ハーレーを買ったほうがいい人 ハーレー以外のバイクを買ったほうがいい人

   
S1000RR MOTORCYCLE
この記事は約3分で読めます。

ハーレーに乗りはじめて、半年近く経った。

 

大型自動二輪免許を取るために、教習所に通い始めたときには、ハーレー以外のバイクは考えられなかったのだが、今にして思えば、ほかのバイクも検討すればよかったと思う。

 

ただ、それも、実際にハーレーにも乗ったからこそ、分かることなのかもしれない。

 

当然、ハーレーのいいところもたくさんあるが、今回は、ハーレーを買ったほうがいい人と、ハーレー以外のほかのバイクを買ったほうがいい人について、個人的な見解を書いてみようと思う。

   

ハーレーを買ったほうがいい人

ハーレーを買ったほうがいい人は、おそらく、次のような人だ。

 

・走りよりも、見た目を重視する人

・クルーザー(ツアラー)が好きな人

・カスタマイズするのが好きな人

・ロングツーリングをする人

・キャンプツーリングをする人

・周りがみんなハーレーに乗っている人

 

…など。

ハーレー以外のバイクを買ったほうがいい人

一方、ハーレーよりも、ほかのバイクを買ったほうがよさそうな人は、次のような人だ。

 

・軽いバイクがいい人

・ブランドよりも性能を重視する人

・ワインディングやコーナーを速く走りたい人

・余計なカスタムにお金をかけたくない人

 

…など。

バイク選びとギター選び

バイク選びは、ギター選びに似ているように思う。

 

例えば、Gibsonのレスポールと、Fenderのストラトキャスターは、どちらもギターだし、どちらでも、ある程度のジャンルに対応できる。

 

つまり、どちらを選んでも、弾きたい曲は弾けるのだ。

 

しかし、より自分の好みに近いギターを選んだほうが、満足度は高くなるし、弾きたい曲が弾きやすくなる。

 

バイク選びも同じだと思う。

おわりに

理想をいえば、タイプの違う複数のバイクが持てればいい。

 

複数タイプとは、

 

・オフ車

・スポーツタイプ(ネイキッド・SS)

・ハーレー(ツアラー)

・スクーター

 

などのことだが、複数のタイプのバイクがあれば、走る場面や状況に応じて、より適したバイクを選ぶことができる。

 

しかし、1台だけしか選べないとしたら、我慢や妥協をしなければならない。

 

自分の好きなように、不満点を徹底的にカスタマイズしてしまう方法もあるが、もしも、ハーレーの不満点をカスタマイズしだしたら、いくらお金がかかるか分からない。

 

それならば、もう一台、別のタイプのバイク買ってしまったほうが、安上がりということも考えられるし、それぞれのい良さを活かせる。

 

もちろん、ハーレーは、いいバイクではあるが、走る場面や走り方によっては、ほかのバイクのほうがいい場合も多い。

 

そのため、自分の走るスタイルを、よく考えたバイク選びをしたほうが後悔が少ないと思う。

   

コメント

 
 
   
タイトルとURLをコピーしました