ナックルガードをハーレーに取り付けてみた!【ナックルガードのコスパはいいかも⁉】

   
PARTS-GEAR
この記事は約8分で読めます。

寒い時期にバイクに乗っていて、どこがいちばん寒いかといえば、おそらく手(指先)ではないだろうか?

 

もちろん、防寒対策をしなければ、全身寒いのだが、手(指先)だけは、防寒対策をしても寒い。

 

そして、手(指先)は、

「寒いから、もう一枚、重ね着をしよう!」

というわけにもいかない。

 

グローブをより暖かいものに交換することはできるが、それが最も暖かいウィンターグローブだったら、どうしようもない。

 

そうなると、電熱グローブか、グリップヒーターナックルガードなどの、グローブ以外の装備で、防寒対策をするしかない。

 

グリップヒーターは、ないよりもあったほうがいいが、ハーレーの場合、工賃も含めると、けっこう高い。

 

今回、まずは、ナックルガードを試してみることにした。

   

外気温が10℃を下回ると…

外気温が10℃を下回るようになると、バイクに乗るのが辛くなってくる。

というか、外気温が10℃以下の日は、バイクになんて乗らなくても、十分に寒い。

 

それが、外気温が5℃以下ともなると、おそろしく寒い。

体感的には、絶対に氷点下だと思う。

 

それでも、乗ろうと思うのだから、バイク乗りとはバカな生き物だと思う。

 

しかし、日常の装いで、乗るのは自殺行為だ。

 

バイクに乗ると、体感温度は一気に下がるので、止まっているときに暑いくらいの装備で乗らなくては、動き出すと寒くて仕方がない。

 

市街地を走る場合でも、外気温が5℃以下ともなれば、雪山登山にでも行くような装備が必要だ。

 

インナーからしっかりとレイヤリング(重ね着)をすれば、体の寒さは、なんとか防ぐことができる。

 

しかし、いくら真冬用のウィンターグローブや、インナーグローブを使っても、指先だけは寒い。

 

最後は、電熱グローブに頼るしかなさそうだ。

 

 

指先の冷たさ対策

冬にバイクに乗るときの、指先の冷たさ対策としては、いくつか選択肢がある。

 

・グリップヒーター

・電熱グローブ

・ハンドルカバー

・ナックルガード

・乗らない

 

などが考えられる。

 

ハンドルカバーも暖かそうだが、ハーレーに付けるのは、ちょっと勇気がいる。

 

 

グリップヒーターは、値段が高い割には、手の甲が寒そうだ。

 

電熱グローブは、いずれ買うことになりそうだが、その前に、価格の安いナックルガードを試してみようと思い、Amazonで注文して、取り付けてみた。

   

汎用 ナックルガード

今回、Amazonで購入したナックルガードは、お値段、なんと2,320円

 

もっとも安上がりな防寒対策だ。

これなら、失敗しても、まぁ、諦めは付く。

 

 

この商品には、取説がないのだが、それほど部品もないので、頑張れば組み立てられる。

 

部品のなかには、オフセット用の金具とボルト・ナット・ワッシャーも含まれているので、普通につけば、それらは不要なので、これはどこに使うのだろうと悩む必要はない。

 

8つの黒いゴム製のパッキンだけは、きちんと入れるようにしよう。

 

私は、念のために、先日購入した、ねじロック(緩み止め)を塗っておいた。

 

 

組み立ててしまえば、ミラーをいちど外して、そこに差し込んで、ミラーを固定するだけなので、取り付けは、いたって簡単だ。

 

しかし、

組み立ての際に注意しないと左右が逆になるので、いちど、実際に取り付けるバイクで、シミュレーションしてから、組み立てたほうがいいと思う。

 

私の場合は、左右反対に組み立ててしまったようで、写真のように、ミラーの上側ではなく、下側に差し込むことになってしまったが、とりあえず、それで良しとした。(左右のステーを付け替えれば上から固定することができるが…)

 

ハーレー ナックルガード

ハーレー冬仕様

取り付けるバイクによっても、かなり変わってくるかと思うが、どの位置にナックルガードがくるように固定するのかで、風の逃げ具合が変わってくると思う。

 

とりあえず、ナックルガードを良さそうなところで固定して、実際に走ってみるしかない。

 

バイクによっては、オフセット用のステーで逃したり、取り付けのステーを、多少、曲げる加工をする必要があるかもしれないが、私のハーレーには、いい感じで取り付けることができた。(下からだけど、問題はないだろう…)

 

ということで、実際に、ナックルガードを取り付けて走ってみたのだが、思いのほか効果はあるようだ。

 

冬仕様ということで、ついでに、外していたウィンドスクリーン(風防)も取り付けた。

 

これで、けっこう体に風は当たらないので、体感温度も、だいぶ上がったと思う。

 

ただ、試しに、3シーズン用の薄いグローブを使ってみたら、だんだん指先が冷たくなり、暖かいウィンターグローブに替えた。

   

取付必要工具

今回のナックルガードの組み立てと、ハーレーへの取り付けに必要な工具は、以下の工具だ。

ハーレーのミラー脱着

・1/2インチのソケットレンチ(ディープ)か、スパナか、めがねレンチ

*ソケットレンチは、ディープソケットでないと、先端しか嚙まない。

*1/2インチがなければ、12mmでもなんとかなるかも。

 

ディープソケット(差込角9.5mm)

 

コンパクトスタビータイプ(差込角9.5mm)

ナックルガードの組み立て

・10mmのソケットレンチとマイナスドライバー

*ソケットレンチだけだと、くるくる回ってしまうので、逆側からマイナスドライバーで抑えると上手くいく。

*ゴムパッキンを入れることと、締め付けすぎに注意。

 

ディープソケット(差込角9.5mm)

 

コンパクトスタビータイプ(差込角9.5mm)

おわりに

見た目の問題は、人によって違うと思うが、ナックルガードは、価格が安い割に効果があるようだ。(純正の値段は知らないが…)

 

ただ、これだけで、指先の防寒対策は完璧、とまではいかないかもしれない。

 

外気温が5℃以下になると、やはり、指先が冷たくなってくる。

 

直に風が当たらないので、すぐには、指先の感覚が麻痺するようなことにはならないが、だんだんと冷たくなってくる。

 

やはり真冬は、電熱グローブが欲しいところだ。

 

しかし、見た目が気にならなければ、ナックルガードは、ないよりもあったほうがいい、コスパの高いパーツだと思う。

 

暖かくなったら、ウィンドスクリーンと同様に、簡単に外すことができるのも、いいところだ。

   

コメント

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました