Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)のマフラーは車検対応?【ハーレーカスタマイズ】

   
Harley-Davidson CUSTOMIZE
この記事は約4分で読めます。

せっかくハーレーに乗るのに、ノーマルの物足りないマフラーサウンドで、ストレスを抱えながら乗り続けるのであれば、思い切って交換してしまったほうがいいかもしれない。

 

ということで、ハーレーを買ったら、多くの人が、まずはじめにカスタマイズしたくなるのが「マフラー」だ。

 

しかし、車検のこともあるし、ご近所さんの手前もあるし…なんていう人には、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」のマフラーなんていうのも、選択肢になってくる。

   

Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)

ハーレー純正のカスタムパーツブランドである、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」のマフラーは、車検対応仕様も市販されている。

 

「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」のマフラーは、品質が良く、音量も大き過ぎず丁度良い、ということで、日本でも人気がある。(だだし、大人しすぎると感じる人も多い。)

 

「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応マフラーの値段は、少し高めで、「エアクリーナー」交換と「EFIチューニング」まで行えば、30万円コースになってしまう。(ソフテイルM8の場合)

 

しかし、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応マフラーだけを交換した場合、コンピューターチューニングは、とくに行わなくても大丈夫ということ(要確認!)なので、この音で満足できる人にとっては、安上がりかもしれない。

 

ただし、「エアクリーナー」をハイフロータイプに変えたい場合は、「EFIチューニング」を行ったほうがいいので、30万円コースになる。

 

ノーマルのマフラーサウンドでは物足りないので、もう少しいいだけ、ハーレーらしい、いい音がする車検対応のマフラーに交換したいという人は、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応のマフラーサウンドを、どこかで聞かせてもらうといいかもしれない。

   

芯を抜く

実際のマフラーサウンドを聞いて、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応マフラーが、もう少し、迫力のある音だったらなぁ!と思う人もいるかもしれない。

 

しかし、そこは、車検対応マフラーのなので、我慢しなくてはならない。

でなければ、車検対応でなくなってしまう。

 

ただし、ちょっとした裏技的なことはある。

 

その裏技とは、芯(インナーサイレンサー)を抜いてしまうのだ。

 

しかし、それをやると、もちろん、車検には通らなくなるので、車検時には、芯(インナーサイレンサー)を戻してやる必要がある。

 

また、その場合は、おそらく「EFIチューニング」が必要になると思われる。(ここも、要確認!)

 

だったら、はじめから、社外の車検非対応マフラーでいいではないか!となる。

おわりに

ハーレーの「サウンド」を控えめにカスタマイズしようと思ったら、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応マフラーも、検討してみてもいいかもしれない。

 

ただし、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応マフラーに、車検非対応のマフラーのようなサウンドは期待できない。

 

「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応マフラーは、

・ノーマルマフラーは嫌だ
・あまりうるさすぎるのも困る
・車検対応マフラーがいい
・ディーラーで取付も行ってほしい

 

などという人には、ちょうどいいマフラーかもしれない。

 

社外の車検非対応マフラーは、正規ディーラーでは取り付けてくれないので、自分で交換するかするか、別のカスタムショップで交換してもらう必要がある。

 

しかし、「Screamin Eagle(スクリーミンイーグル)」の車検対応マフラーは、車検対応なので、ディーラーでも取り付けてもらえる。

 

値段が少し高めではあるが、検討してみる価値はありそうだ。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました