インナーベストは冬のおすすめアイテム!【ダウン・フリース・電熱系】

   
ダイヤフリース 裏アルミベスト APPAREL-GEAR
この記事は約3分で読めます。

バイクに乗るときも、乗らないときも、冬の服装選びは難しい。

 

寒いからといって、着込みすぎると、汗をかくほど暑くなることがあり、それはそれで、かなり不快だ。

 

今回は、最近、けっこう気に入っているインナーベストについて。

   

暑すぎても不快!

最近のフリースやダウンジャケットの保温力は高いので、晴れて日が出たり、気温が上がったり、室内に入ったときに、いきなり耐え難い暑さに襲われることがある。

 

しかし、暑くなったからといって、急に脱ぐと、汗冷えをおこして風邪をひきかねない。

 

冬の登山などで、そんなことをしていたら、命に関わるので、登山では、ダウンジャケットは、休憩時などに、冷えないように着ることはあるが、行動中はあまり着ないようだ。

 

私も、朝は寒いので、インナーダウンを着て仕事をしていて、日中、暑くて仕方ないことがよくある。

 

それだけ、ダウンの保温力がすごいということだが、突然、訪れる、あの暑さと、それによる不快感は嫌なものだ。

 

保温性が高いウェアを着ていているときに汗をかくのは、非常につらい。

インナーベスト

最近、冬の服装選びで思うのは、

インナーベストっていいな!

ということだ。

 

長袖のインナーダウンや、インナーフリースを着ていて、暑くなると、脱ぐに脱げなくて大変な思いをするときがある。

 

しかし、ベストのインナーダウンやインナーフリースなら、そこまで暑くならないので、ちょうどいいような気がする。

 

ベストは袖がないので、暑くなったときに袖まくりもできる。

 

それでも脱ぎたくなるくらい暑くなることもあるが、とりあえずファスナーを開けたり、袖まくりなどで、しのげたりもする。

 

また、ベストは、差し色としても使える。

おわりに

最近のダウンは、薄くて軽くて温かい。

寒いときには、とてもありがたいアイテムだ。

 

しかし、どちらかというと、私は、ダウンよりもフリースの方が好きだ。

フリースも、同じ温かさであれば、薄いほうが保温性が高く、高価だ。

 

モコモコのフリースは、アウターならいいかもしれないが、インナーとしては使えない。

 

少し高価だが、アウトドアブランドのマイクロフリースは、薄くて軽くて温かいので、インナーとしてもおすすめだ。

 

また、最近では、ワークマンのフリースも薄くて軽くて温かい。




ダイヤフリース 裏アルミベスト




ダイヤフリース裏アルミジャケット

 

ワークマンは安いので、実は、同じ裏アルミのフリースを、袖付きとベストの両方を買ってみたのだが、もっぱらベストの方を着ている。

 

アウターの下に着るには、ベストくらいがちょうどいい。

 

真冬のバイクツーリングのときでさえ、ついベストの方を選んでしまう。

 

寒いのも嫌だが、暑くなりすぎるのも不快なのだ。

 

というわけで、インナーベストは、多くの場面で、けっこう使えるアイテムだと思う。

 

また、最近では、ワークマンの 電熱系のヒーターベスト も人気となっている。




WindCore(ウィンドコア)ヒーターベスト(バッテリーセット)

 

こちらは、寒いのが苦手な人には、おすすめのアイテムだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました