HERITAGE CLASSIC(ヘリテージ クラッシック)FLHC 107ci【2018年モデル】

Haley-Davidson HERITAGE CLASSIC
この記事は約5分で読めます。

ソフテイルファミリー」は、いかにもアメリカンといったスタイルで、ハーレーダビッドソンのなかでも、圧倒的な人気を誇っている。

 

「ソフテイルファミリー」は、リアサスペンションが見えない「リジット風スタイル」が最大の特徴だ。

 

エンジンは、2018年モデル以前は、「ツインカム」エンジンだったが、2018年モデル以降は、新型エンジンの「ミルウォーキーエイト」となっている。

 

今回は、そんな「ソフテイルファミリー」のなかの

HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック) FLHC」について紹介する。

   

HERITAGE CLASSIC 2018

HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)」は、前後16インチスポークホイールに、大きなサドルシートとサドルバッグといった、お馴染みのクラシックスタイル。

 

「HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)」は、2018年モデルから、新設計の「リジッド型フレー」と、「ミルウォーキーエイトエンジン」が搭載され、さらに快適なツアラーへの進化を果たした。

 

外見は、以前よりもブラックパーツが増え、引き締まった印象になっている。

 

2018年モデルの「HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)」は、歴史をきちんと受け継ぎつつも、ダークスタイルと、最先端の操作性能を身をまとっている。

 

エンジン排気量は、「107ci」と「114ci」の2種類から選択可能となっている。

 

・FLHC…107キュービックインチ(1745cc)
・FLHCS…114キュービックインチ(1868cc)
   

HERITAGE CLASSIC 2018 FLHC

HERITAGE CLASSIC 2018 FLHC

価格・スペック

ディメンション

全長(mm) 2,415
シート高(mm) 680
最低地上高(mm) 120
レイク(°) 30
トレール(mm) 140
ホイールベース(mm) 1,630
フロントタイヤ 130/90B16,53H,BW
リアタイヤ 150/80B16,77H,BW
燃料タンク容量(L) 18.9
オイルタンク容量(L) 4.7 l
車両重量(kg) 330
ラゲッジ積載容量(㎥) 0.043

エンジン

エンジン型式 Milwaukee-Eight® 107
ボア(mm) 100
ストローク(mm) 111.1
排気量(cc) 1,745
圧縮比 10.0:1
フューエルシステム インジェクション
(Electric Sequential Port Fuel Injection)
エキゾースト 2-2ショートデュアル、マフラー内触媒

パフォーマンス

エンジントルクテスト方法 EC 134/2014
エンジントルク(Nm) 145
エンジントルク(RPM) 3,000
リーンアングル、右(度) 27.3
リーンアングル、左(度) 28.5

ドライブトレイン

プライマリードライブ チェーン式、ギア比:34/46
ギアレシオ(全体)1ST 9.311
ギアレシオ(全体)2ND 6.454
ギアレシオ(全体)3RD 4.793
ギアレシオ(全体)4TH 3.882
ギアレシオ(全体)5TH 3.307
ギアレシオ(全体)6TH 2.79

シャシー

フロントタイプ グロスブラック、スチール レース
バックタイプ グロスブラック、スチール レース
ブレーキ、キャリパータイプ フロント固定4ピストン、
リアフローティング2ピストン

電気

ライト、インジケーターランプ ハイビーム、ターンシグナル、ニュートラルランプ、油圧警告灯、エンジンチェックランプ、補助灯、クルーズコントロール、ABS、バッテリー警告灯、燃料警告灯
ゲージ 12.7cm(5 インチ)のアナログスピードメーターに、デジタルギア、オドメーター、フューエルレベル、時計、トリップメーター、航続可能距離、タコメーター表示

主要装備

主要装備 ABS、クルーズコントロール、5インチのデジタルスピードメーター

カラーバリエーションと価格

オリーブゴールド/ブラックテンペスト 259万8000円
ビビッドブラック 251万8000円
ツイステッドチェリー 256万円
シルバーフォーチュン 256万円
インダストリアルグレーデニム/ブラックデニム 259万8000円

*記載の車両情報や価格表記は、メーカー発表当時のもの

   

おわりに

2018年モデルより、ハーレーのラインナップで、高い人気を支えてきた「ダイナファミリー」が、「ソフテイルファミリー」に統合されることになった。

 

統合された新「ソフテイルファミリー」には、2017年モデルで「ツーリングファミリー」に導入された新型エンジン「ミルウォーキーエイト」が搭載された。

 

フレームも、新設計となる「モノショック型カーボンスチールフレーム」へと変わった。

 

「ソフテイルファミリー」は、2017年モデルから2018年モデルにかけて、大きく変わったが、2019年モデルにかけては、それほど大きく変わっていない。

 

もしも、2018年モデルがまだ残っていれば、2018年モデルのほうがお得感がある。

ソフテイル・ファミリーの「2018年モデル」をお得に買う方法

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】
これを書いているのは、2019年5月初頭のゴールデンウイーク真っ只中だ。 つい先日、「平成」が終わり、「令和」が幕を開けたばかりだ。 この時期、日本国内のハーレー・ダビッドソンのディーラーでは、在庫の「2018年モデル」...
   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました