ハーレーのマフラー交換!バンス&ハインズ イリミネター300 スリップオン(Vance & Hines Eliminator 300 Slip-Ons)

   
Vance & Hines Eliminator 300 Slip-Ons PARTS-GEAR
この記事は約10分で読めます。

やっと、ハーレー・ダビッドソンに乗ることができた気がする。

 

実際には、2018年モデル「Heritage Classaic」が納車されてから、6週間ほどが経っている。

その間の走行距離は、1,600kmほどなので、まぁまぁのペースで乗っていると思う。

 

しかし、なんというか、ハーレーに乗っている優越感というよりも、なんとも言えない劣等感に近い感覚で、「Heritage Classaic」に乗っていたように思う。

 

別に、

「BREAKOUT(ブレイクアウト)にすれば良かった!」

とか、

「やっぱりダイナが良かった!」

など、車種選びが原因ではない。

 

原因は、やはり「」だ。

 
 

ハーレーのイメージ

多くの人もそうかもしれないが、私にとって、ハーレー・ダビッドソンのイメージを一言で表すと…

 

高い!

 

ではなくて(高いけど)、

 

ドコドコ」だ。

 

しかも、ビッグツインを選んだからには、それなりに「ドコドコ」いってもらわなければ、ハーレーに乗っているとは思えない。

 

「静かなハーレー」は、ただ単に、フューエルタンクに「HARLEY DAVIDSON」と書かれた、アメリカ製の高い輸入バイクに過ぎない。

 

「Heritage Classaic」が納車されて、実際に乗ってみた感想は、正直言って、乗っていても、思ったほど楽しくなかった。

 

重たいハーレー(Heritage Classaic)は、取り回しも大変で、峠にいっても、ワインディングが得意というわけでもない。

 

しかも、真夏にハーレーに乗っていると、暑くて死にそうになる。

 

時々、「これは、いったい何の苦行だろうか?」とすら思えることがある。

我慢の初期慣らし

納車して900Kmほどの「初期慣らし」を行ったあとに、初回点検を受けた。

ハーレー ヘリテージ クラッシック 初回点検終了!

 

そして、いよいよ、問題の「」をカスタマイズするときがきた。

 

じつは、私には、大型自動二輪免許がなかったので、納車まで時間があった関係で、マフラー(スリップオン)もエアクリーナーなどは、とっくに注文済みだった。

 

取り付けは、初回点検が終わるのを、待つだけの状態だったのだ。

 

初回点検前に、給排気系などをイジってしまうと、仮になんらかの初期不良等があった場合、原因の特定が難しくなり、メーカー保証の対象になるかどうか分からない。

 

なので、初回点検が終わるまでは、ノーマル状態で乗ることをディーラーでも勧められた。

 

それに、

ノーマルの状態を知っておくというのも、大事なことかな?

とも思ったので、しばらくは、「静かなハーレー」に、我慢して乗っていたというわけだ。

マフラー・エアクリーナー交換のタイミング【新車は初回点検後がおすすめ!】

マフラー交換は賭け?

マフラー交換といっても、純正(スクリーミンイーグル)・社外、車検対応・非対応、フルエキ・スリップオンなど、多くの選択肢がある。

 

取り付ける車種によっても異なると思うので、同じような車種で、同じようなマフラーをつけている人を見つけて、実際のサウンドを聞かせてもらうというのも、なかなか難しい。

 

それに、気になるマフラーのサウンドを、ネット(Youtube)などで聞いたとしても、正直、よくわからない。

 

そこで、ある程度は、賭けになる。

実際に買って、取り付けてみないと、そのマフラーサウンドが気に入るかどうかは、わからないのだ。

⇒ マフラーをモデルやブランドから探す

Vance & Hines(バンス&ハインズ) Eliminator 300 Slip-Ons

とりあえず、メジャーなメーカーのスリップオンマフラーにしようと思い、探していると、Vance & Hines(バンス&ハインズ)の「Eliminator 300 Slip-Ons(ELIMINATOR 300 エリミネーター300 スリップオンマフラー)」を勧められた。

 

そして、たまたま、限定品の「ELIMINATOR 300 エリミネーター300 スリップオンマフラー」のVance & Hines(バンス&ハインズ)創業40年の年記念モデルの在庫があるということだった。

 

「40周年記念モデル」とは言っても、金色のネームプレートに、40周年記念のロゴがレーザー刻印されているだけで、おそらく性能は同じだ。

 

シンプル・イズ・ベストの私にとっては、むしろ通常バージョンのほうがよかったのだが、せっかくだったので、勧められた在庫のそれを選んでみた。

 

Youtubeなどでも、「エリミネーター300 スリップオンマフラー」の音を聞くことが出来るが、聞いてみても、どんな音なのか、さっぱり分からない。

 

しかし、「エリミネーター300 スリップオンマフラー」は、スクリーミンイーグルなどの純正マフラーに比べると、かなり価格は安い。

 

それに、それほどうるさくなくてもいいとも思っていたので、「ELIMINATOR 300 エリミネーター300 スリップオンマフラー」を試してみるみることにした。

 

実際のところ、このスリップオンマフラーには、それほど期待してはいなかった。

⇒ マフラーをモデルやブランドから探す

いざ、取り付け!

2019年現在、車検非対応のマフラーは、正規ディーラーでは、交換作業をしてもらえない。

 

そのため、どこかのカスタムショップに頼むか、自分で交換するしかない。

 

自分で交換する場合は、インチ工具が必要になるが、2018年モデルには、工具セットは付いてこなかった。

少し前までは、工具セットが付属品としてあったようだが、最近では、コストカットのためだろうか、廃止されてしまったようだ。

 

車検のときには2度、サイレンサーの交換作業をする必要があるので、工具セットを用意して、自分で交換出来るようにしておいたほうが、長い目で見ればいいことは分かっている。

 

しかし、初めてのことなので、今回は、ショップに頼むことにした。

そして、交換の様子を見させてもらい、それを見て出来そうなら、次回からは自分でやってみようと思い、取り付けを依頼した。

⇒ マフラーをモデルやブランドから探す

ガスケット 1個3,000円

マフラー交換には、「ガスケット」という部品が必要になると言われることが多い。

 

実際には、ノーマルマフラーの中に「ガスケット」は入っているのだが、比較的、柔らかい部品なので、交換の際に潰してしまう恐れがある。

 

それを防ぐために、ノーマルマフラー用と、交換するマフラー用に、それぞれガスケットをつけたままにすれば、「ガスケット」をいちいち引き抜く必要がないので、確率的には潰さずにすむ公算が大きい。

 

というわけで、1個3,000円以上する「ガスケット」を、フロント用とリア用で2個用意して、「エリミネーター300 スリップオンマフラー」の交換作業に臨んだ。

 

ハーレー ガスケット

ガスケット

ガスケット不要

しかしである。

いざ、ノーマルマフラーのサイレンサーを外して、「エリミネーター300 スリップオンマフラー」を取り付けようとしたところ、「エリミネーター300 スリップオンマフラー」は、ノーマルマフラーのサイレンサーに比べて、ジョイント部分のパイプ経が小さく「ガスケット」が入らないことがわかった。

 

つまり、ガスケットが不要な構造になっていたのだ。

 

幸い「ガスケット」は未開封のままだったので、そのまま返品することにした。

これはラッキーだったと言える。

 

しかし、後述するが、構造上はどうなのだろうか?という疑問が残る。

スリップオンマフラー交換は簡単

ノーマルマフラーのサイレンサーを「エリミネーター300 」のスリップオンマフラーに交換するのは、比較的簡単だった。

 

「エリミネーター300 スリップオンマフラー」には、「ガスケット」も不要なので、「ガスケット」を潰してしまう心配もない。

ただし、インチ工具が必要になるので、自分でやる場合は、工具を買い揃える必要がある。

 

スリップオンのマフラー交換は、自分でやろうと思えば出来る作業だが、金額いかんでは頼んでしまったほうがいいとも言える。

 

次回の交換時(3年後)に、どれくらいのインチ工具を持っているのかで、決めようと思う。

⇒ マフラーをモデルやブランドから探す

マフラー交換の結果

「エリミネーター300 スリップオンマフラー」へのマフラー交換は、すんなり終わった。

そして、いよいよエンジンをかけて、音を確かめるときがきた。

 

実際の音を録画(録音)して、紹介しようとも思ったが、おそらく、よくわからない音になってしまうと思ったのでやめた。

 

さて、それほど期待していなかった「エリミネーター300 スリップオンマフラー」のマフラーサウンドはどうだったのか?

というと…

 

ハ、ハーレーの音がする(涙)←感激の涙!」

 

音の感じは、かなり「野太い」。

「バキバキ」ではなく、しっとりとした重低音で「ドドドド」といい音がする。

アクセルを開けると、当然うるさいけど、かなりいい感じだ。

 

ハーレーのノーマルマフラーで走ったことのある人なら分かると思うが、自分の「静かなハーレー」のすぐ後ろに、「うるさいハーレー」が、もう1台走っているような感じだ。

 

冒頭に書いた、劣等感に近い感覚とは、「自分の存在が消されてしまう」という惨めさだ。

しかも、高い買い物をしたにも関わらず…

 

それが、いまでは、

後ろに、いい音させてるハーレーがいるな!

と思ったら、

それが自分のハーレーのマフラーサウンドなのだ。

 

ようやく、ハーレーに乗っているという実感が持てた瞬間だった。

 

やはり、ハーレーはこうでなくては。

別に、誰かにその音を聞かせたいわけではなく、自分自身がその音を聞いて走りたいのだ。

 

Vance & Hines Eliminator 300 Slip-Ons

エリミネーター300 スリップオンマフラー

 

それから、サイレンサーを「エリミネーター300 スリップオンマフラー」に交換したことで、音だけではなく、アクセル開閉時のレスポンスが、かなり良くなった

 

シフトダウン時のブリッピングも、面白いように決まる。

これは、予想外の嬉しい効能だった。

⇒ マフラーをモデルやブランドから探す

おわりに

というわけで、今回、交換したスリップオンマフラーは、ミルウォーキー・エイト搭載の、18年以降ソフテイル用「エリミネーター300 スリップオンマフラー」だったのだが、このマフラー交換は当たりだった

 

ただし、問題もある。

それは、アクセルオフ時に、アフターファイヤーがバンバン発生することだ。

 

理由は明白で、「エリミネーター300 スリップオンマフラー」に交換したことにより、かなり抜けがよくなったので、混合気の濃度をチューニングで調整する必要があるのだ。

 

それから、もしかしたら、「ガスケット」がないことによって、今までよりも、つなぎ目からエアーの吸い込みもあるのかもしれない。

 

マフラー交換、エアクリーナー交換、インジェクションチューニング

は、セットでやったほうがいいことは、はじめから分かっていたので、近いうちに、エアクリーナー交換と、インジェクションチューニングを行ってみようと思う。

 

【関連記事】

ハーレーのインジェクションチューニングは必要なのか?【フラッシュチューニング】

ハーレー カスタマイズ【マフラー・エアクリーナー・EFIチューニングは外せない!】

マフラー・エアクリーナー交換と燃調(EFIチューニング)【ハーレーカスタマイズ】

 

ということで、エアクリーナー交換とインジェクションチューニングをするまでは、アフターファイヤーの問題は解決しないと思うが、今回の「エリミネーター300 スリップオンマフラー」へのマフラー交換は、とりあえず、大満足の結果となった。

   

コメント

  1. ヤナ より:

    始めまして。これからエリミネーター300に交換しようと想うのですが、私の家は住宅街です。
    かなりうるさいと聞いてます。個人差はあると思いますが、アイドリング時は近所迷惑になると、感じますか?

    • HIRO HIRO より:

      ヤナさん

      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      慣れてしまうと、大人しく感じますが、一般人の感覚では、十分に、近所迷惑になる音量だと思います。

      対策としては、

      ・自宅で暖機運転はしない(ゆっくり走りながら暖機運転)
      ・可能ならば、少し離れたところでエンジン始動
      ・帰宅後は、速やかにエンジンを切る
      ・バッファーを装着する
      https://yokohama-pinevalley.com/custom-blog/arc/17367

      などが考えられます。

      エリミネーター300のサウンドは、けっこう重低音サウンドです。
      ご近所トラブルは面倒で、その時かぎりの問題では済まないので、後々のことまでを考えて決めてたほうがいいです。

      幸運を!

      • ヤナ より:

        ありがとうございます!アドバイス通りにやっていこうと思います!失礼しました!

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました