マフラー・エアクリーナー交換と燃調(EFIチューニング)【ハーレーカスタマイズ】

   
Harley-Davidson EFI TUNING
この記事は約3分で読めます。

ハーレーのインジェクション車で、マフラーエアクリーナーを交換する際に気がかりなのが、燃調(EFIチューニング)をどうするかだ。

 

気になるなら、やっておいたほうがいいと思うが、

べつにやらなくても問題ないのなら、やらなくてもいいのでは?(お金かかるし…)

と思っている人もいるかもしれない。

 

今回は、

どのような場合に、燃調(EFIチューニング)をやったほうがいいのか

ということについてまとめてみた。

   

燃調(EFIチューニング)が必要な状態とは?

インジェクション車では、燃料噴射をコンピュータが制御している。

 

エアクリーナーをハイフロータイプに交換した場合、吸入抵抗が減り、たくさん空気が吸い込めるようになる。

エアクリーナーをハイフロータイプに交換して、空気の流入だけが増えると、混合気(空気とガソリンを霧状にしたものを混ぜたもの)が薄くなってしまうため、空燃比を適正にするために、燃調(EFIチューニング)が必要となる。

 

そのため、エアクリーナーをハイフロータイプに交換した場合は、マフラーを交換しようがしまいが、どのメーカーのマフラーに交換しようが、基本的には、燃調(EFIチューニング)が必要となると思っていたほうがいい。(図の右側)

 

一方、エアクリーナーは交換せずに、マフラーのみ交換する場合は、交換するマフラーによって、変わってくるので、一概には言えない。

燃調(EFIチューニング)が必要な組み合わせ

ノーマルマフラーにノーマルエアクリーナーの場合、燃調(EFIチューニング)は「不要」だが、それ以外の組み合わせの場合には、「必要」か「場合によって必要」となる。

 

燃調(EFIチューニング)が必要になる、マフラーとエアクリーナーの組み合わせを表にすると、以下のようになる。

 

ノーマルエアクリーナー ハイフローエアクリーナー
ノーマルマフラー ×(不要) ○(必要)
北米仕様マフラー △(場合による) ○(必要)
スクリーミンイーグル △(場合による) ○(必要)
社外メーカー製マフラー ○(必要) ○(必要)

 

△・・・燃調なしで問題のないケースが多い組み合わせ。
多少のバックファイアが出ることがあっても、エンジンが壊れたり、調子が崩れる可能性は低い。

○・・・ 燃調を行ったほうがよい組み合わせ。
燃調(EFIチューニング)を行えば、より多くの空気と燃料を完全燃焼できる為、パワーやトルクが上がり、燃費もよくなる。

   

おわりに

マフラーやエアクリーナーを交換して、燃調(EFIチューニング)をしなくても、バイクが走らないというわけではない。

 

しかし、燃調(EFIチューニング)することで、増大した空気に合わせて、燃料を適正に供給できるようになるので、パワーやトルクがアップし、燃費も向上する。

 

また、混合気が薄くなった状態では、エンジンの温度が上がってしまうが、燃調(EFIチューニング)することで、それも改善できる。

そのほうが、エンジンにも優しいし、乗っている人にも優しい(暑くない)。

 

もしも、マフラー交換だけに留めたい人は、「北米仕様マフラー」か「スクリーミンイーグル」を選択しておくといいかもしれない。

 

ちなみに「スクリーミンイーグル」は、車検対応のマフラーもあるが、「北米仕様マフラー」は、あくまで「北米仕様」なので、日本で車検を通すことはできないことは、覚えておこう。

Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)のマフラーは車検対応?【ハーレーカスタマイズ】

   

コメント

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました