ハーレーを新車で買った!人生とは いったいなんだ?

Haley-Davidson HERITAGE CLASSIC
この記事は約7分で読めます。

2019年5月、ハーレーを新車で契約した。

まだ、大型自動二輪の免許はない。

先日、教習所に入校したばかりだ。

 

では、なぜ、免許もないのに、買ってしまったのか?

 

ハーレーを買ったからには、免許を取るしかない!

と、自分を追い込むのが理由ではない。

   

やっぱりクラシカル

私が、ハーレー・ダビッドソンに興味を持ったきっかけは、

ソフテイル・ブレイクアウト 2018年モデル を見かけたことだった。

 

そのあたりのことは、別の記事で書いているので省略する。

⇒ Hello! Haley-Davidson

Hello! Haley-Davidson
これまで40年以上、生きてきて、バイクというものに興味を持ったことは、一度もなかった。 思えば、祖母から、 「危ないから、バイクだけは乗らないで欲しい」 と、学生のうちから言われていたので、原チャリにすら乗らずに、...

 

もちろん、「ブレイクアウト」や「ファットボーイ」も、クールでいいのだが、いろいろ見たり、調べたりしているうちに、やはり、クラシカルな雰囲気に惹かれてしまった。

 

また、ツーリングのときの、乗りやすさや疲れにくさ、装備なども考えると、

HERITAGE CLASSIC(ヘリテージ クラッシック)」の2018年モデルが欲しくなった。

 

エンジンは、107キュービックインチ(1745cc)搭載の「FLHC」で十分だ。

 

ボディカラーは、「VIVID BLACK(ビビッドブラック)」。

 

Softail  Heritage Classic

 

よく、

黒は、つまらない

とか、

(黒は多すぎて)どれが自分のハーレーだか、わからなくなる

などと言われる。

 

そして、たとえ、「ハーレー初心者」などと言われようと、いちどは、「黒(ビビッドブラック)」に乗ってみたいのだ。

   

2018年モデルを求めて

2019年のゴールデンウイークともなると、2018年モデルの新車は、日本国内のディーラーに、それほど多くは残っていないない(と思う)。

 

ボディカラーを選ばなければ、まだ可能性は高くなるが、ボディカラーを指定すると、なかかな見つからない。

 

私は、すでに、数回、最寄りのハーレー・ディーラーに通っていた。

少しは、スタッフと気心が知れてきたので、

 

どこかに、2018年モデルのヘリテージ クラッシックの黒、あるでしょ?探してよ!

 

と言ってみた。

 

私としては、2018年モデルの黒は、たぶん、もう残ってないと思っていたのだ。

 

しかし、スタッフは、すぐにどこかに電話をかけて、

関東に3台ある

と教えてくれた。

 

そして、

買うなら、すぐに抑える

と言われた。

買うしかない!

2018年モデルの「ヘリテージ クラッシック」のビビッドブラックが残っているとは思っていなかったので、正直、嬉しかったのだが、大型自動二輪の免許も、資金もない状態では、

買う!

と即答することはできなかった。

 

とりあえず、

一晩、考える

と言って、ディーラーをあとにしたが、心はすでに決まっていた。

 

なぜなら、こんなキャンペーンもやっていたからだ。

 

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】
これを書いているのは、2019年5月初頭のゴールデンウイーク真っ只中だ。 つい先日、「平成」が終わり、「令和」が幕を開けたばかりだ。 この時期、日本国内のハーレー・ダビッドソンのディーラーでは、在庫の「2018年モデル」...

 

免許を取り終えてから、ゆっくり選んでいては、2018年モデルは、絶対に買えなくなることは明らかだった。

 

もちろん、2019年以降のモデルなら、普通に買える。

 

しかし、2018年モデルと2019年モデルでは、そう大きく変わっていない。

というか、ほとんど変わっていない(と思う)。

 

ためにし、

ヘリテイジクラシック 2018 2019 違い

と、グーグルで検索しても、それらしい記事も出てこない。

 

ディーラーの人に訊いても、

ほとんど変わっていない

としか教えてくれない。

 

まったく変わっていない」ではなく、「ほとんど変わっていない」なので、どこかしら変わっているかも知れないが、どこが変わったのか、誰も説明してくれない。

 

もしかしたら、価格以外には、何も変わっていないのかもしれない。

 

HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)2018年モデルと2019年モデルの違い

HERITAGE CLASSIC(ヘリテイジ クラシック)【2018年モデルと2019年モデルの違い】
ハーレーダビッドソンの「ソフテイルファミリー」は、リアサスペンションが見えない、古き良き時代の「リジット風スタイル」が最大の特徴のアメリカンだ。 そんな「ソフテイルファミリー」のなかで、個人的なイメージだが、「イージーライダー...

 

であれば、

買うしかない!

 

というか、

先日、教習所へも入校したし、もはや、

 

買わない理由がない!

 

そのために、教習所に入校したのだ。

 

残る問題は、支払い方法だけだった。

   

契約

結局、ハーレーダビッドソン ファイナンス プラン(ジャックス)のお世話になることにした。

年利1.9%で、120回(10年)のローンを組んで、契約書にサインした。

 

ハーレー購入時の支払い方法【長期ローンならハーレーに乗れる!】

ハーレー購入時の支払い方法【長期ローンならハーレーに乗れる!】
ハーレーを買うとき、多くの人にとって、問題は「支払い」をどうするのか、ということだ。 しかし、 「お金がないから」という理由で、ハーレーに乗るのを諦めたり、はじめから、「ハーレーなんて高くて買えるわけがない」などと思って...

 

2018年モデルにした特典としては、

 

Passport to Freedom 2019

という、免許サポートで、10万円の値引きと、

 

2018年モデルのSOFTAIL®限定!300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート

というキャンペーンで、30万円分のオプションサポートという条件だった。

 

悪くはない。

 

おそらく、2020年モデルが出るころには、2019年モデルに対しても、同様のキャンペーンが行われるだろうが、そんなのを待っていたらキリがない。

 

2020年モデルが出たら…

2021年モデルが出たら…

 

いつになっても買えない。

結局、一生、買えないことになる。

 

そのうちに、ハーレーも、電動バイクになり、挙句の果てには、空を飛んでいることだろう。

   

人生とはなんだ?

お金に関してもそうだ。

 

せめて、頭金が貯まったら買おう!

というのは、おそらく、まともな考え方だろう。

 

しかし、もっとも大切なのは、

情熱」だと思う。

 

「何かをやりたいと思ったとき」

「何かを欲しいと思ったとき」

 

に行動を起こさないと、次第に「情熱」は失われていく。

 

すると、

まぁ、いいか

という気持ちになって、諦めてしまう。

 

おそらく、これまでにもそのようなことは、たくさんあった。

 

しかし、そんな人生は、つまらない。

お金がなければ、稼げばいい。

 

お金がないからできない

お金がないから買えない

 

と言っていると、なにもできないまま、人生が終わってしまう。

 

人生とは、いったい、なんなのだろうか?

 

少なくとも、

失敗せずに、つつがなく終えること

ではないはずだ。

 

人生とは、きっと、

多くのことに「挑戦すること」

そして、

おもいっきり、「楽しむこと」

ではないだろうか。

 

何も考えずに、ハーレーを買ってしまった今、

きっと、そうに違いない!

と、私は自分に、そう言い聞かせ続けている。

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました