バイクに乗るときの手首からの風の侵入を防ぐには?【長めのインナーグローブを使う方法】

   
HARLEY DAVIDSON APPAREL-GEAR
この記事は約4分で読めます。

冬のバイクライフは、寒さとの戦いだ。

 

今は、電熱系のウェアやアイテムがあるので、それらを使えば、暖かくなると思うが、いまのところは、まだ持っていない。

 

登山のレイヤリング(重ね着)を見習って、インナー(高機能インナー)・中間着(保温着)・アウター(防風アウター)と、しっかりと重ねていけば、体は、それなりに暖かくできる。

 

それでも寒ければ、レインウェアのようなアウターシェルを更に着込めば、なんとかなりそうだ。

 

そして、足は長めのブーツ防寒できる。

 

しかし、手(指先)だけは、なかなか暖かくできない。

   

とにかく指先が寒い

これまで、何度か、外気温5℃以下の中を走ったが、やはりいちばん寒かったのは、圧倒的に指先だ。

 

体に関しては、サイドバックの中に、さらなる防寒着の余力を残していたくらいなので、氷点下にならなければ、なんとか凌げそうだと思う。

 

ただ、指先だけは、かなり冷たい。

 

おそらく、一番はじめに手に入れる電熱系は、電熱グローブやグリップヒーターなどの指先の防寒対策グッズだと思う。

 

とりあえず、ナックルガードをつけてみたが、風が直接、手に当たらないので、これはこれでありだと思う。(2,000円台)

ナックルガードをハーレーに取り付けてみた!【ナックルガードのコスパはいいかも⁉】

手首から入り込む冷気対策

指先とは別に、手首から入り込む冷気も、けっこう寒い。

 

きちんとしたバイク用のウェアや、長めの冬用グローブ(ガントレットタイプなど)をすれば、簡単に防げると思うが、バイク用でないウェアや、中途半端な長さの冬用グローブだと、けっこう手首から風が侵入してきてスースーして寒い。

 

手の防寒対策は、抜かりなく行わないと、いざ走り出して寒いと、気になって仕方がない。

   

ミリタリー系

私は、ミリタリー系のアウターが好きなのだが、ミリタリー系のアウターだと、袖口が絞れない場合が多いので、ガントレットタイプのウィンターグローブなどで、すっぽりと袖を中に入れてしまわないと、風の侵入が防げない。

 

気に入ったのが見つかれば、いずれは買うと思うが、いまのところ、ガントレットタイプのウィンターグローブは持っていない。

 

そこで、なんとかできないものかと、いろいろと考えてみた。

 

バイク用のミリタリーテイストのアウターは、袖のリブの中にもインナーリブがついているものがある。

 

それを真似して、アウターの内側にも、リブを取り付けてみようかとも思ったが、もちろん自分ではできないので、衣服のお直しショップなどに依頼する必要があり、面倒なのでやめた。

解決策

いろいろと考えた末、偶然だが、ある解決策を見つけた。

 

私は、ウィンターグローブは蒸れるので、最近では、インナーグローブを使用している。

 

短いインナーグローブでは無理だが、長めのインナーグローブであれば、ミリタリージャケットのリブを、完全ではないが、中に入れることができる。

 

イメージとしては、スエットパンツのリブをソックスの中に入れるような感じだ。

 

その状態をつくれれば、ガントレットタイプでなく、少し長めのウィンターグローブでも、袖口をグローブの中に入れられる。

 

より、しっかりと、袖口をグローブの中に入れたければ、もう少し長めのインナーグローブを買えばいいということがわかった。

 

インナーグローブなら、ガントレットタイプのウィンターグローブよりも大幅に安い。

   

おわりに

長めのインナーグローブを買って、スエットパンツのリブをソックスの中に入れるように、ジャケットの袖口をインナーグローブの中に入れてしまえば、ガントレットタイプのウィンターグローブでなくとも、風の侵入を防ぐことができることがわかった。

 

そこで、ネットで探してみたが、長めのインナーグローブは、それほど多くはない。

 

たとえば、こんなのがある。

 

 

さらに、いろいろ探して、良さそうなインナーグローブを見つけたのだが、残念ながら、廃番になっていた。

 

 

しかし、三重県鈴鹿市にある『モトスペース』という店のWEB SHOPで、1つだけ在庫を見つけて、購入することができた。(しかも500円+送料!)

 

たぶん、これで、手首からの風の侵入問題は、解決できそうだ。

   

コメント

 
 
   
スポンサーリンク
   
タイトルとURLをコピーしました