HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)納車準備【 慣らし運転前のカスタマイズ】

Harley-Davidson CUSTOMIZE
この記事は約4分で読めます。

無事に大型自動二輪免許を取得することができたので、2ヶ月間、倉庫で眠っていた2018年モデルの「HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック) FLHC」の納車準備を進めてもらっている。

 

とりあえず、「マフラー交換」、「エアクリーナー交換」、「EFIチューニング」は、慣らし運転後に行うことにしたので、納車前のカスタマイズとしては、それほど多くはない。

 

ハーレーは、イジろうと思えば、いくらでもイジれるが、自制しないと、際限なくお金が必要になる。

それに、少しはノーマルで乗っておいたほうが、カスタマイズしたときに、違いが分かって面白いだろう。

 

今回は、慣らし運転前のカスタマイズについて、簡単に書いてみる。

エンジンガード

教習所では、散々、立ちごけも経験した。

自分のハーレーでは、立ちごけしないように気をつけるが、一応、念のために「エンジンガード」は注文した。

 

それに、「エンジンガード」には、「ドリンクホルダー」や「フットペグ」などを付けることもできるので、何かと役に立ちそうだ。

 

2018年モデルの「HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック) 」は、フロントフォークもハンドルバーもブラック仕様だが、「エンジンガード」は、あえてメッキを選んだ。

 

メッキかブラックかは、最後まで悩んだが、メッキを選んで正解だった。

もちろん、ブラックアウトが好みの人は、ブラックを選ぶほうがいいと思うが、私のようなメッキパーツ好きには、やはりメッキの方がいい。

 

リアの「サドルバッグガード」は、当初は、付けようと思っていたが、免許取得前よりも、立ちごけや転倒に対する心配が減ったことと、サドルバッグを外したときのことを考えて、付けないことにした。

シフトペダル

「HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック) 」のようなタイプのハーレーに乗る人は、だいたい付けると思うが、シーソーペダルにするための、シフトペダルをセットで注文した。

 

シーソーペダルにするための、ヒール側1本のみの設定がなく、前後セットでの交換というのが納得いかないが、仕方がない。

 

一緒に、ヒール側のペグも1個、必要になるが、ここは、こだわらなければ数百円だ。

ETC

実際、そんなに高速に乗るのか?

と思わなくもないが、とりあえず「ETC(1.0)」は、付けておくことにした。

 

「ETC」には、今なら助成金も出るので、「ETC」本体は、かなり安く付けることができる。

 

しかし、レザー製の「ETCホルダー」が、本体以上に高い

サドルバッグの中に入れてしまえば、安上がりだったかもしれないが、サドルバッグを外したときのことを考えて、外に「ETCホルダー」を付けて、その中に収納することにした。

おわりに

その他、細かなパーツはキリがないので、とりあえずは、しばらくは、ノーマルで乗ってみることにした。

 

そして、慣らし運転と初回点検が終わったら、真っ先に、「マフラー交換」と「エアクリーナー交換」と「EFIチューニング」をセットで行う予定で、部品だけは注文してある。

 

これだけで、キャンペーンの30万円は、ほぼ残らない。

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】

 

また、30万円の使いみちに「EFIチューニング」のための「CPUモジュール(ライセンス料みたいなもの)」は、30万円に含まれるが、「EFIチューニング」の代金は、別途、支払う必要がある。

 

実際には、「EFIチューニング」の代金が、30万円に含まれるとしても、カスタマイズの総額30万円を超えてしまえば、同じことなので仕方がない。

 

とりあえず、キャンペーンの30万円なんて、あっという間に終わってしまった。

あとは少しずつ、カスタマイズしていくしかない。

コメント

About Me

Harleys

突然 ハーレーに魅せられてしまった40代。

バイク経験ゼロなので 大型自動二輪のライセンス取得からのハーレーライフ。

免許もないのに、いきなり「HERITAGE CLASSIC」の 2018年モデル(VIVID BLACK)を契約してしまった。

生息地は北関東。求むハーレー仲間!

Harleysをフォローする
   
タイトルとURLをコピーしました