大型自動二輪免許 卒業検定(卒検)の結果 その2【episode-21】

二輪 免許 教習所 MOTORCYCLE LICENSE
この記事は約4分で読めます。

前回、1回目の卒業検定(卒検)は、雨上がりの曇りで、路面は少しだけウェットだったが、暑くもなく寒くもなく、かなりの好条件だったのだが、いきなりクランクでパイロンを倒してしまい、なんなく不合格となってしまった。

 

まさか落ちるとは思っていなかったので、かなり落ち込んだ。

その日のうちに、補習を終わらせ、次回の卒業検定の予約をして帰った。

 

2回目の卒業検定は、5日後だった。(この間隔が少し不安だった)

 

天気予報は、けっこうな雨の予報で、朝からしっかりとした雨が降っていたが、今回もスタート直前に雨はあがり、レインウェアなしで検定に望めた

 

私は、ここぞというときには、天気をコントロール出来るという「龍」さんに、雨を止めるようにお願いするようにしている。

まぁ、そんなことはどうでもいいのだが…

   

検定コース

卒業検定のコースは、その日の朝、受付で大きなコース表を手渡される。

 

前回の検定のとき、苦手だったクランクについて、気をつけること(注意点)を、自分のコース表にメモっておいたのだが、渡されたコース表しか見なかったので、それらの注意点を、一切、目にすることはなかった。

 

そのことに気がついたのは、翌日くらいだったと思う。

おそらく、あのメモを見ておけば、クランクでパイロンを倒すこともなかったと思う。

 

今回のコースは、週3回の検定を、一回飛ばしているので、前回と同じコースを予想していたが、渡されたコースは、前回とは違うコースだった。

 

見事に予想が外れたが、すでにどちらのコースもだいたい覚えているし、間違ったところで、検定の結果には影響しないので、さして気にはしなかった。

卒業検定スタート

検定前の説明等は、2回目なので、適当に聞き流し、いよいよ、2回目の卒業検定(卒検)に臨んだ。

 

スタートして早々、いきなりコースを間違えた!と間違えて思ってしまった。(我ながらアホだな)

 

2つのコースが混ざってしまし、間違えたと思ってしまったのだが、実際には間違っていなかったのだ。

 

しかし、まぁ、特に慌てることもなく、指示に従って、コースに復帰し、

コースを間違えたけど合格した!

という、いいネタができたと思いながら、先へ進んだ。

卒業検定結果

しかし、またもや予測不能な事態になった。

 

「クランク」後半で制御ができなくなり、パイロンに突っ込んでしまった!

 

「マジか!信じられない」と思いながらも、その後、最後までコースを走り切らなければいけないことは、前回の検定で学んでいたので、仕方がなく走り出した。

 

動揺してコースがわからなくなってしまったので、もう一度「クランク」を繰り返してから、続きのコースを走り、前回同様、恙無く終えた。

 

本当は出来るんだよ〜」と教官にアピールしたのだが、もちろん、「一発アウト」が覆えることはなかった。

苦手意識

やはり、いちど、苦手意識を持ってしまった課題を、検定で上手くこなすのは難しい。

ラッキーなことに、次の時間に「補習」を受けることができたので、「クランク」の通過方法をいろいろ試してみた。

 

前回の失敗を踏まえて、今日は、クラッチを繋ぎっぱなしで「クランク」に臨んだ。

前回の検定後の「補習」では、それで上手くいったのだ。

 

しかし、今回は、その方法では、ノッキングしてしまったようだ。

リアフレーキで、スピードを殺しすぎたのかもしれない。

 

そこで、指導員(教官)に相談したところ、

「むしろ、クラッチ切ってしまって惰性で入った方がいいのでは?そして、速度が足りなくなったら、微妙にクラッチを繋いで、速度を維持するといいよ」

という指導をされた。

 

指導員(教官)によって教え方が違うので、どの用法を信じるのか迷うところだが、その方法を試してみることにした。

 

もちろん、上手く行った。

もはや、練習では、どのような方法でも上手く出来るのだ。

おわりに

「クランク」で大事なのは、クラッチワークリアフレーキ、そして目線ライン取りだが、そのすべてを、バランス良くこなさなくてはいけない。

 

そして、それら全てに気を配って「クランク」を抜けるのは、簡単なようで意外とむずかしい。

速度を落としすぎてもバランスを崩す(1回目)し、早すぎると突っ込む(2回目)。

 

検定で2回も失敗したということは、それらのコントロールが、上手くできていなかったということだ。

 

あとは、きっと上半身に力が入っていて、上手くハンドルを切れなかったのだろう。(切れば自然に曲がるはずだから)

 

さらには、目線の動きも、うまくできていなかったようだ。

 

2回も卒業検定(卒検)に落ちると、もはや笑えてくる。

 

次回の検定は2日後で、前回のように間が空かないので、その点は有利だ。

次こそは、必ず合格すると思う。

   

コメント

About Me

Harleys

突然 ハーレーに魅せられてしまった40代。

バイク経験ゼロなので 大型自動二輪のライセンス取得からのハーレーライフ。

免許もないのに、いきなり「HERITAGE CLASSIC」の 2018年モデル(VIVID BLACK)を契約してしまった。

生息地は北関東。求むハーレー仲間!

Harleysをフォローする
   
タイトルとURLをコピーしました