ハーレー(アメリカン)とブルターレ(ネイキッド)の2台持ちでわかったこと

   
HARLEY DAVIDSON HARLEY'S LIFE
この記事は約4分で読めます。

5月というのは、本当に気持ちがいい日が多い。

 

五月晴れ(さつきばれ)」という言葉があるくらいだ。

 

じつは、「五月晴れ(さつきばれ)」の「五月(さつき)」は、旧暦の呼び方で、新暦では、6月に相当するのだが、この際、そんなことはどうでもよい。

 

あまりにいい天気だったので、仕事を終えた夕方、少しハーレーに乗ってみた。

   

二股もあり⁉

最近、ブルターレにばかり、気持ちがいってしまっていて、なんだかハーレーに申し訳ないような気がしていた。

 

およそ1年間、付き合った彼女と、まったく違うタイプの女性と出会ってしまい、すっかり心を奪われているような感じだ。

 

多少のマンネリ感は否めないが、彼女も悪くない。

 

HARLEY DAVIDSON

HARLRY DAVIDSON FLHC(2018)

 

だだ、新しい彼女が、あまりにもセクシーで魅力的なだけだ。

 

BRUTALE 800 ROSSO 2020

MV AGUSTA BRUTALE 800 ROSSO(2020)

 

経験的に言って、

「じつは、ほかに好きな人ができたので、別れてほしい…」

と、ことを急ぐのは、正しい選択とは言えない場合が多い。

 

結論を急ぐと、後悔することが多いのだ。

 

ことバイクに関しては、二股も悪くない。

   

ハーレーは…

のどかな夕暮れ時に、バイクに乗って、まったりと走るのも悪くない。

 

そんなつもりで、ハーレーに乗って走り出したのだが、コーナーに差し掛かると、いきなり、豪快にステップを擦ってしまった。

 

一瞬、何が起こったのか、分からなかった。

 

こんなバンク角で、ステップをするわけがない。

 

これまで、ハーレーしか乗っていなかったころは、

「擦ってしまうことが前提」

だったので、恐る恐る倒しながら、コーナーを曲がっていた。

 

しかし、ブルターレに乗り出してからは、

「擦らないことが前提」

なので、倒すことに躊躇がなくなってきた。

 

どうやら、その感覚で、ハーレーに乗ってしまったようだ。

 

そして、豪快にステップを擦って、少ししてから、

「あ、ハーレーは倒しちゃダメなんだ!」

ということを思い出し、それからは、なるべく倒さないように走った。

   

ハーレーの良さ

ハーレーだけに乗っていた頃は、ハーレーのダメな部分にばかり、意識が向いてしまい、不満が多かった。

 

重たい、止まらない、曲がらない、すぐにステップを擦る…

 

しかし、ブルターレに乗るようになってから、改めてハーレーの良さを認識した。

 

1,500〜2,000回転くらいで、リラックスしてトコトコと走るのも、気持ちがいいものだ。

 

この気持ち良さは、SSやネイキッドでは味わえない。

おわりに

ハーレーとブルターレの違いを、車に例えるなら、SUVとスポーツカーの違いに似ている。

 

それらは、どちらが優れているとか、比較するべきものではないし、速さを競うのも馬鹿げている。

 

あきらかに用途が違うのだ。

 

ハーレー(アメリカン)とブルターレ(ネイキッド)も用途が違う。

 

やはり、タイプの異なる彼女が、複数いるというのは贅沢だ。

 

それぞれの違いを認識できていれば、お互いの欠点に意識がいかない

 

逆に、良いところに意識がいくようになる。

 

もしかしたら、これは、バイクだけではなくて、人間の彼女の場合でも、当てはまることなのかもしれない(笑)

   

コメント

  1. トムクル より:

    そうねー 普段は大人しくて清楚だけど、所変われば、激しく情熱的という二面性を持つタイプもありだと思います。個人的にはハーレーのまったり感と快適性を持ちながら、コーナでも楽しめるなんてバイクはあったら面白いと思います。 それに当てはまるのが最近乗ったインディアンftrまさにそんな感じ、ルックスは今ひとつだけど、大抵の要求に応えてくれます。それに比べ私のボバーTFCはもうなんだかsmの女王様見たいで大変です。 

    • HIRO CRUISE HIRO CRUISE より:

      トムクルさん
      ボバーTFCは、紳士的な見た目とは裏腹に、想像を超えるスパルタンな女王様キャラでしたねw
      それにしても、バイクの世界は奥が深く、次から次へと、新たなバイクが欲しくなってしまいます。
      歳をとると、最後は、GS、ムルティストラーダ、ツーリズモベローチェ、アフリカツインみたいなバイクに行き着くのでしょうか?

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました