初めてのハーレー選び【ハーレーは試乗してから購入しよう!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
FREEDOM ON TOUR HERITAGE CLASSIC
この記事は約5分で読めます。

二輪の免許を持っていたり、バイクに詳しい人であれば、ある程度のことは分かっていると思うが、私のように、突然、ハーレーに乗ってみようと思うバイク初心者もいる。

 

そんな人が、ハーレーを買おうと思っても、まったく知識がないので、正直、どれを買っていいのかわからない。

 

今回は、はじめのハーレー選び(試乗してから決めよう!)について。

 

【関連記事】

ハーレー アメリカンフェスタ IN 伊勢崎オートレース場 開催!【2019年11月7日】

   

試乗がベスト

大型自動二輪免許があれば、ハーレーダビッドソンの正規ディーラーに行けば、試乗(TEST RIDE)させてもらえるので、気になった車種を、いろいろ乗り比べてみることができる。

納得の行くまで試乗して、お気に入りの1台を見つけられればベストだ。

 

お目当ての車種がない場合は、少し遠くても、別のディーラーにも足を運んでみるといい。

いずれ、そちらにも顔を出すことになると思う。

展示・体験型のイベント

ハーレーダビッドソン ジャパンでは、公道試乗の全国ツアー「フリーダム・オン・ツアー」や「ソフテイル・ツアー」などのような展示・体験型のイベントを、全国で開催している。

 

そのような体感型のイベントでは、大型自動二輪の免許がなくても、運転体験が出来るコーナーなども用意される場合もあるので、近くでイベントが実施されるようであれば、スケジュールをチェックして、参加してみてもいいかもしれない。

 

このようなイベントや試乗会も、おおいに車種選びの参考になると思う。

また、たくさんの情報も集められる、いい機会だ。

大型自動二輪免許がない場合

大型自動二輪免許がない場合は、実際にハーレーに試乗して、各車種を比較することはできない。

 

できれば、免許が取れてから試乗をして、それから車種を決めればいいと思うが、なかには、免許が取れる前に契約してしまう人もいる。

 

私もそうだったし、私以外にも、そのような人は、けっこういるようだ。

きっと、性格がせっかちなのだろう。

 

また、先に買ってしまったからには、なんとしても卒検に合格して、大型自動二輪免許を取らなくてはならない。

もはや、挫折は許されない。

   

納車までの期間

ハーレーは輸入車なので、ニューモデルや近くに在庫がない車種の場合は、納車までに時間がかかる場合がある。

 

それ以外にも、免許を取る(数ヶ月)→ 試乗・契約(数日〜数週間)→ 納車前カスタム・納車(数日〜数ヶ月)と、案外時間がかかるものだ。

 

数日ならいいが、数ヶ月も違えば、季節が変わってしまう。

免許を取るために、教習所に通い始める時期にもよると思うが、納車が真冬になるよりも、乗りやすい時期になったほうがいいだろう。

 

免許が取れるまでの期間は、どうしようもないが、契約以降の期間は、免許が取れるまでの数ヶ月で済ませてしまえば、免許取得後は、すぐに乗れることができる。

キャンペーン

私が、「ヘリテイジクラシック」を契約した時は、教習所へ入校しただけで、いちどもバイクに乗っていない状態だった。

いま思えば、そんなに急がなくてもよかったのかもしれないが、キャンペーンに釣られてしまった。

 

ハーレー・ダビッドソン 300,000円分のパーツ&アクセサリーサポート【2019】

ハーレーを新車で購入するときに値引きはあるのか?【キャンペーンを見逃すな!】

 

教習所へも入校したし、ハーレーを買うことも決めた。

あとは、イメージに近い車種を選ぶだけだった。

 

しかし、どの車種にしたらいいのか、さっぱりわからない。

見た目の好みくらいしか、判断材料がなかった。

 

もしも、あと数年早かったら、迷わず「FXDWG Dyna Wide Glid(ダイナ FXDWG ワイドグライド)」を選んでいたと思う。

 

 

Harley Davidson

 

FXDWG Dyna Wide Glid

 

「ダイナ FXDWG ワイドグライド」は、いま見ても、かっこいい。

   

おわりに

免許もないくせに、「スポーツスター」は、なんとなく小さく思えた。

そして、キャンペーン対象ではなかったこともあり、最終的には「ソフテイル」の中から「ヘリテイジクラシック」を選んだ。

 

Harley Davidson

 

SOFTAIL HERITAGE CLASSIC

 

なぜ、「ヘリテイジクラシック」になったのかは、別の記事にもかいたのだが、ディーラーのオススメの車種だったからだ。

初めてのハーレー選び! 【スポーツスターかソフテイルか】

 

「ダイナ FXDWG ワイドグライド」のイメージからは、少し離れてしまったが、ビビッドブラックの「ヘリテイジクラシック」は、けっこう実車を目にする機会が多かった。

それだけ、売れていたのかもしれない。

 

「ヘリテイジクラシック」は、契約したときは、それなりに気に入っていたのだが、いま思えば、「ソフテイル スリム」や「ストリート ボブ」のほうが、イメージに近かったような気がする。

 

当然、見た目以外の部分では、どのような乗り味なのかなど、知る由もなかった。

いま思えば、けっこう無茶なことをしたと思う。

 

もしも、これから初めてハーレーを買おうと思っている人がいるとしたら、キャンペーンなどに惑わされず、納得のいくまで試乗して、いろいろな車種を乗り比べてからの方がいいと思う。

 

なぜなら、ハーレーは、車やスマホのように、そんなに頻繁に買い換えるものではないと思うから。

 

【関連記事】

初めてのハーレー選び 【スポーツスターかソフテイルか】

   

コメント

 
 

About Me

HIRO

突然 ハーレーに魅せられてしまった40代。

バイク経験ゼロだったので、大型自動二輪のライセンス取得からのハーレーライフ。

相棒は、VIVID BLACKの HERITAGE CLASSIC(FLHC)2018年モデル。

ブログ収益で、相棒のカスタマイズ費用捻出を企んでいる。

生息地は北関東。求むハーレー仲間!

○ カスタマイズ済
・給排気(マフラー・エアクリーナー)
・EFIチューニング

○ カスタマイズ予定
・シート
・ハンドル
・グリップ
・ミラー
・サイドナンバー化
…ほか

HIROをフォローする
   
 

★ハーレー用の偽物パーツに注意!★

 

近年、ネットで注文して入金したけど商品が届かない偽物が届いたという被害が増えている。

実店舗を持つハーレーパーツのネットショップといえば、横浜のPine Valley(パインバレー)が有名だ。

また、Pine Valley(パインバレー)では、メカニックが技術的なサポートを行っているので、購入後のサポートも充実している。

 

★★ 横浜 ハーレーパーツ・インジェクションチューニングのパインバレー ★★

⇒ Pine Valley(パインバレー)TOPページ

⇒ ハーレーのカスタムパーツを探す

⇒ ハーレー純正パーツを探す

⇒ ハーレーに似合うヘルメットを探す

⇒ バイカーグッズを探す

⇒ ガレージ・メンテナンス用品を探す

⇒ ハーレーのマフラーを探す

⇒ ハーレーエアクリーナーを探す

⇒ インジェクションチューニング(燃調)デバイスを探す

⇒ スマホで燃調!FP3【日本正規品・サポート付】

 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました