったと思うのだが、停まってヘルメットをみてみたら、はっきりと傷が付いていた。

 

ヘルメットに傷が付いたのは残念だが、もしもヘルメットがなかったら、その飛び石は、頭に直撃していたはずだ。

 

頭に石が直撃することと比べれば、ヘルメットに傷がつくくらい、どうってことはない。

 

ヘルメットのありがたさを感じた出来事だった。

   

ヘルメットとアイウェア

もちろん、ノーヘルで公道をバイクで走れば、道路交通法違反となるので、見つかれば違反キップを切られる。

 

しかし、見つからなければノーヘルでいいかと言えば、もちろん、そんなことはない。

 

いつ何が飛んでくるか分からないので、やはり、ヘルメットは絶対にかぶったほうがいい。

 

また、頭と同様に目も守る必要があるので、アイウェア(サングラス・ゴーグル・シールド)も、バイクに乗るときには欠かせない

おわりに

ヘルメットも、やはりフルフェイスがいいと思うのは、これを書いている今が、寒い冬だからだと思う。

半ヘルなんて寒すぎて無理だし、ジェッペルでも寒い。

 

だが、暑い夏になれば、フルフェイスはもちろん、ジェッペルすらかぶりたくない。

 

しかし、それでも、痛い思いをしたくなければ、フルフェイスか、ジェッペルでも、バブルシールドなど、顔全体を覆えるシールド付きのヘルメットのほうが安心かもしれない。

 

などと思いつつ、いまのところ、夏は半ヘルにサングラス、冬はジェッペルにゴーグルにネックウォーマーという装備でハーレーに乗っている。

 

ヘルメットをかぶらないと捕まるから、ではなく、ヘルメットとアイウェアは、自分の身を守ってくれる大切なアイテムだ。

 

そして、どうせ身につけるなら、気に入ったものを身に着けたい。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました