MVアグスタ ブルターレ800ロッソ 納車【新型コロナウイルス感染拡大でどうなるかと思ったが…】

   
BRUTALE 800 ROSSO 2020 MV AGUSTA
この記事は約4分で読めます。

少し話が前後してしまうが、ブルターレ800ロッソの納車について書いた記事を、放置していたことに、いまさらながら気がついた。

 

すでに、ブルターレでの立ちごけ記事まで書いているのだが、せっかくなので、投稿しておこうと思う。

 

振り返れば、私のMVアグスタ ブルターレ800ロッソの納車は、奇跡的に、ゴールデンウィーク中の4月末に間に合った。

 

結果的に、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年5月現在、ブルターレ800ロッソは、日本に10台しか入荷していないらしい。

 

そもそも、私がブルターレ800ロッソをオーダーした時には、6月〜7月の納車予定だったので、4月中に納車になったことは、かなりびっくりだ。

 

そして、私のスポーツバイクライフの師匠とも言うべき人がオーダーしていた、トライアンフの限定車、「Bobber TFC」も、ゴールデンウィーク前半に、数日違いで、無事納車にとなった。

   

早まった2台の納車

私のブルターレ800ロッソの場合は、おとなしく待っていたのではなく、

「もう、キャンセルしようかなぁ⁉」

とか、

「ドゥカティのモンスターにしようかな⁉」

とか、

「日本国内にある違うブルターレを探して!」

などと、騒いだのが功を奏したのかもしれない。

 

その甲斐あって、本来、私のオーダーではなかったブルターレが、他県より、私のもとに回ってきた。

 

逆に、コロナ騒動がなかったら、納車は、もっと遅かったかもしれない。

 

良くも悪くも、人生は予定通りにはいかないと、つくづく思う。

 

そして、師匠がオーダーしていた、トライアンフの限定車、「Bobber TFC」も、新型コロナウイルスの影響で、本来ならゴールデンウィーク明けにまで、ずれ込んでしまいそうだったのだが、他のディーラー在庫などの情報をもとに連絡してみたとこと、納車が早まったということだ。

 

ただ、おとなしく待っていても、良いことなどないということが、よくわかる。

 

積極的に調べたり、問い合わせたりしたするべきだ。

 

先方とて忙しいので、おとなしくしていると、いろいろが、後回しにされてしまう可能性すらある。

   

慣らし運転ツーリング

納車したての2台で、慣らし&慣らしツーリングも面白そうだ。

 

そうも思ったのだが、アメリカンとネイキッドでは、走れる速度域が異なる。

 

もちろん、一緒に走れないこともないが、できれば似たようなタイプのバイクで走ったほうが、ツーリングは、より楽しくなる。

 

タイプの違うバイクでのツーリングは、どうしても、遅い方のバイクに合わせる必要があるからだ。

 

さもないと、インカムすら切断されてしまうという事態になる。

 

ということで、ゴールデンウィーク中は、「ネイキッド&ネイキッド」、「アメリカン&アメリカン」で、それぞれツーリングを行って、それぞれに慣らし運転を行った。

 

それについては、また、のちほど書こうと思う。

   

おわりに

ゴールデンウィーク中は、仕事に行かなくてもよかったのだが、天候にも恵まれ、走ることに忙しくて、なかなか、ツーリングについて書く時間が取れなかった。

 

逆に言うと、それだけ充実したゴールデンウィークだった、ということだ。

 

天気の悪かった最終日以外は、ほとんどバイクに乗って出かけていたが、「三密」状態のところへは、まったく行っていない。

 

たとえ、新型コロナウイルスの感染が収束したとしても、それまでのように、狭いところに大勢が集まるような行動は、避けられるだろう。

 

となると、バイクのような、「三密」とは無縁の楽しみがある人は、幸せだと思う。

 

私自身がそうだったように、40代半ばからでも、大型自動二輪の免許を取ることは十分に可能だ。

 

最もいいのが、先に憧れのバイクを買ってしまうことだ。

 

そうすれば、そう簡単には、挫折しないと思う。

 

そして、もしも、これから免許取得を考えている人は、緊急事態宣言が解除されたら、すぐに免許をとることをオススメする。

 

なぜならば、寒くなって、また、新型コロナウイルスの感染が拡大すれば、いつ、また緊急事態宣言が発令されるか分からない。

 

もたもたしていると、途中で免許取得がストップすることも考えられる。

 

それは、かなりつらいことだ。

 

合宿免許なら短期集中で取得も可能!

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました