ハーレーの車名についているアルファベットの意味とは?【FL・FX・XLの意味だけは知っておくと便利!】

   
HARLEY DAVIDSON HARLEY'S LIFE
この記事は約5分で読めます。

よく、「あれは何?」とハーレーを指差したときに、

「あれは、FXBBだよ!」

などと言われるが、大型自動車免許すらなかったころは、

「ふ〜ん(で、FXBBってなんだよ⁉)」

などと思っていたが、最近では、なんとなく分かるようになってきた。

 

しかし、2017モデル年以前と、それ以降とでは、アルファベットの法則性が違うようだ。

 

今回は、ハーレーの車名についているアルファベットの意味について。

   

2017年モデル以前

2017年モデルまでのハーレーには、

FLSTC ヘリテイジソフテイルクラッシック

などと、アルファベット車名がセットになっていた。

 

もちろん、アルファベットには、きちんとした意味が与えられていたので、法則性を知っていれば、アルファベットだけで、車種が判別できた。

 

たとえば、「FLSTC」の場合、

FL」は、フロントに16インチの小径タホイールが採用されたモデル

ST」は、ソフテイルフレームのモデル

C」は、クラッシックテイストのモデル

というように、きちんとした法則性があった。

2017年モデル以降

2017年モデル以降は、「FLSTC ヘリテイジソフテイルクラッシック」などの、アルファベット表記が廃止されている。

 

しかし、まったくなくなってしまったわけでもない。

 

2017年もモデル以前の法則性は崩れてしまったが、以前と共通するアルファベットや、車種の頭文字などが使われている。

 

そのため、2018年モデルの「FLHC」などと言えば、車種の特定はできる。

 

ちなみに、2018年モデルの「FLHC」とは、私の乗っている「ヘリテイジクラッシック(107ci)」のことだ。

 

エンジンが114ciの場合は、「FLHCS」となる。(エンジンが114ciのモデルには、最後にSが付く)

 

「FL」は、以前と同じく、フロントに16インチの小径ホイールを履く、クラシカルなハーレーを表している。

 

そして、「HC」は、「ヘリテイジクラッシック」の頭文字だ。

   

FL・FX・XL

冒頭の「FXBB」の「BB」は、ストリートボブ(STREET BOB)の「BB」というわけだ。

 

では、「FX」とは何かということになるのだが、2017年以前モデルも、2017年モデル以後も共通する、「FL」・「FX」・「XL」について知っておくと、なにかと便利だと思う。

FL

あたまに「FL」とつく車種は、ツーリングモデル(ツアラー)に近い車種のことだ。

 

「FL」の特徴としては、

 

・フロントホイールは、ビンテージ風の16インチなどの小さい径のホイールを装着

・フロントフォークは、ツアラーのような、カバー付きの太いフロントフォークを装着

・ヘッドライトは、ツアラーと同じ、7インチの口径のヘッドライトを装着

・フットコントロールは、ツアラーと同様にフットボードを装着

 

などがある。(ただし、一部に例外もある。)

 

FX

あたまに「FX」とつく車種は、クラシカルな「FL」とは違い、かつてのダイナのようなスタイルの軽快な乗り味の車種のことだ。

 

「FX」の特徴としては、

 

・フロントホイールは、19インチや21インチなどの径の大きいホイールを装着

・フロントフォークは、通常のフォークを装着

・ヘッドライトは、スポーツスターやダイナと同じ5-3/4インチ径のヘッドライトを装着

・フットコントロールは、通常のペグを装着

 

などがある。(ただし、一部に例外もある。)

XL

XL」は、「スポーツスター」の車種を表す記号だ。

 

もともとのハーレーは、ビッグツインモデルの「FL」スポーツスターの「XL」の2タイプだったが、「FL」の車体に「XL」のフロントまわりを組み合わせて、「FX」モデルが誕生したという経緯がある。

 

そのことは、「FX」の特徴をみれば、よくわかる。

 

「XL」は例外なく、スポーツスターを表す記号だ。

   

おわりに

私のハーレーは、「ヘリテイジクラッシック(FLHC)」だが、ショップなどへ行くと、よく、

FLだから、こんな感じがいいのでは?」などと言われる。

 

もちろん、「ヘリテイジクラッシック」と呼んでもでもいいのだが、「FL」のほうが、年代を超えて、車種のイメージがつきやすいということは、私も最近感じるようになった。

 

2017年以前も、2017年以降も、「FL」系といえば、16インチのスポークホールを履いた、クラシカルなハーレーが思い浮かぶ。

 

一方、「FX」系といえば、19インチや21インチのキャストホイールを履いた、「ローライダー」や「ブレイクアウト」のような、ちょっと現代風のハーレーが思い浮かぶ。

 

もちろん、ともに例外はあるが、「FL」・「FX」・「XL」の3つの意味を知っておくと、年代を問わず、ハーレーについての会話がスムーズに理解できるようになるだろう。

 

また、ハーレーを買うときには、いきなり車種を選ぶのではなく、まずは、この3つのアルファベットの、どれが、自分の思い描くハーレーのイメージに近いのか、ということを絞ってから選ぶと、後悔が少なくてすむと思う。

 

なぜなら、いま思えば、私の好みは、完全に「FX」系なのに、買ってしまった車種は、典型的な「FL」というような過ちを犯すことが、なくなると思うからだ。

 

もちろん、「FL」系が悪いというわけではなく、「FX」系のスタイルのほうが好みだったというだけだ。

 

そして、「FL」系も、けっして悪くない。

 

ただ、はじめから、今回、書いたことを知っていれば、おそらく「FXBB」を買ったと思う。

 

まぁ、私の「FLHC」も、「FXBB」のデラックス版のような感じで、けっこういい感じになってきているので、それなりに満足はしているが…

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました