MVアグスタ ブルターレ800ロッソ を選んだ3つの理由とは⁉【スタイル・カラー・エンジン】

   
BURUTALE 800 ROSSO MV AGUSTA
この記事は約6分で読めます。

MVアグスタの「ブルターレ800ロッソ」を契約(オーダー)した。

 

自分でも驚くほどの、スピード契約だった(笑)

 

その経緯については、すでに別の記事に書いている。

 

MVアグスタ ブルターレ800 ロッソ増車の経緯【気がついたときには契約していた!】

 

では、あまたあるバイクのなかから、なぜ、MVアグスタの「ブルターレ800ロッソ」を選んだのかというと、それには、主に3つの理由がある。

   

スタイルがセクシーだった!

車やバイクなどの乗り物で、まず、何よりも優先されるのが、そのスタイリングだ。

 

よほど使用目的が限定されていて、特定のモデルしか選べないというのであれば、話は別だが、趣味で乗る自分のバイクが、かっこ悪いなんてことは、絶対にあってはならない

 

見た目が、何よりも優先されるべきだ。

 

実際には、乗っている姿は自分自身では見えないのだが、だからといって、スタイルは何でもいいということにはならない。

 

それは、身につけるウェアなども一緒だ。

 

バイクに限らず、男が身につけるものは、カッコよくなくてはならないのだ。(ウェアについては、これから…)

 

BRUTALE 800 ROSSO 2020

ブルターレ800ロッソ

 

では、MVアグスタの「ブルターレ800ロッソ」は、どうかというと、カッコいいを通り越して、セクシーですらある。

 

私にとっては、このスタイルだけで、間違いなく「買い」なのだ。

   

カラーリングが気に入った!

すべてに言えることだが、何かを選ぶときは、そのカラーリングも極めて重要になる。

 

ハーレーの場合は、モデルにもよるが、カラーバリエーションが多く、ある程度、好きなカラーをチョイスできる場合が多い。

 

しかし、欧州車の場合は、それほど、カラーバリエーションが多くない。

 

多くないというより、発売される年ごとに、カラーリングが決まっているという場合すらある。

 

また、良くて、2パターンのどちらかから選ぶ、といった感じだ。

 

2020年モデルの「ブルターレ800ロッソ」は、その名の通り、「ロッソ=レッド」を基調とした、ブラックアウト仕様のカラーリングとなっており、このカラーリングは、「ブルターレ800ロッソ」のみの専用カラーとなっている。

 

BURUTALE 800 ROSSO

ブルターレ800ロッソ

 

つまり、「ブルターレ800ロッソ」のホワイトやブラックなどの、ほかのバリエーションは存在しない。

 

あとは、このカラーリングが気に入るか、気に入らないという問題になるのだが、私は、おおいに気に入った。

 

レッドとブラック以外に、余計な色が使われていないところもいい。

 

もしも、ものカラーリングが気に入らなければ、「ブルターレ800ロッソ」を、買おうとは思わなかっただろう。

   

エンジン(3気筒・800cc)

「ブルターレ800ロッソ」は、並列3気筒エンジン(4ストローク 3シリンダー 12バルブ  DOHC )を搭載している。

 

総排気量は、798ccとなっており、私のハーレー(FLHC)の半分以下だ。

 

しかし、私のビッグツインのほうが特殊で、実際には800ccでも、決して小さい排気量ではない。

 

そして、4気筒のリッターSSなどに試乗したときに思ったのが、

こんなパワーは、公道では、使い切れない!

ということだった。

 

使い切れない分のパワーを、「余裕」ととるか、「ストレス」ととるか、人によると思うが、私としては、まわせないのは、「ストレス」になると思う。(800ccでも持て余すかも…)

 

それに、車だったら、私はまだ、若葉マーク(初心者マーク)を付けなくてはけない程度の、バイク歴しかないのだ。

 

私にとっては、排気量は、800ccもあれば、十分にハイスペックだ。

 

そして、忘れてはいけないのが、「ブルターレ800ロッソ」が、3気筒エンジンだということだ。

 

ハーレーのような2気筒エンジンの良さと、S1000RRなどの4気筒エンジンの良さを、併せ持つといわれる3気筒エンジンだ。

 

下のトルクと上の伸びのバランスは、おそらく、3気筒エンジンが、いちばんではないだろうか。

 

ただし、同じ3気筒エンジンでも、MVアグスタ、トライアンフ、ヤマハの各3気筒エンジンは、それぞれ特性や味付が異なるようだ。

 

それらを乗り比べることはできなかったが、スタイリングが最優先なので、そこは気にしないことにしている。

 

それに、もしかしたら、「ブルターレ800ロッソ」の3気筒エンジンが、いちばんかもしれない。

   

おわりに

「ブルターレ800ロッソ」は、MVアグスタのなかでは、最も安く、ベースグレードのエントリーモデルとなる。

 

しかし、逆回転クランク、8段階調節トラクションコントロールシステム、4モード(スポーツ・レース・レイン・カスタム)、クイックシフター(アップ・ダウン)の採用など、上位モデル「ブルターレ800RR」などと比較しても、遜色ない仕様となている。

 

ただ、エンジン出力は、110馬力に押さえられている。

 

これは、ストリートでの扱いやすさを追求してのことだろう。

 

110馬力もあれば、私にとっては、ぜんぜんOKで、下のトルクが厚くなれば、なお良い。

 

また、ホイールの切削加工が省略されているが、金額差を考えると、それも仕方ない。

 

もしも、仮に、「ブルターレ800RR」のカラーリングのほうが気に入っととしたら、「ブルターレ800RR」のほうを選んだと思う。

 

しかし、ブラックアウトされた「ブルターレ800ロッソ」のカラーリングを、私は気に入った。

 

そのため、ベースグレードのエントリーモデルである「ブルターレ800ロッソ」のほうを選んだが、おそらく、後悔はないだろう。

 

スペックに関しては、それ以前に腕を磨く必要があるので、いまのところ、そこまで重要視してはいない面もある。

 

しかし、スタイリングとカラーリングだけは、2020年モデルの「ブルターレ800RR」を買わなかった場合、次に出てくるモデルが気に入る保証はない。

 

「これだ!」というものに出会えることは、人生において、そうそうあるものではない。

 

おそらく、いいタイミングで、「ブルターレ800」に出会ったのだと思う。

 

人もモノも、一期一会を大切にしたいものだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました