ハーレー雑誌 WITH HARLEY(ウィズ ハーレー)は VIVID HARLEY(ビビッド ハーレー)とどこが変わった?

   
WITH HARLEY HARLEY'S LIFE
この記事は約4分で読めます。

2019年10月、新たなハーレーダビッドソン専門誌『WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)』が、内外出版社より創刊された。

 

WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)』の誌名は、創刊に先駆けて、ネットでによる公募で決定したものだ。

ハーレー雑誌『WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)』新創刊!セクシーモデル 濱崎千羽も登場!

 

WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)』のモットーは、編集者もユーザーも“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむということになっている。

 

VIVID HARLEY

じつは、2019年4月にも、新たなハーレーダビッドソンの専門誌が創刊されていた。

その雑誌は、『VIVID HARLEY』。

 

 

この手の雑誌には、発行が、月間隔月刊の場合がある。

CLUB HARLEY』や『VIBES』などは、月刊誌なので、毎月1冊、発売されるが、『Primary』や『CHOPPER Journal』などは、隔月刊誌なので、2ヶ月に1冊、発売される。

 

VIVID HARLEY』は、隔月刊誌だったので、VOL.1が発売されてから、しばらく経ったころ、

「そういえば、VOL.2は、いつ出るのだろう?」

と思って調べてみたら、なんとVOL.1で、廃刊になっていた。

 

いろいろと、大人の事情もあるのだろう。

そして、出版社を新たに誕生したのが、『WITH HARLEY』というわけだ。

ちなみに、『WITH HARLEY』も隔月刊誌となっている。

 

WITH HARLEY

VIVID HARLEY』もそうだったが、『WITH HARLEY』にも広告が少ない。

雑誌の作りは、ほぼ一緒で、初心者向けだと思う。

 

それもそのはずで、編集長は、両雑誌とも、青木タカオ氏が担当している。

WITH HARLEY』は、『VIVID HARLEY』の仕切り直し、とも言える雑誌なのだ。

 

しかし、1点だけ、大きく変わったところがある。

 

それは、雑誌の価格設定だ。

2019年10月より、消費税が8%から10%に上がったが、2%どころの値上げではない。

 

VIVID HARLEY』は、

787円+税(850円)だったが、

 

WITH HARLEY』は、

1,200円+税(1,320円)となった。

 

一気に500円近い値上げで、1.5倍(50%)以上の値上げとなった。

まぁ、やはり、いろいろと、大人の事情があるのだろう。

 

しかし、

「にしても…」という感じは否めない。

おわりに

今の時代、ネット環境さえあれば、いつでもどこでも、情報を検索することができる。

しかも、ネットの場合は、基本的には無料だ。

 

しかし、昔ながらの紙媒体である「雑誌」というのも、いいものである。

雑誌には、ネットの情報とは違った魅力があり、ネットとは違った楽しみ方がある。

 

また、雑誌のほうが、手間や時間、そして、お金もかかっているので、情報が濃いし、信憑性も高い。

 

常に時間に追われている現代においては、「雑誌」を読むという行為が、なんとなく贅沢な時間のような気さえする。

 

現代人は、老若男女を問わず、常にスマホで、何かを見たり、検索しているような気がしてならない。

私は、それが、あまり好きではない。

なんとなく、人間味がないというか、無機質な感じがして、好きではないのだ。

 

パラパラとページをめくりながら、気になったページを、ゆっくりと読む。

気の向くままに、ハーレーを走らせる。

 

最近の人は、紙の雑誌や、音のする乗り物になんて、興味がないかもしれないが、私は、そんな人間味のある時間の過ごし方が好きだ。

 

【今となっては貴重な創刊号!】

 

【2019年10月新創刊!】

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました