私がバイクに乗るようになったわけ【きっかけはハーレーだった!】

   
FXBRS MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約5分で読めます。

先日、契約したMVアグスタの「ブルターレ800ロッソ」の納車が待ち遠しい。

 

しかし、じつをいうと私は、これまで、スポーティーなバイクに対しては、まったくと言っていいほど、興味がなかった。

 

というか、ハーレーも含めて、バイクというものに対しては、不思議なくらい、興味も関心も、憧れもなかった。

 

おそらく、祖母から、

「バイクだけは、危ないから乗らないでほしい」

と言われて育ったからだろうか。

 

けっこうな、おばあちゃん子だった私は、素直にそれに従ったのだと思う。

 

私にとって、バイクは、「近寄ってはいけない危険な乗り物」だったのかもしれない。

 

そんな私が、まさか、こんなにバイクに夢中になるとは…

   

バイクに乗るようになったきっかけ

きっかけは、ハーレーだった。

 

あるとき、ハーレーの「ブレイクアウト(FXBRS)」をみかけて、素直に、

「かっこいい!」

と思ってしまった。

 

しかし、もちろん、免許がないので、試乗などはできない。

 

ディーラーに見に行っても、ただ、跨ってみるのが精一杯だった。

 

その後、昔とは違って、今では、教習所に行けば、いきなり大型自動二輪の免許を取ることもできることを知り、そのための費用も調べて、だいたいわかった。

 

もう、人生の折返し地点まで来ていることは明らかだし、このまま、なんとなく生きて、そして死んでいくのも、なんだかつまらないな、と思った私は、思い切って教習所へ通うことを決めた。

 

そして、その数日後には、ハーレー(なぜか、FXBRSではなくFLHC)を契約してしまった。

 

免許取得サポートや、オプションパーツプレゼントなどの、キャンペーンの関係で、すぐに決めたほうが40万円ほど得だったからだ。

 

正直言って、教習所では苦労し、途中、心折れそうになるも、すでに、ハーレーを購入していることもあり、諦めるわけにはいかなかった。

 

そして、なんとか無事に、大型自動二輪免許を取得することができた。

 

卒業検定に合格したときは、本当に嬉しかったのを、今でも覚えている。

 

おそらく、その時の嬉しさは、人生のなかでも、ベストテンに入る嬉しさだろう。

 

思い切って挑戦して、本当によかったと思う。

   

ハーレー

大型自動二輪免許をとって、1台目に乗ったバイクは、ハーレー(FLHC)で、「相棒」という呼び方がふさわしい。

 

どこへでも快適に連れて行ってくれる。

 

ロングツーリングで疲れたときには、クルーズコントロールをセットして、ハーレーにしがみついて帰ることもある。

 

けっこう頼もしいヤツなのだ。

 

アクセル全開で走らなけれ、燃費も悪い方ではないと思う。

 

バイクとしては、決して速くはないが、かといって遅くもない。

 

ワインディングを攻めようなどと思わなければ、本当にいいバイクだ。

 

そんな「相棒」には、納車後、だいたい、月に1,000kmくらいのペースで乗ってきた。

 

そのため、けっこう距離が伸びてしまい、今となっては、少しだけ後悔している。

 

もしも、ハーレーにを売るつもりなら、走行距離は1万km以内のほうがよいと言われているが、あと2ヶ月〜3ヶ月もすれば、簡単に超えてしまいそうだ。

 

多くのハーレー乗りは、ワインディングを攻めようなどとは思わないので、ハーレーのスペックなどに不満を抱くことは少なく、それよりも、かっこよさを追求して、カスタマイズに勤しむ。

 

しかし、私の場合は、いつの間にか、ハーレーだけでは、楽しめなくなってしまった。

   

おわりに

そこで、「戦闘機」という呼び方がしっくりくるような、2代目のバイクを契約してしまった。

 

契約したのは、MVアグスタの「ブルターレ800ロッソ」だが、はじめに書いた通り、納車は少し先になりそうだ。

 

このモデルは、2020年3月に発売になったばかりのモデルで、スタンダードのブルターレ/ドラッグスター/ツーリズモベローチェが、カタログから消えてしまったので、実質的には、2020年のスタンダードモデルだと考えてよいだろう。

 

価格的には、2019年までのスタンダードモデルよりも、10万円ほど高くなっているが、2020年モデルの「RR」に比べると、23万円ほど安いという価格設定となっている。

 

実際には、「ブルターレ800ロッソ」には、乗ったことがないので、予想でしかないが、ワインディングを走ったら、さぞかし楽しいことだろう。

 

納車が待ち遠しい。

 

そして、「相棒」はというと…

いまのところは、どうなるか分からないが、できれば、ずっと手元においておきたい。

 

きっと、ゆっくりと流したいときには、おおいに活躍してくれるはずだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました