バイクの駆動方式【チェーンドライブ・ベルトドライブ・シャフトドライブ】

   
ベルトドライブ MOTORCYCLE
この記事は約5分で読めます。

ハーレーの駆動方式には、「ベルトドライブ」方式が採用されている。

 

ハーレーにも、一時期、「チェーンドライブ」が採用されていた時期もあったようだが、現在では、すべての車種が「ベルトドライブ」となっている。

 

また、プライマリーチェーンにも、ベルトが採用されていたこともあったらしいが、ベルトの劣化などの問題で、現在は、チェーンになっているとのことだ。

 

ハーレーにしか乗ったことがないと、駆動方式は、「ベルトドライブ」があたりまえだが、じつは、スクーターを除くと、ドライブベルトを採用しているバイクは、ハーレーくらいしかないらしい。

 

今回は、バイクの駆動方式について。

   

バイクの駆動方式

バイクの駆動方式は、3種類に分かれる。

 

3種類とは、

・チェーンドライブ
・シャフトドライブ
・ベルトドライブ

の3種類の方式だ。

 

二輪の場合、最も一般的で主流の駆動方式は、「チェーンドライブ」方式だ。

 

そして、スクーターを除き「ベルトドライブ」方式を採用しているのは、ハーレーだけだ。

 

また、「シャフトドライブ」方式については、BMWが一部の車種を除き、古くから採用していている。

 

ちなみに、4輪の場合は、基本的には、「シャフトドライブ」方式のみだ。

チェーンドライブ方式

「チェーンドライブ」方式は、ほかの駆動方式と比べて、低コストで、駆動ロスが少ないのが特徴だ。

 

また、スプロケットの大きさを変更することで、容易にギヤ比の変更が可能となる。

 

古くから「シャフトドライブ」方式が多く採用されている、BMWのバイクであっても、一部のスポーティなモデルには、「チェーンドライブ」方式が採用されていたりする。

 

ただし、

「チェーンドライブ」方式は、チェーンの給油や清掃、張り具合の調整など、定期的にメンテナンスをしないといけない

という、わずらわしい面がある。(やったことないけど…)

   

ベルトドライブ方式

「ベルトドライブ」方式は、変速時にかかる衝撃を吸収してくれたり、静粛性にも優れている。

 

そして、「ベルトドライブ」方式は、「チェーンドライブ」方式よりも軽量で、メンテナンスサイクルも長い

 

「ベルトドライブ」方式では、「チェーンドライブ」方式のような、給油や清掃の必要がないので、基本的には、メンテナンスフリーだ。

 

とはいえ、「ベルトドライブ」方式の場合は、ドライブベルトから異音が発生する「鳴き」が、発生することもある。

ドライブベルトの「鳴き」は、ドライブベルトに、シリコン製のグリスを塗り込むなどで対処する。

 

また、めったにないだろうが、異物の噛み込みなどトラブルによって、突然、切れることもあるらしい。

 

ベルトが切れると走行不可能になってしまうので、メンテナンスフリーといえども、定期的にベルトの劣化具合をチェックしたほうがよさそうだ。

シャフトドライブ方式

「シャフトドライブ」方式は、ほかの方式に比べると、カバーで守られているため、剛性や堅牢性が高いく、騒音も少ない

 

また、「ベルトドライブ」と同様に、チェーンの注油や定期的な清掃のような、日常的なメインテナンスは、ほぼ不要となるので、こちらも、基本的には、メンテナンスフリーだ。

 

「シャフトドライブ」方式は、ほかの駆動方式よりも、重量や部品コストにおいて不利なため、積極的に採用されることは少ない。

 

そんな中、BMWでは、古くから多くのモデルで、「シャフトドライブ」方式が採用されている。

 

また、「シャフトドライブ」方式は、スロットルを回して加速する際に、車輌が浮き上がるように感じる癖が指摘されることがあるが、BMWで採用されている「シャフトドライブ」方式は、その癖を抑えるシステムが組み込まれているようだ。

 

さすがは、BMWといったところだ。

   

おわりに

ハーレーにしか乗らなければ、駆動方式を気にすることもなかった。

 

しかし、いろいろな車種に乗ったり、知ったりすると、「ベルトドライブ」方式が、普通ではないことが分かる。

 

一般的に、多くの二輪車は、「チェーンドライブ」方式が採用されている。

 

そして、「チェーンドライブ」方式には、チェーンのメンテナンスが必須となる。

 

その点、ハーレーは、「ベルトドライブ」方式なので、メンテナンスが楽チンだ。

 

ハーレーが「ベルトドライブ」方式を採用し続ける理由としては、以下のような理由が考えられる。

 

・悪路を走行しない
・ツーリングに不便なメンテナンスを減らしたい
・最高出力や最高速を重視していない
・ギヤ比(ファイナル比)の変更が少ない

 

ハーレーも、2020年以降に発売が予定されているスポーツモデルなども含めて、

モデルによっては、「チェーンドライブ」方式を採用した方がいいのではないか?

という声もある。

 

しかし、とりあえず、私のFLHCに関しては、「ベルトドライブ」方式で良かった思っている。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました