映画「イージー・ライダー」で使われたハーレーは?【現代のハーレーで選ぶなら…】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Haley-Davidson HARLEY DAVIDSON
この記事は約5分で読めます。

ステッペンウルフの「Born to Be Wild」でお馴染みの、1969年に公開された、映画「Easy Rider(イージー・ライダー)」は、ピーター・フォンダと、デニス・ホッパーによる、アメリカン・ニューシネマの代表的「ロードムービー」だ。

 

【関連記事】

映画『イージー・ライダー』ピーター・フォンダ氏が死去【自由という名のグラスで乾杯を!】

映画『イージー・ライダー』ピーター・フォンダ氏が死去【自由という名のグラスで乾杯を!】
映画『イージー・ライダー』で主演を務めた米国の俳優、ピーター・フォンダ氏が、2019年8月16日、ロサンゼルスの自宅で、肺がんによる呼吸不全で亡くなった。 1940年生まれのピーター・フォンダ氏は、享年79歳だった。 1...

 

ネタバレいなるので、内容については、あまり触れないが、

えーーー!

という、まさかの、衝撃的なエンディングが待っている。

 

 

Amazon Prime Videoでも、レンタル(199円〜)や、購入(1,500円)で、観ることができる。

2台のハーレー・ダビッドソン

この映画には、2台のハーレー・ダビッドソンが登場する。

とにかく、カッコ良すぎである。

 

©1969 COLUMBIA PICTURERS INDUSTRIES,INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 

映画で使われたバイクは、

1965年型のハーレー・ダビッドソンで、エンジンは「パンヘッド」と呼ばれるタイプで、排気量は1200cc

 

フレームは、当時としては斬新なフルメッキを施しており、現代のブラックアウト化された、それとは違って、なんとも言えないカッコ良さが漂う。

 

さらに、写真奥の、ワイアット(ニックネーム:キャプテン・アメリカ)が乗っていた「チョッパー」には、前輪のフェンダーもブレーキ装備されていない。

 

また、「リジッド」タイプなので、サスペンションが無い。

現在の「ソフテイルファミリー」は、その当時のスタイルを再現している。

   

135万ドル

この、キャプテン・アメリカが乗っていた「チョッパー」は、撮影中に故障した場合に備えて、2台作られたそうだ。

 

そのうちの1台(エンディングのシーンに使われたハーレー)は、2014年に、米国・カリフォルニア州で競売に掛けられ、135万ドル(約1億4,500万円)で落札され、大きな話題となった。

リジッド

映画「Easy Rider(イージー・ライダー)」に出てくるような、「リジット(ハード・テール)」タイプのハーレーは、サスペンションがないので、硬くて、実用的ではない。

 

しかし、サスペンションがないフレームは、美しく見えることから、80年代前半には、あえて、サスペンションを取り外すカスタム(リジッド化)が大流行した。

 

そこでハーレー社は、「古き良きスタイル」と「現代的な乗り味」との両立させるべく、

サスペンションを見えないよう取り付ける「リジッド」風スタイル

を採用した。

 

ハーレー社は、この新フレームに、「ソフト・テイル」をもじって、「ソフテイル」という名前を与えた。

 

これが「ソフテイルファミリー」の「ソフテイル」名前の由来である。

   

現代版で選ぶなら…

2018年モデル以降では、「ダイナファミリー」が「ソフテイルファミリー」に統合されている。

 

そのため、映画「Easy Rider(イージー・ライダー)」に出てくるようなハーレーの、2018年モデル以降を新車で買うなら、「ソフテイルファミリー」が、選択肢となるだろう。

ダイナファミリー

個人的には、統合前の「ダイナファミリー」の

FXDWG Dyna Wide Glid(ダイナ FXDWG ワイドグライド)

が好きだ。

 

FXDWG Dyna Wide Glid

 

このあたりをベースにして、「チョッパー」スタイルにカスタマイズすれば、映画「Easy Rider(イージー・ライダー)」に出てくるようなハーレーに近いものができあがりそうだ。

しかし、サスペンションは、左右にむき出しになる。

ソフテイルファミリー

その点では、「ソフテイルファミリー」が、現代版の「イージー・ライダー」に最も近いカスタムベースとなるのだろう。

 

SOFTAIL®BREAKOUT®FXBR

 

すでに述べたように、「リジット風」スタイルで、サスペンションは、シートの下に内蔵されていて、見えないようになっている。

 

ソフテイルファミリーのなかでは、「BREAKOUT(ブレイクアウト)」や「SOFTAIL SLIM(ソフテイル スリム)」、そして「」STREET BOB(ストリートボブ)あたりだろうか。

   

スポーツスターファミリー

スポーツスターファミリーには、「IRON1200(アイアン1200)」や「FORTY-EIGHT SPECIAL(フォーティーエイト スペシャル)」などがある。

 

Harley Davidson

XL1200XS FORTY-EIGHT™ SPECIAL

 

もしかしたら、これらが、いちばんカスタマイズしやすいかもしれない。

ただ、こちらもリジッド風ではなく、サスペンションがむき出しになる。

   

おわりに

もちろん、これらの「ダイナ・ワイドグライド」にしろ、「ソフテイル スリム」や「ブレイクアウト」、「フォーティーエイト スペシャル」にしろ、ハンドルやその他諸々を、大幅にカスタマイズする必要があるが、それもまた楽しい。

 

なにはともあれ、古い映画ではあるが、「Easy Rider(イージー・ライダー)」を、まともに観ていない人は、いちどくらい観てみるといいと思う。

 

 

Amazon Prime Videoでも、レンタル(199円〜)や、購入(1,500円)で、観ることができる。

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました