Hello! Haley-Davidson

Harley-Davidson HARLEY'S LIFE
この記事は約3分で読めます。

これまで40年以上、生きてきて、バイクというものに興味を持ったことは、一度もなかった。

 

思えば、祖母から、

危ないから、バイクだけは乗らないで欲しい

と、学生のうちから言われていたので、原チャリにすら乗らずに、今日に至っている。

 

もちろん、父親を含めて、私の家系でバイクに乗っている人間は、見たことすらない。

 

そんな祖母も、だいぶ前に他界してしまった。

 

しかし、だからといって、その後も、バイクに乗りたいなどとは、まったく思わずに生活していたのだが、あるとき、よく通る国道脇の店先に置いてある、赤いバイクに目がとまった。

 

お〜、なんだかカッコいいな!あんなバイクなら乗ってみたい!

 

その道を通るたびに、そんなことを思いながら、その赤いバイクを眺めていた。

 

そして、しばらくすると、

「ちょっと見に行ってみようかな?」

という気持ちになったが、すぐには見に行かなかった。

 

「自分」と「バイク」が、どうしても結びつかなかったのだ。

 

それからも、その国道を通るたびに、その赤いバイクを眺め続けた。

   

そして、とうとう、ある休みの日に思い切って、その赤いバイクを見に行ってみることにした。

 

そこで初めて、その赤いバイクは、

 

Harley-Davidson SOFTAIL BREAKOUT

 

の18年モデルの試乗車だということを知った。

 

HARLEY-DAVIDSON SOFTAIL BREAKOUT

 

もちろん、私には自動二輪の免許がないので、試乗することはできない。

眺めたり、跨ったりするのが関の山だ。

 

リアタイヤは、あろうことか、240/40R18という、あり得ない太さ。

エンジンも1,745ccと1,868ccの2種類。

 

だいぶ昔に乗っていた、ユーノス・ロードスター(NB)ですら、1,600ccだったというのに、このバイクの排気量は1,800ccもあるというのか。

 

とにかく、すごいとしか言いようがない。

値段も、当時のロードスター(NB)と同じくらいする。

   

結局、その日は、カタログとカレンダーをもらって帰った。

 

あとから、いろいろ調べて分かったことだけど、もっと排気量が小さい「STREET」や「SPORTSTER」なら、もっと安く買えるのだが、そういうモデルをみても、欲しいという願望はおこらない。

 

私は、「SOFTAIL」の、ハーレー・ダビッドソンにだけ、興味が湧いてしまったらしい。

 

さらに大きな「TOURING」にも、いまのところ、興味が湧かない。

 

それまで、「ハーレー・ダビッドソン」という名前だけは知っていたが、「SOFTAIL」だとか「BREAKOUT」とかという名称は、その日に始めて知ることになった。

 

こうして、これまでバイクとはまったく無縁だった私が、「ハーレー・ダビッドソン」の魅力に取り憑かれていくのだった。

   

コメント

 
 
タイトルとURLをコピーしました