ハーレーとユニクロのウルトラライトダウン【インナーダウンはおすすめ!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウルトラライトダウン APPAREL-GEAR
この記事は約4分で読めます。

バイク乗りにとって、夏の暑さもツライが、冬の寒さもツライものがある。

 

多くの人は、よく、「暑すぎて死にそう!」

などというが、実際には、寒すぎると、そんなことすら言っていられない。

 

そんな寒いときに、けっこう頼りになるアイテムが、インナーとして使えるダウンだ。

   

自然との戦い

暑すぎたり、寒すぎたりすると、

「自分は、いったい、なんでハーレーになんて乗っているんだ⁉」

という、気持ちになるが、もちろん、空調の効いた部屋の中では、絶対に体験できない体験をするためだ。

だから、懲りずに、また乗ってしまう。

 

暑いときは、体力を消耗するが、休憩したり、冷たい飲み物を飲んだりして、なんとか凌げる。

しかし、寒いすぎると、身の危険を感じる。

 

まずは、風の侵入を抑えることが前提だが、それだけでは寒い。

また、深部から冷え切ってしまうと、体は、なかなか温まらない。

 

そこまで冷える前に、ユニクロの「ウルトラライトダウン」を中に着るだけで、だいぶ暖かくなる。

ウルトラライトダウン

防寒対策として、とりあえず、これがあると便利だと思うアイテムのひとつに、ユニクロの「ウルトラライトダウン」がある。

 

実際には、無印良品ワークマンなどでも、いいかもしれない。

 

もちろん、もっと高価なアウトドアブランド(パタゴニアやノースフェイス、モンベルなど)でもいい。

 

要は、軽くて、コンパクトで、暖かい、インナーとして使えるダウンならいいのだが、実際に使った感想としては、ユニクロの「ウルトラライトダウン」でも十分だと思っている。

 

なにより、価格が安いので、いざというときのために、サドルバッグに入れっぱなしでもいいと思う。

高価なダウンでは、なかなかそうはいかない。

   

インナーダウン

じつは、少し前まで、ユニクロの「ウルトラライトダウン」を安いだけで使えないアイテムだと思っていたのだが、最近の「ウルトラライトダウン」は、とてもよくできている。

 

昔に比べて、羽毛の抜け毛も少なくなった。

そして、「ウルトラライトダウン」を、インナーとして着るだけで、かなり暖かい。

 

アウター用のモコモコしたダウンよりも、インナーとして使えるダウンのほうが、使い勝手がいい。

お気に入りのアウターを着てしまえば、中にユニクロを着ていることは、誰にもわからない。

 

別にユニクロが悪いわけではないが、イメージとして、ハーレー乗りとしては、ユニクロやワークマンを着て、ハーレーに乗っているとは思われたくない。

 

しかし、安くて、暖かくて、しかも、着ていることが周りから分からなければ、まったく問題ない。

おわりに

ユニクロのヒートテックインナーは、レーヨンの性質上、汗をかかないと発熱しないので、あれを着ると余計に寒かった。

 

動き出して汗をかくと、発熱して暑くなるが、そもそも汗をかいて暑くなっている状態で、さらに暑くなって欲しくはない。

インナーは、すぐには脱げないので、この発熱ループが続く。

 

ユニクロのヒートテックインナーは、寒いときは発汗しないので寒く、発汗すると暑くなるという、本来の欲しい性質とは、まったく逆の性質だったので、すべて捨ててしまった。(今の製品はどうだか分からないが…)

ユニクロの「ヒートテック」タイツは寒い!最強インナーはモンベルの「ジオライン」だった!

 

しかし、ユニクロの「ウルトラライトダウン」は、着た瞬間から暖かいので、オススメだ。

そして、その上に、雨や風を通さないアウターを着れば、冬の寒さも凌ぐことができる。

 

ただし、各部からの風の侵入や、きちんとしたインナーを着ないことには意味がない。

ハーレー乗りの寒さ対策【秋のツーリングで感じたこと…寒いのはツライ!】

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました