SWLブーツは日本人のために日本人が作るブーツ!【ハーレー乗りのブーツ選び】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SWL APPAREL-GEAR
この記事は約6分で読めます。

ハーレーに乗ると、やはりブーツが欲しくなる。

 

ハーレー乗りのブーツと言えば、「WESCO(ウエスコ)」や「RED WING(レッドウイング)」などが、とくに有名だが、その多くは海外ブランドだ。

 

「そもそも、ハーレーだって海外ブランドなのだから、別にいいではないか」

という意見もあるかとは思うが、日本人と海外の人とでは、基本的に体型が違う

 

もちろん、海外ブランドでも、自分の体型に合っていれば問題ないが、そうとも言えない場合も多い。

 

その場合は、足をブーツに合わせるか、ブーツを足に合わせるかのどちらかだ。

 

どちらかと言うと、私も海外製のブランドは、自分の体型に合わなそうだが、ひとつ気になっているブランドがある。

 

それは、「SWL(SLOW WATER LION)」だ。

   

SWL(SLOW WATER LION)とは

ブーツのなかには、もちろん、日本人のために日本人が作るブーツもある。

 

そんな、日本製(JAPAN MADE)のブーツのひとつに、「SWL(SLOW WATER LION)」がある。

 

「SWL(SLOW WATER LION)」とは、

スローウェアライオンは、日本人により気軽にブーツライフを楽しんでもらう為、日本の熟練の職人と試行錯誤を繰り返し、日本人特有の幅広の足型に合せた、独自の木型を製作・採用しています。

したがって履き心地においては、他のどのメーカーよりも、足への負担が少ない状態で、ブーツを履いていただけると自負しています。

出典:https://www.slowwear.co.jp/

 

という、ブーツを日本人の足に合わせることにこだわったブランドだ。

SWLのブランドコンセプト

SWLのブランドコンセプトは、「日本人のためのブーツ」だ。

 

ただ単に「日本で作っているから」ということではなく、「日本人のために日本人が作るモノ」を「日本製(JAPAN MADE)」と考えています。

それを貫き通すためにしてきたコト。こだわってきたコト。

誰かのためとかじゃなく、自分が嫌だから妥協はしない。したくない。

そんな作り手の思いを、いっぱいに詰め込んだSWLブーツ。

履き心地、履き易さを追求した日本人のためのSWLブーツ。

世界に誇れるモノづくりのプライドを、日本人のあなたの足で感じて欲しい。

出典:https://www.slowwear.co.jp/

 

SWLでは、単に、日本で作っているから「日本製(JAPAN MADE)」ではなく、「日本人のために日本人が作るモノ」を「日本製(JAPAN MADE)」と考えているブランドだ。

   

SWLの3つの特徴

日本人のためのブーツ

見た目の格好よさも大切。

でもブーツは人が使う道具でもあります。

海外ブランドのブーツは外国人のために作られています。

SWLは日本のブランドだから、日本人のために作ってきました。

軽さ、使いやすさ、デザイン。

全てが日本人を思った作りなのです。

出典:https://www.slowwear.co.jp/

日本人の足型にあった木型

SWLは国内生産のみ。

パートナー工場と「日本人の足型にあった木型」の開発に試行錯誤を繰り返してきました。

日本人の足にフィットし、長時間履き続けた時のストレスも軽減してくれる。

履き心地がよくて格好いい。

それがSWLブーツです。

出典:https://www.slowwear.co.jp/

手仕事を惜しまないモノづくり

マニファクチュア(工場制手工業)で作られているSWLブーツ。

機械を使う工程でも、必ず人の手を入れています。

手仕事を惜しまない非効率な生産体制であっても、熟練した職人の持つ経験や知識、オンリーワンの技術を削る事はできません。

出典:https://www.slowwear.co.jp/

サイドジップ

ハーレー乗りが履きたいブーツは、主に2つのタイプだ。

 

ひとつは、

RASE UP(レースアップ)

もうひとつは、

ENGINEER(エンジニア)

 

これらを含め、ブーツ全般に言えることだが、ブーツは、脱着が煩わしい

 

しかし、SWLのブーツでは、ハイト(履き口))の高さが、5インチ以上の高さのブーツに関しては、基本的に「ファスナー」が取り付けてある

 

それにより、着脱が簡単で、玄関先での煩わしさを解消している。

 

海外ブランドのブーツで、ファスナーがついているものは、おそらく、ないと思う。

それは、日本と海外とでは、生活様式が異なるためだ。

 

日本で暮らす上では、着脱のし易さは、かなり重要な要素だ。

 

こんなところにも、「日本人のために日本人が作るモノ」というブランドコンセプトが感じられる。

   

おわりに

SWLのブーツは、「Amazon」や「楽天」、「SlowWearLion公式オンラインショップ」などで購入することができる。

 

 

 

しかし、実際に足を入れて、履き心地を確かめてから購入したい人も多いと思う。

 

そんな人は、東京の原宿にある、SWLの直営店(Tools Infinity)がオススメだ。

SWL直営店の店内には、SWLのシーズンラインナップのすべてが揃っている。

また、直営店限定モデルもラインナップしている。

直営店の店舗情報

○ 店舗名:Tools Infinity(ツールスインフィニティ)
○ 住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-9-2 2F
○ ホームページ:https://www.tools-infinity.net/
○ 電話番号:03-5774-6331
○ 営業時間:open 11:00 – close 20:00

 

SWLのブーツは、私たち日本人の足には、おそらく、RED WING(レッドウイング)などのブーツよりも、履きやすく、フィットすると思う。

 

私も、SWLの直営店、Tools Infinity(ツールスインフィニティ)に、ぜひ、行ってみたくなった。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました